FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

Wifi 親機をリプレイス

覚書です。

確か東日本の震災直後に入れ替えた宅内無線LAN親機が11n対応なので、何年か前から入れ替えようと画策していて、eo光のID&PWが見つからずにそのままになっていたのだけど、昨晩、eo光の設定資料が出てきたので、さっそくyodobashiでポチった。
翌日には配達され、さっそくセットアップ。

変わったけど、あんまり変わりません。
機器の位置が低くなったのも原因かもしれないので、時間が取れたら高い位置に設置しなおそうと思う。


Aterm WG1900HP


一応、スペックを

高速Wi-Fi規格「IEEE 802.11ac」3ストリームに対応。
複数端末の接続や大容量データの転送時などにも、安定した通信を行う。
5GHz帯と2.4GHz帯ともに3ストリーム(3×4)対応により、5GHz帯で最大1300Mbps、2.4GHz帯で最大 600Mbpsの高速通信を実現。
超小型「μSRアンテナ」で電波を360度全方位へ飛ばし放射効率をアップ。
「μEBG構造」により、電磁ノイズを最大約25%カットする。

有線LAN(HUB)ポート数:4( 100/1000Mbps)
ビームフォーミング,MIMO
重量:400 g 33x169.5x110 mm


9000円ちょっと+ポイント還元
良く考えたらデスクトップは有線やからほぼ意味無しカモ?

が、やっぱり玄関横のトイレではぎりぎりつながらない。
親機の設置場所を少し変えたらいけるかな?
とりあえず、acまで対応のレンジエクステンダーを設定しなおしてみる。
ふむふむ、ちゃんと5GHzまでランプが点灯している。
気休めやけど。



  1. 2018/03/13(火) 23:03:08|
  2. PC
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

wifi エクステンダー

タブレットを買いまいしたが、自宅の玄関ホールとトイレと和室(奥側)のWifi電波状況がもう一つなので、中継器を導入しようと思いたちました。
おっかなびくりで、知らないメーカー(実はメジャーみたいです)の安めの機械を買ってみましたが、大丈夫かなぁ?ちょっと不安。
そもそもwifi 親機が家の隅っこ(トイレの対角線)にあるのがいかんのですが、光ケーブルの引き込みや、有線の引き回しとかありまして移動は面倒なのです。

親機は一世代前の、NECの11n対応機。5-6年前のもの??
会社の回線を光回線にしたときに、プロバイダのキャンペーンでもらったもの。
当時はそこそこ早かったが、今は、5GHz帯の11acが主力になってます。

エクステンダーという事で、親機のwifi 電波を受けて、それを増幅するような装置です。
親機の電波が弱まったところに設置するわけで、弱すぎてもだめですし、強いとあまり意味がありません。
設置場所が工夫のしどころ。



TP-LINK

さて、買ったのは、TP-LINK AC750 無線LAN中継器 RE200
H=11cm、W=7cm と割と小さいです。
実売、3000円ほど。


レンジエクステンダーの設定ですが
ボタン一発というわけにはいかず、結局、手動で設定しました。
無事開通


まとめると、結果的には随分と快適になりました。
現在の親機は、11nまで対応なのですが、このTP-LINK RE200は、2.4Gと5G両対応です。
5GHz電波は見つからないと2.4GHzでの通信になってます。
当初の目的が、和室の奥、トイレ、玄関でのタブレットの安定したwifi接続なので、どっちでもいいので、それなりに電波が来ていればと思うわけです。
将来的には親機を、11ac対応の現世代親機に切り替えれば、本来の力を発揮してくれるでしょう。
下位機との差も1000円弱でしたし。(下位機は5GHz帯不対応)

という事で、接続ですが、親機のWPSボタンと、この機械のボタンを押すだけで、2分程度で再起動してつながるはずやったんですが、うまくいかず。
手動で(この機械にブラウザでログインしてPWを打ち込み)でつながるようになりました。
それほど難しくはありません。取説に書いてあります。

デフォルトでは、親機のSSIDをコピーして同じPWでつながるようになるので、親機とつながっているのか、エクステンダーとつながっているのか不明なのですが、設定を手動でやると、別のSSID(_EXTと付く)にできるので、明示的に切り替えることが可能です。
スマホの場合、設定からwifiを探して切り替え可能です。
(もしかしたら、自動設定でもつながってたのかもしれませんが、そのまま親機からの接続なので、電波が弱かったのかも?
玄関ホールでwifiを再起動したら強いほうのエクステの電波を拾ったのかもしれません。リセットしちゃったので、すでに検証不能です)

トイレでは微妙に親機の電波も来てるので、手動で切り替えないと、EXTの電波に切り替わりません。
その場合は、別の(同じでも良い)PWを設定して、スマホの方で新規接続手続きをする必要がありますが、新規接続手順は一回だけなんでそれほど手間でもないでしょう。

この機械は、有線LAN端子があるので、wifiの無いデスクトップ機やゲーム機もつなげることが可能ですから、
会社の余ったデスクトップを和室でセットアップできるかなぁと思っています。

これ以外でも、バッファロー、NEC等、いろんなメーカーからエクステンダーは出てます。
親機と同じメーカーにしたほうがいいかなぁ?と思ったのですが、手動で設定できる項目が多いらしいので、この機種にしました。



wifi_ext
無事にトイレでつながった図


【追記】
あとから分かった事なのですが
親機とエクステンダーの中間あたり(等距離と想定)で速度テストをやってみたのですが
親機の電波を受けた場合の方が、エクステンダーからの電波を受けた場合に比べて
転送速度が倍ほど違うのです。
おそらく、アンテナが複数内蔵された親機の方がデータ転送の効率が良いのだと思われます。
ただ、玄関回りとかだと、電波そのものが微弱で不安定なので、やはりエクステンダーから受信した方が圧倒的に快適なわけです。
web画面の閲覧でも、気持ち差がわかりますので、遅いと思ったら、親機に接続替えとかすると良いかもしれません。



  1. 2017/08/26(土) 22:08:11|
  2. PC
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

Huawei MediaPad T2 7.0

ちょっと中断してお買い物メモ。

Huawei MediaPad T2 7.0

中期的に、カーナビをタブレットに変えようかと思案しておりまして
どうやって登録地点(鳥ポイントとか)を管理をするかはこれから考える事にして...

行きたいところを入力して目的地を探すのに、普通のカーナビのインターフェイスはすごく面倒に感じてます。
場所の検索⇒特定⇒ナビゲーションという手順。

ともかく施設名検索に手間がかかる。
スマホで検索し電話番号を調べてカーナビに入力するのが、まだ一番早いような状況。
なんとかしたいと思うわけです。そろそろ地図も古くなってきたし。
ナビゲーションが始まってしまうと、専用機ですから、不満は無いわけですが。

タブレットの種別(OS別)の選択肢としては、iPadか、androidか、Winタブだけど、iPadはでかいし高い。
外で使うWinタブは、GPS地図とかのアプリもだけど、やはり小型では使いにくそう。
という事で、アンドロイドタブレットを考えてます。
どれにしても、持ち歩くとなると「7インチ以下」がよさそうに思います。

もちろん、カーナビ専用機とするにはもったいないので、自宅と会社でちょい調べものとかに大きな画面がいいかなとか
別の使い道を言い訳のために用意します。

あれこれ調べて、ファーウエイのを候補に挙げました。
奇しくも、7インチといえば、Nexus7(2012)と同じです。
最近のタブレット事情は、7インチは低価格路線で1万円超で買える代わり解像度が低いのが多いです。
そもそも、タブレットって、売れてないのか、機種の選択肢が無い。
今は、仕事にもつかえる、Winタブが人気みたいです(10インチ以上とか)
大きさはともかく、すべてにそつがなく、高性能な iPadは「高い!」という事になるし。

ということで、『Huawei MediaPad T2 7.0 』
LTEモデルで2万円強(約1年前のモデルです)
1920x1200で、250 gは魅力。やはり持ち歩きには7インチがいいみたい。
解像度は、1280のもアリかと思いましたが、1024ではあんまりかと思う。(小さい文字が見にくい)
MediaPad T2の後継機は解像度が低いのです。
asusだと、ZenPad 7.0 は1280。あとのはさらに古いし。

やはり、SIM内蔵かと思う。ポケットWifiは面倒やし。
それほど外で使わないので、ゼロシムを候補に挙げました。

ゼロシムは、初期費用3000円で、500MBまでは月額基本料も無し。
あとは100MBに100円で、いったん1600円(2GB)で上限。2GB~5GBの間は1600円です。
それ以降は、チャージで対応だけど、今までの実績としては1600円を超えることは考えられません。

いまのスマホも、月末近くで1GBを超えて、2GBに到達したことは一回しかない。
500MB以下ならずっと無料という事なのです。

あるいは、月額500円程度のがいいか?
DMMモバイル等と見比べてます。
DMMモバイルは、初期費用なしの1GBで月額480円。容量繰り越し、コース変更可能。
ゼロシムの初期費用で半年ぐらいは運用可能という感じ。

しっかり使うなら、2~3GBのコースで1000円程度というのがいろいろあります。
ただ、スマホもあるので、メインで使うような事もなし。

ガラケー + タブレットというのは、しっかり電話(通話)をする人の選択で
そもそも、あまり電話もしないので意味ないかなぁ。


問題は、250gでなんとか...と思っていたのに、ケースとカバーガラスを付けたら、350gほどになってしまったこと。
微妙に重いのよね。
ちょっと誤算でした。


*

ということで、ネットで注文した『ゼロシム』が来ました。

0 SIM

docomo回線を使う MVNO というやつです。
スマホがあるので、タブレットでは、通話は不要です。

当初の計画では、9割が会社と自宅のWifi圏内で使うので、それほど通信量が発生しないという想定。
それでも、ちょい出先とか、カーナビ運用中にはネットに繋がている必要があるわけです。
iPhoneからテザリングで運用するという手もあるのですが、この機種はBluetoothテザリングには対応しておらず、wifiテザリングをいちいち起動するのも面倒なので、月額基本料金が安い「格安SIM」で運用するというのが良いかなと思うわけです。

有料(600円)ですが親機側にEasyTether Pro、MediaPadに無料のEasyTether TabletをインストールしてBluetoothテザリングが可能というリポートがありました。
FoxFi ってのもあるようですが、すでにゼロシムを発注した後だったので、試していません。




------------------------------------
Huawei MediaPad T2 7.0 のスペック

サイズ 187.4 x 105.8 x 8.2mm 重さ 250グラム
連続待受 LTE 480時間
Android 5.1 Lollipop
SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大128GB)、FOMAプラスエリアに対応、
デュアルSIM(ナノSIM × 2)、
音声通話機能付き、指紋認証搭載。

対応バンド
FDD-LTE: B1/3/8/19/26
TDD-LTE: B41
W-CDMA: B1/6/8/19


オクタコア1.5GHz/1.2GHzは、4個のコアが1.5GHzで動いて、残りの4個のコアが1.2GHzで動きます。
クワッドコア1.2GHzのZenPad 7.0 よりもCPUの性能はかなり良くなります。
MediaPad T2 7.0 Proはタブレットですが、音声通話機能にも対応。
通話SIMを入れれば普通のスマホと同じように電話をすることができます。
ドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方が使えるので格安SIMの対応範囲が広いです。





  1. 2017/08/03(木) 23:07:31|
  2. PC
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

Exif を見る

普段、ブラウザは FireFox を使っていますが
友人などのBlog画像に Exif 情報が残っていれば参考にします。
自分のもISOがどれぐらいまで上がっているか確認したりするのに便利なんで
アドオンを入れています。

Exify

実は、前に入れていたアドオンが、Windows10にしたら動かなくなっちゃったので
探していて、先日これを見つけました。

マウスオーバーで、表示されます。
表示されるのは、カメラ、焦点距離、絞り値、シャッタースピード、ISO感度です。
とりあえず、これだけ表示されればOKでしょう。

Exify というアドオンで、FireFox 専用みたいです。

興味のある方は、下記から導入できます。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/exify/




  1. 2016/04/18(月) 22:04:18|
  2. PC
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

Adobe PhotoshopElements 14

愛用の(笑)PhotoshopElementsを8から14に変えました。
まだ、いまいちなじみません。

特になじまないのが、アンシャープマスクのかかり具合でしょうか?
実は、GIMPもアンシャープマスクが思うようにできなくて使わなくなった記憶があります。

新しい機能もいろいろあるみたいですが
まだまだこれからです。
やってることはほぼ同じなので...


シジュウカラ


シジュウカラ
文字の大きさが違いますね。
どこで間違えたかな??




K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2016/03/26(土) 23:03:13|
  2. PC
  3. 関連するタグ シジュウカラ
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: