FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

990mmで試撮

ちょっと合間を見て、公園のお堀まで Voigtlander 180mm + Q の試撮に行ってきました。
今日も寒くて手がかじかみます。
構えてみたものの、ゆらゆらで、ピントも合わず。
仕方なく、お堀の柵にレンズを乗せて撮ってみました。

それでも、ゆらゆら。

なかなか手ごわいです。
というか、現状(私の腕)では使い物になりません。
やはり、素直に三脚を使うべきですね。

とりあえず、いくつか作例を。


990mm
お堀のユリカモメを。

トリミングは無しです。
まぁ、なんとか。


990mm
背面液晶を見ながら、ピントを合わせるのは難しいですね。
さらに、画面が揺れるし。


990mm
今日は、ゴイサギも居ました。
1000mmぐらいなら、なんとか導入も可能です。

もう少しピントを追い込めないと、実戦で使えませんね。
三脚に据えたら、ピント合わせにもう少し集中できるでしょうか?



Voigtlander APO-LANTHAR 180mm F4 + PENTAX Q (換算 990mm)




  1. 2011/12/26(月) 22:12:26|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ ユリカモメゴイサギ
  4. | コメント:4

行儀の良いカワセミ

ちょっと遠征して来ました。

お目当ての子は、一勝一敗でしたが、
今日は、Qの練習結果を。

お目当てのこを待つ間、すぐ近くの小川にカワセミが居たのですが
これが、長いこと同じ枝にじっとしていてくれるので
チャンスとばかり、Qの練習をさせていただきました。

今回は、割と近かったので、ノートリミング
実は、またまたテレコンを外し忘れて 3080mm相当f8 です。
テレコン外していたら、もう少し楽だったのですが
ちょっと外すと、すぐに見失いますので、導入が一番苦労しました。

カワセミ
実は、どれもこれも、ピン甘なのです。
少し救済してますが、テレコンが無ければもう少しましだったかも?


カワセミ
もうちょっとですかね。
ISO800で、1/60秒なので、少し条件が悪かったですが。


カワセミ
今回は、リモコンで押してます。
なかなかリモコンが使いづらいです。贅沢は言えませんが。
やっぱり面倒でも、ケーブルレリーズの方が楽かな?


カワセミ
それにしても、同じ枝で長いこと居てくれました。
お行儀がよいこでした。


カワセミ
ぶれてますが、おまけです。



PENTAX Q + EF400mmF5.6L+1.4xテレコン



  1. 2011/11/06(日) 22:11:06|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ カワセミ
  4. | コメント:6

Qの練習

コアオアシシギの池に着く前に、手前の池にオオバンとカモさんが居たので、ちょっと練習をしてみました。
もちろん、PENTAX Qの練習です。

長大なED82スコープよりも取り回しは良いのですが
やはり導入は難しいです。
ダットサイトが狂っていたので、余計手間がかかりました。

オオバン
隅っこになってしまいました。


オオバン
天気が良くないので、目が綺麗に出ていませんね。
ピントも甘いです。


ハシビロガモ
ハシビロガモのほうが少しマシかなぁ?
これはトリミング。


ハシビロガモ
もう一枚、これもかろうじて入ってくれましたが
構図は最悪ですね。

まだまだ精進が足りませんが、機材ももう一工夫です。

この時は、全部指押しです(レリーズを直接指で押しました)
シャッタースピードを早めにしているので、動体ひずみとかは出てないみたいです。

この日の機材(三脚・雲台)については、また後日に。



PENTAX Q + EF400mmF5.6L



  1. 2011/10/31(月) 23:10:30|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ ハシビロガモオオバン
  4. | コメント:0

証拠写真

某ため池へ初見のこを見に行ったのですが
遠いので少し近づいたら飛ばれました(汗)

対岸へ飛んだので、ぐるっと回り込んで車の中から探したら、シギが一羽
このこか?と思ったのですが、どうも違うこだったようです。
残念。
居付いているようなので、また見に行ってみることに。

かろうじて撮れたのは、証拠写真程度。
何せ、遠い上に雨だったので、車の中から撮影でした。

コアオアシシギ
このこは、コアオアシシギだと思うのですが。


コアオアシシギ
EF400にPENTAX Q で、2200mm相当です(さらにトリミング)


コアオアシシギ
リモコンがどこかいったので、2秒セルフタイマーで撮影

数枚押して、さらにテレコンを付けて撮影しようとしたら、また飛ばれました。


しばらくしてから、もう一度見に行きましたが
カモ類と、ダイサギ、カワウだけしか見かけませんでした。
雨脚も強くなったので、やむなく撤収です。



PENTAX Q + EF400mmF5.6L



  1. 2011/10/30(日) 22:10:30|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ コアオアシシギ
  4. | コメント:4

いきなり、どアップから。

今日は、またまた情報をいただき、プチ遠征をして、初見のこを見に行きました。

しばらく出てきてくれないので、コサメビタキとか撮ったりしていたのですが、藪の向こうに発見したら、ようやく見えるところへ出てきてくれました。

話によると二羽居るらしいのですが、一羽はちらっと姿を見せたきり行方不明。
このこだけは、けっこう愛想良しで助かりました。
遠征に来てボウズは辛いですから。

例によって、初見のこは押しすぎますが、1000枚以上押して(汗)一段落したので
ふと思いついて、新兵器を投入してみようという事になりました。
割とじっとしているので。

レンズはそのまま、マウントアダプタを付けて PENTAX Q を取り付けます。
テレコンつけたままでは入りきらないので、2200mm相当です。

ノゴマ
ノゴマと言います。
コマドリなんかの仲間ですね。
「のど」のオレンジが、すごく目立ちます。


ノゴマ
実は、このこはネコにでもやられたのか、尾羽が無いのです。


ノゴマ
今回はケーブルレリーズで押してみました。
単写で撮影


ノゴマ
日陰なのですが、ときどきホワイトバランスがおかしくなってました。
要注意です。


ノゴマ
2枚目のあたりで撮れた画像を思いっきりトリミングしてみました。
ちなみに今回、この画像以外は全部ノートリです。
大きすぎて、導入(微調整)に苦労しました。

近いのもありますが、けっこういい出来では無いかと自画自賛(笑)
しかしピントは薄いので、少し顔を動かすとピン甘になってしまいました。

10倍に拡大してピントを追い込むのは間に合いません。
なので、微調整をしながら数を撮る作戦です(いつもの作戦?)



PENTAX Q + EF400mmF5.6L


ノゴマ(野駒、Luscinia calliope) スズメ目ツグミ科
本州以南では渡りの途中に飛来する旅鳥
全長15.5cm。体重16-29g。上面が緑褐色、胸部から腹部にかけての下面が汚白色の羽毛で覆われる。体側面は褐色みを帯びる。眼上部にある白い眉状の斑紋(眉斑)と嘴の基部から頸部へ向かう斑紋(顎線)は白く明瞭。
嘴の色彩は黒い。後肢の色彩は薄いオレンジ色。
オスの喉は赤い斑紋が入る。メスの喉は赤い斑紋が入る個体もいるが面積が狭く、多くの個体は喉が白い。
和名は野(原野)に生息するコマドリの意
食性は動物食傾向の強い雑食で、主に昆虫類を食べるが果実も食べる
-wikiより-




  1. 2011/10/16(日) 23:10:16|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ ノゴマ
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: