FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

オオジュリンかコジュリンか?

M氏から電話があり、「オオジュリンが居ますよー」と言うので、さっそく出かけてきました。
着いてすぐに、オオジュリンよりも先に、M氏が現れました(笑)

「いつもお世話になります」

と言うことで、ちらっと見かけるものの、撮影機材を出したら、それっきり見かけなくなりました。
オオジュリンらしき鳥影は確認できますが、ノビタキとかとちがって、葦原の先にはあまり止まってくれません。
むしろ、真ん中よりも下あたりに...

しばらくしてから、少し水面が見えているあたりに現れて、しばらく居てくれたので、ようやく撮影できました。

オオジュリン?
前半、撮れた個体は、これ一羽です。


オオジュリン?
言われてなければ、スズメと間違えそうですね。
動き回るので、撮影に苦労しました。
少し曇っていたので、ISO80では被写体ブレも多かったです。


オオジュリン?
それでも、よく見ると、すごく綺麗な模様です。


オオジュリン?
オオジュリンと言うと、「ジュリーン」と鳴くと期待したのですが
主に夏のようで、この季節は「チッ!チッ!」と言う地鳴きしか聞こえませんでした。


オオジュリン?
当然、冬羽根で、夏羽根だと頭が真っ黒です。


オオジュリン?
ただ、少し図鑑で見たよりも、色が浅くて「コジュリン」のようにも見えるのですが
別の図鑑をみると、これぐらいだし

あとからりかゆんが、「このこだけ小さかった」と言うのですが
いまいち決め手に欠けます。

えっと、コジュリンの方が珍しいです。
別で撮ったこは、もっと茶色っぽかったです。が、でも、コジュリンと決めるわけには...

たぶん、オオジュリンだと思いますけど。

【追記】
ジュリン三兄弟の識別
http://www23.tok2.com/home/ebi/shibuhou/200202jurin.htm
より
足が黒いのでオオジュリンで間違いなさそうです。

オオジュリンは葦の皮をバリバリ剥いて、中にひそむカイガラムシを食べる
と書いてあります。
この白いモノはカイガラムシみたいですね。


オオジュリン (大寿林、学名Emberiza schoeniclus)スズメ目ホオジロ科ホオジロ属
全長14.5cm。翼は赤褐色の羽毛で覆われ、黒い縦縞状の斑紋が入る。
オスの夏羽は頭部から喉にかけて黒い。嘴の基部から頬へ向かう斑紋(頬線)は白い。頸部から腹面は白く、顎線と繋がる。背面は赤褐色に黒い縦縞が入る。腹面は白い。
オスの冬羽はメスに似るが、喉が黒い斑紋で囲まれる。メスは頭頂部と頬が褐色、眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)と頬線は黄褐色。背面には灰褐色と黒の縦縞が入る。腹面は灰褐色の羽毛で覆われ、体側面には褐色の縦縞が入る。
-wiki-より


ED82+DSC-W300(デジスコ)


関連記事
  1. 2009/11/20(金) 00:00:19|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ オオジュリン
  4. | コメント:2
<<広角で紅葉 | ホーム | わすれもの -秋桜->>

コメント

コジュリンさんは嘴が肉色となるとyachooに書いてあるのでオオジュリンさんで間違いないですよ。
  1. 2009/11/21(土) 22:37:42 |
  2. URL |
  3. ken #LkZag.iM
  4. [ 編集]

正解でした!

オオジュリン初見でしたが、いきなり区別とか言われても困ったモノです。
今回は、オオジュリンと特定できて良かったです。
何羽もいたので、もしかしたらコジュリンが混ざっていたのかもしれませんが、撮れたこにはいませんでしたねぇ。
  1. 2009/11/22(日) 19:57:15 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: