FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

直島 -2-

直島は、瀬戸内に浮かぶ小島

直島
直島行きのフェリーです。
この時すでに、日はおちて、夕闇が刻々と迫る時間。
真っ暗な直島へ上陸することになります。

さて、直島
1916年 漁業不振などから、三菱マテリアルの誘致を決断し、銅製錬所を受け入れる。
しかし、銅の製錬の際に出る亜硫酸ガスは、山の木々をすべて枯らすなど煙害を起こしており、三菱は煙害の心配の少ない離島を探した末の打診だったのだ。
案の定、島の北半分および周囲の島々の木々は煙害でほとんど枯れて禿山となってしまった。

その後は、銅の精錬事業の衰退、産業廃棄物の不法投棄問題などを経て、福武書店の福武總一郎らを中心に、「直島文化村構想」を発表し、ホテル・美術館の「ベネッセハウス」建設などへ向かう。
当初美術館は浮き気味で町民の関心も薄かったが、島全体を使った現代美術展(スタンダード展)、本村の無人の古民家を買い上げて保存・再生し現代美術のインスタレーションの恒久展示場とする「家プロジェクト」をスタートし、現代アートの島としての現在へ至っている訳です。



さて、私たちが泊まったのは、つつじ荘
コテージ風の和室の宿泊施設と、モンゴルの遊牧民の住居を利用した宿泊テント「パオ」が10張りあります。

直島
もちろん、泊まったのは、「パオ」です。
すでに、外気温はけっこう冷たいのですが、ストーブを焚くとパオの中はずいぶんと暖かいです。
スタッフの方から、夜はパオの外に靴を出したままにしておくと、タヌキが持って行ってしまう事があるので、パオの中にしまっておいてくださいと注意されました。

しかし、何故、ここで「パオ」なのかは、不明のままでした。


パオは外の明かりが透けて見え、波の音に抱かれながら眠れるなど、自然との一体感が、通常の家屋よりも濃厚に感じられます。

直島
すぐ前は、海

砂浜が少しあって、そこは瀬戸内のおだやかな波が打ち寄せています。

直島
この鳥居はなんなんでしょうね。
妙に足が短い。
はっきり言って、くぐることはできません。


直島
つつじ荘の、入り口横に、「おやじの海」の石碑が...
さらに、混沌とした気分を盛り上げてくれます。


もうちょっと続きます。


EOS40D+Tamron A09





関連記事
  1. 2009/11/24(火) 00:00:22|
  2. TAMRON 28-75 F2.8[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:3
<<直島から宇野港へ | ホーム | 直島に行ってきました。>>

コメント

ボタンを押せば…

何度でも聞かせてくれます>おやじの海v-218
 
  1. 2009/11/25(水) 00:19:12 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

短足の鳥居は…

直島が噴火したときに、火山灰に埋まったのですv-217
 
  1. 2009/11/25(水) 00:22:00 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

解説ありがとうございます。

トトロ先生>
そうなんですか、火山?
そんな山が有りましたっけ?
ベネッセハウスの下は火口なのでしょうか?
お~こわ。

さらにトトロ先生>
おやじの海...流れてました♪

お世話になりました。
  1. 2009/11/25(水) 09:50:26 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

キョウジョシギ キアシシギ シロチドリ ★街歩き・旅行 トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ コゲラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: