FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

まず、熊本城

10/27-28と九州へ出かけてきました。
学生時代の仲間とOBOG会をするようになって約10年
当時は持ち回りで年に2回、全国大会がありました。

大阪-大阪-東京-名古屋に次いで、九州(博多)へ
OBOG会は隔年の開催です。

夜は博多で懇親会なのですが、プレ企画で地震で被災した『熊本城の今』を見ようという企画を立てていただきました。
他のメンバーは博多駅で集合して車で移動だったのですが、同行者が佐賀で用事があるというので、少し早く出て、新幹線で一気に熊本へ行き、先に熊本城を見ようという作戦です。
快適な4列シートの「さくら」に乗って、新大阪から3時間ちょっとで熊本です。

博多駅はすぐそこが空港なので飛行機も便利なのですが、乗換え時間等を考慮したら関西圏からだと新幹線有利です。
本当は西明石もしくは姫路から新幹線に乗れたらいいのですが、そういう便がほとんど無くて、有っても新神戸なので、新神戸だったら新大阪の方がむしろ早いのでした。

さて、熊本に付いたら、駅の改修工事で迷路となってましたが、駅を東へ出たところに路面電車の駅があり熊本城まですぐです。
熊本城西南の「桜の馬場城彩苑」で海鮮漬け丼をいただき、熊本城へ出発です。

ほぼ熊本城の縄張り内は立入禁止
周囲のお堀の外あたりから遠望するのみです。


熊本城
路面電車を市役所前で降りて、お堀沿いに歩くと、馬具櫓と加藤清正像のところに出ますが
すでに、馬具櫓の下の石垣が崩れているのが見えます。


熊本城
表の四角い石積みの裏込(栗石)が流れ出していて悲しくなります。
まだまだこれからだというのに。


熊本城
これは、城彩苑のすぐ裏手にある、未申櫓
ここは、あまり被害が見受けられません。


熊本城
西出丸あたりは、石垣の上の塀が倒れ、一部はお堀の方へ落下してしまっています。


熊本城
戍亥櫓


熊本城
石垣の石は、こうやって番号を振って、出番を待っています。
熊本城の石垣の総面積は79,000平米で、2016年の熊本地震で約30%が崩落・膨らみ・緩みと言った被害を受け、そのうち崩落だけでも10%に及びます。
大天守の石垣の積みなおしは2018年末までに行う予定ですが、全部が終わるのに20年かかるという話もあります。


熊本城
手前が、重要文化財の宇土櫓
奥に見えるのが、大天守と小天守です。(大天守と小天守はもともとRC造)


熊本城
再び、戍亥櫓ですが
どうやったら、この状態で建っていられるのか?


熊本城
石垣の上部が白いのは、雨が当たりにくいのと、黒くなっている部分から下が、地下水がしみだしているからのようです。


熊本城
戍亥櫓の左の土手は、地震前は全部石垣でした。


熊本城
再び、未申櫓


熊本城
戍亥櫓の前の空堀りへ降りていく事が出来ました。


熊本城
文化財的に、熊本城内で一番重要な宇土櫓です。
ここから見るとあまり被害が無いように見えますが、実際には、石垣ごと少し傾いています。
おそらく、一旦、建物をどけて、石垣を積みなおさないとダメではないかと思われます。


熊本城
築400年の宇土櫓
宇土櫓をはじめ、監物櫓(長岡図書預櫓)、平櫓、五間櫓、北十八間櫓、東十八間櫓、源之進櫓、四間櫓、十四間櫓、七間櫓、田子櫓の各櫓、長塀(全長約242m)、不開門の13棟が当時の建物で、重要文化財に指定されています。(wikiより)
大天守はじめ、西南戦争で上記の建物を残して消失しました。


熊本城
なんか、工場みたいになってますが、大天守と小天守は、近いうちに元の姿に戻ることができるようです。
熊本地震から2年半
まだまだです。


途中から、他のメンバーと合流したので
このあと、車に乗せてもらって博多まで戻って、OBOG会です。



PENTAX KP + DA16-45mm F4


今回、少しでも軽くと、KPにDA16-45mmを連れて行きました。
DA16-45は、APS-CのデジタルPENTAXになって最初に設計・発売されたレンズです。
その後、17-70mmSDMにその位置を譲ってディスコンに。

DA16-45は、普段付けている、DA17-70より100gほど軽いです。
今は、少し望遠端が暗いですが、DA16-85mmに基準となる標準ズームの位置を譲っています。
DA★16-50mmF2.8は更新されること無く残っていますが。
標準ズームは難しいですね。
まち歩きが主なので、LUMIX を連れて行こうかと思ったのですが、夜景があるかと思ってPENTAXにしました。


  1. 2018/11/01(木) 22:10:27|
  2. DA16-45 F4
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

女王来神

クイーン・エリザベスIII世
世界で一番?有名な豪華客船が来神すると言うので、見に行ってきました。

一昨日、横浜を出港して、ゆっくりと一日半かけて、神戸港に初寄港しました。
昨日(19日)の事です。
当日深夜には出航ということで、仕事が終わってから見に行ってきたわけです。

三ノ宮からポートライナーで、ポートターミナル駅へ
駅に着くと、目の前に巨大な壁が!
でかすぎて、煙突がないとポートターミナルの駅横のマンションだと思いますよ、マジで。


クイーン・エリザベスIII
16mm始まりの、DA16-45を持っていきました。


クイーン・エリザベスIII
全高:62.5mあります。
ざっと、20階建ての建物です。


クイーン・エリザベスIII
全長は、294m です。
それでも世界一ではありません。
「Oasis of the Seas」が世界最大の客船なんだそうです。(全長361m、全幅47m)


クイーン・エリザベスIII
たくさんの見物客が次々と。
私もその一人ですが。


クイーン・エリザベスIII
後ろに食堂があるみたいですね。


クイーン・エリザベスIII
帰ろうと、ポートライナーの駅まで行ったら、「中埠頭駅から少し歩くと、全景が見えると思うよ」
と教えてくれた人がいたので、北埠頭あたりまで歩いて行ってきました。
突堤の先まで行ったら、こんなのが撮れました。


クイーン・エリザベスIII
平日だったので、昼間見ることはできませんでしたが、夜景も良かったです。
ミーハーですから(笑)


総トン数  90,400トン
定員    乗客2,092名
処女航海  2010年10月12日



K5+DA16-45F4



  1. 2014/03/20(木) 23:03:19|
  2. DA16-45 F4
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

Kyoto Station Building

京都駅です。
先日、駆け足で通過した、駅ビル
結局、京都では、おみやげの一つも買えませんでした。

Kyoto Station Building
ご存知、京都タワー
実は、まだ行ったことありません。


Kyoto Station Building
京都駅ビルは、国際指名コンペ方式で、設計者を”原 広司”に決定したもの。
1997年 竣工なのです。


Kyoto Station Building
新幹線、近鉄等も乗り入れ、1日平均の乗降人員が各社合計で63万人を超える日本でも有数のターミナル駅なのです。


Kyoto Station Building
上の画像の、京都駅と書いてあるゲートの上部です。


Kyoto Station Building
高さ50mの吹き抜けのようです。


Kyoto Station Building
反対側です。


Kyoto Station Building
さすが、63万人


大阪駅地下
これは、大阪駅の地下ですね。
ご存知の場所かも?




K5+DA16-45F4



  1. 2012/06/08(金) 23:06:03|
  2. DA16-45 F4
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

祇園 久楽

さて、目的の町屋です。
久楽(きゅうらく)と名づけられた、ゲストハウス
主に、外国のゲスト向けだそうです。

築年数を聞きましたが、ともかく古いという話だけで、何年ぐらい経っているのかも不明だそうです。
そもそも、通りにわがあって、表の二間ぐらいしかなかったそうなのです(建築当初)
建築当初から、「みせ」では無くて、長屋住宅だったとか。
当時から、増築はお手の物ですね。

現在の玄関は、通りにわとは逆の方
改装したときの大工さんが、玄関の梁は「米松」だと言っておられたとか。
驚くほど昔から、外材が入っていたようです。

さて、改装なったゲストハウス。
少し多いですが、だらだらと見てください。

久楽
今回、久しぶりに、16-45mmを投入
と言うのは、全然引けなくて、入りきらないのです(28mm相当では)
実は、交換したのは家屋に入ってからなので、この画像は、18-135で撮ってます


久楽
パンフレット用のはがき


久楽
キッチンですね。
この横に、ドアがあって、中には洗濯機が入ってました。


久楽
座敷から、玄関脇の部屋を見る。


久楽
意外なところに、トイレが...


久楽
玄関脇の部屋。
右手の窓を開けると、通りです。


久楽
このゲストハウスのチャームポイントですね。


久楽
座敷の奥は坪庭
坪庭の横は浴室です。


久楽
洗面を通って...


久楽
浴室は、ユニットバスですが
ルーバーで視線をさえぎって、坪庭を見ながらの入浴は極楽気分ですね。
このゲストハウスの一番気持ちのよい場所かも?


久楽
玄関には、網代の下駄箱


久楽
天井板を取り払って、小屋組みを見せた、2階の部屋


久楽
外国人向けのゲストハウス用の仕掛けが随所にちりばめられています。


久楽
京都ならではですね。


久楽
最後にもう一度外観を。


今回、久しぶりに広角で撮ったので、思いっきりひずんでしまって
Photoshopでだいぶ補正しました。
まだまだですね。すっかり忘れてます(というか引けないので苦労してます)
困ったものです。


Nさん、このたびは、どうもお世話になりました。

http://studio-n.p1.bindsite.jp/gion/





K5+DA16-45F4




  1. 2012/06/05(火) 23:06:03|
  2. DA16-45 F4
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

国登録有形文化財

以前にお世話になった設計事務所が取り組んでいた、地元の古民家が『国登録有形文化財』に登録され、改修工事が完成したのを記念して、コンサートを開くことになったので見に行って来ました。

何年前だったか、まだ改修工事が始まってないときに一度見学に行かせていただいて以来なので、ずいぶんと変っています。

登録有形文化財(とうろくゆうけいぶんかざい)は、1996年の文化財保護法改正により創設された文化財登録制度に基づき、文化財登録原簿に登録された有形文化財のことである。
1996年の文化財保護法改正により、従来の文化財「指定」制度に加えて、文化財「登録」制度が創設された。
国レベルで重要なものを厳選する重要文化財指定制度のみでは不十分であり、より緩やかな規制のもとで、幅広く保護の網をかけることの必要性が議論された。こうして、重要文化財指定制度を補うものとして創設されたのが、文化財登録制度であり、登録された物件を登録有形文化財と称する。
-以上、wikiより-

主屋は、明治37年築の 木造2階建、瓦葺、建築面積121㎡
敷地の中央西寄りに南面して建つ木造2階建。桁行6間,梁間3間の入母屋造,桟瓦葺で南,西,北に下屋が付く。
内部は東に土間,西に口の間,座敷8畳,居間8畳,仏間3畳などを喰い違いに配す。
外壁は黒漆喰の塗屋で,起りのある破風とともに重厚な外観。

土蔵は、同年築、土蔵造2階建、瓦葺、建築面積15㎡
主屋の東に建つ土蔵造2階建,方2間規模の南北棟である。
戸口は西面にあり,片引きの土戸,板戸,格子戸を建て込み,主屋との間に設けた納戸を蔵前としている。
小屋組は地棟に登梁を架けている。
外壁は白漆喰塗で,屋根は本瓦葺,切妻造とする。

国土の歴史的景観に寄与しているものとして、登録されました。
-以上、国指定文化財等データベースより-


岩佐家住宅
裏側からお邪魔しました。
右が主屋、左が土蔵です。


岩佐家住宅
改修工事完成記念、ふるさとコンサート


岩佐家住宅
土蔵と主屋の間の路地です。


岩佐家住宅
玄関は秋の装い。


岩佐家住宅
土蔵の入り口です。


岩佐家住宅
中は農具の資料庫


岩佐家住宅
玄関から、正面門の方を


岩佐家住宅
50人以上集まっておられました。


岩佐家住宅
記念コンサートは、地元のソプラノ歌手、進元 一美(しんげん かずみ)さんと
リュート奏者の、小出 智子(こいで ともこ)さん


岩佐家住宅
地元のケーブルTVが取材に来ていました。

仕事の合間に行ったので、ばたばたと失礼することに。
ゆっくり写真も撮れませんでした。

コンサートの最後に、みんなで「ふるさと」を歌って
すばらしい「文化財改修記念式典」になりました。


K10D+DA16-45F4



  1. 2010/11/03(水) 21:11:03|
  2. DA16-45 F4
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 チョウゲンボウ ジョウビタキ メジロ コゲラ アカゲラ ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ カシラダカ ビンズイ タゲリ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ カワアイサ ミサゴ ミコアイサ ホシムクドリ モズ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ ケリ アマサギ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: