FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

皆既月食

今夜は皆既月食
しかも『スーパーブルーブラッドムーン』


皆既月食

最初きれいに見えていたのですが、月食が始まってしばらくしたら雲に隠れてしまいました。
あきらめかけてたのですが、皆既が始まる少し前に奇跡的に晴れて、そこそこ見えました。
今日は曇りだというので、諦めてたのですが、少しでも見えたのでラッキーでした。


蝕の途中は、また明日にでも。




PENTAX KP + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2018/01/31(水) 22:01:31|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2

INDEX

シロハラ
シロハラ
本文とは全く関係ありません。


Blogは INDEX だと思っているわけです。
このことを意識したのは、昆虫写真家の海野さんのコラム
当時と言っても、すでに7-8年前のような気がしますが、海野さんは、撮りためた昆虫写真がその時点で7T(テラバイト)だと書かれていました。枚数は不明ですが一枚10MBとしても70万枚
彼は、その日撮影した昆虫を、自身のBlog記事にUPするそうです。

仕事で「〇〇クワガタ」の写真がいるとなった時、自分が過去に撮った昆虫であっても、まずその時の画像を探すのが問題なのでした。

元ファイルの保存方法は、(例えば)フォルダ名に撮影日:20180130と「〇〇クワガタ」 と付けておきます。(最悪日付のみでも)
こうしておけば、まず自分のBlogを「〇〇クワガタ」で検索すれば、複数の記事がヒットしたとしても、撮った自分はあの時のあのこだと思い出すわけで、画像を見ながら目的の日付を確定できます。

ある程度以上の枚数になると、撮ったことは覚えていても、何年の何月だったかまでは無理なので、自分のHDDの中から探し出すのさえ一苦労なわけですが、INDEXさえ付いていれば、すぐです。

うちのBlogは、野鳥が多いですが、名前で探すのはすぐです。
野鳥以外でも、例えば京都のあの記事のあの写真というような場合も、blog内検索をすれば出てくるわけです。
「こんなところへ行ったよ」というのを記憶に頼って説明するのより、自分のBlog記事を見たほうが早いです。
行った時のことを思い出して記事を書くとき、いろいろ調べ物をしたり、なかなか勉強になります。
自分で行ったところの事は、よく覚えているものですし、blogを書きながら見返すと、記憶に残りやすいです。

お休みに京都へ行こうという知人に、先日行った三年坂散策以外に「京都」だけでも何度か行っているので、参考にとピックアップしたのが下記。


京都駅夜景
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2630.html

ねじりマンポから水路閣へ
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2601.html

錦市場あたり~先斗町、祇園あたり
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2592.html
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2593.html

梅小路蒸気機関車館~京都水族館
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2261.html
から
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2265.html

ゲストハウス 「祇園 久楽」
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-1931.html

  1. 2018/01/30(火) 22:01:04|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ シロハラ
  4. | コメント:0

便追(ビンズイ)

今年は、あまり小鳥が撮れなくて残念なのですが
先日、アトリを撮った時に、ビンズイを見かけました。
二羽いたのですが、ほぼ逃げませんでした。


ビンズイ
某公園でよく見かけたのですが
最近はご無沙汰でした。


ビンズイ
割と近くでたくさん撮られせてくれました。


ビンズイ


ビンズイ


ビンズイ


ビンズイ


ビンズイ


ビンズイ


ビンズイ

若い子だったのでしょうか?



PENTAX K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2018/01/25(木) 00:01:04|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ビンズイ
  4. | コメント:0

産寧坂へ (3)

さて、ようやく今回でおしまい。
三年坂(産寧坂)から、二年坂(二寧坂)へ曲がります。


二年坂
二年坂へ曲がる角です。
ここも少し急な坂ではじまります。


二年坂
人気があるのもわかりますね。
いい雰囲気です。


二年坂
伝建地区のスタバです。
聞いたら、知り合いの同僚だった人の設計とか。


二年坂
りかゆんが持っているのは「阿闍梨餅」(笑)
前のせんべいやで、焼き立ての「きんつば」を買って食べました。


二年坂
ようやく坂も終わり


八坂の塔
通称「八坂の塔」が見えます。
法観寺です。
真後ろに、京都タワーも見えますね。


二年坂
二年坂を下から見上げる。


二年坂


高台寺
高台寺です。
秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院


高台寺
台所坂というそうです。


高台寺
降りたら、ねねの道


ねねの道
落ち着いた小道です。


祇園閣
いきなり現れる祇園閣


祇園閣
祇園閣は、1928年(昭和3年)に建築された3階建ての建物で、大倉財閥の設立者である大倉喜八郎が別邸とし建てた別邸「真葛荘」の一部である。
屋根は銅板葺きであるが、これは大倉が金閣、銀閣に次ぐ銅閣として作ったためである。
祇園祭の鉾を模したもので、設計は伊東忠太。元からこの地にあるもので、1972年の大雲院の移転により伽藍の一部となった。
-wikiより-


知恩院
知恩院三門(国宝)です。
入るのは久しぶり


知恩院
本堂は修理中でしたので、売店でうろうろ
これ、線香です。全部


知恩院
帰りは、三門のわきを通って(階段急やから)


一澤帆布
一澤信三郎帆布の前を通って、地下鉄に乗りました。
京都散策はこれにて終了。
お付き合いありがとうございました。


このあと、某会の反省会で、熟成肉を食べてきました。
もっと、反省会を頻繁にやらねばという反省をしました。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



  1. 2018/01/21(日) 12:12:17|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

産寧坂へ (2)

京都の続きです。

産寧坂とは、清水坂から北へ石段で降りる坂道を言います。公式には北に二年坂までの緩い起伏の石畳の道も含みます。
北にある八坂神社、円山公園、高台寺、法観寺(八坂の塔)と南にある清水寺を結んでいるため、観光客が絶えません。
沿道は土産物店、陶磁器店、料亭などが並び、文化財保護法に基づき重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

「京都市産寧坂伝統的建造物群保存地区」の名称で重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。
その後、通称「石塀小路」地区が追加選定されて、保存地区の面積は約8.2haとなっています。

「産寧坂」の語源には諸説あり、この坂の上の清水寺にある子安観音へ「お産が寧か(やすらか)でありますように」と祈願するために登る坂であることから「産寧坂」と呼ばれるようになったという説が有力だが、一方で清水寺に参拝した人がこの坂道を通る際に念願を強くし、願いが叶ったあとで観音様への御礼に再度お参りする時に通る坂であることから「再念坂」と呼ぶようになったという説もある。
-wikiより-


産寧坂
ここはまだ清水坂ですね。
清水寺を出てすぐです。


産寧坂
京都はつけもん屋が人気です。


産寧坂
産寧坂に曲がる角っこにあるのが、七味家本舗です。
ここの七味は、山椒たっぷりの高級七味


産寧坂
流行っとります。


産寧坂


産寧坂
曲がってすぐにあるのが、阿闍梨餅本舗
近所の甘党の方から、産寧坂行くなら、阿闍梨餅買っといで...と指令が(笑)


産寧坂
いろんなお店がそれなりに流行ってます。


産寧坂
やや遅くなったのですが、ここでお昼を食べました。
お昼は考えてなくて、適当に入ったけど、お蕎麦美味しかったです。


産寧坂
一時、絶大な人気だった「ようじや」


産寧坂
イノダコーヒーの店舗があって、裏に茅葺屋根の庵とお庭がありました。


産寧坂
青龍苑というそうです。
http://www.seiryu-en.com/index.html


産寧坂
こじんまりとしていますが、なかなかきれいに手入れされていました。


産寧坂
紅葉の季節とか、すごい人かも?


産寧坂
お香を扱っているお店みたいです。
googleで調べたら、香老舗 松栄堂でした。


多いので、もう一回続きます。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8




  1. 2018/01/19(金) 23:12:17|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 アトリ シロハラ ビンズイ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カワアイサ ミコアイサ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ エリマキシギ ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キョウジョシギ シロチドリ キアシシギ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ オジロビタキ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ キビタキ コゲラ シジュウカラ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ スズメ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: