FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ノイズとブレと

ときどき、ライブとか舞台とかを撮りたいときがあるのですが
これがなかなか厳しい条件です。
まず、暗い。
体育館のスポーツ撮影では無いので、それほどでもありませんが、相手が動きます。

手持ちの機材を増強しようかと思っているわけですが、いろいろ「帯に短し...」

EF400mmF5.6
これは、EOS40DとEF400mmF5.6Lです。
綺麗でしょう(笑)

本棚というか、積み上がった本なのですが、見事にブレブレになって
逆に綺麗です。

この時、ISO800(ISO自動)、当然400mm F6.3で SSは1/6秒
手持ちですが、このレンズには手ぶれ補正はありません。

ここまでひどくは無いのですが、暗いとぶれてしまいます。
1/30秒以下とかのスローシャッターですと、被写体ブレもあります。
手ぶれ補正があっても、意味がありません。
これが屋内スポーツだと、1/250秒とか1/500秒が要るのでしょうが、そこまでは不要ですが。

今あるレンズとカメラの組み合わせだと、K10DにTamronの28-75(F2.8)が一番マシかな?
少しマイナス補正しても、暗めの舞台ではけっこう苦しいです。
単焦点でもう一段明るいレンズはありますが(35 or 43mm)場所取りができなければ使えませんね。
場所によってはもう少し望遠が必要かも?と思います。

正直言って、K10DだとISO800より上はカラーノイズが出てしまって、それでも良いと割り切らない限り使いたくないのです。
K20D、K-7とPENTAXも進化していますが、そう言う用途ではK-7はそれほど画期的ではありません。
ISO1600ぐらいまではけっこういけそうなのですが。
むしろ、エントリー機のK-xの方がISO3200ぐらいまで使えそうだという話し。
そのためだけにK-xを買うことは無いですけど。年に何回かだけですから

りかゆんのE-510用の14-54(F2.8-3.5)は良いレンズですが、E-510自体がK10Dより高感度に強くありません。

最後の選択肢が、EOS40Dですが、EF-S18-55は F3.5-5.6ですから暗いです。
EOS用のF2.8ズームなると『大三元Lレンズ』ですからとても買えそうにありません。
SIGMAの50-150(F2.8)はOSがありませんし。

あまり高価でない(でも明るい?)EOS用のレンズを増強するのが一番無難かなぁ?と
今のところは思っています。
EOS用なので出来れば手ぶれ補正レンズが良いですが、そんな都合の良いレンズは無いかな?

PENTAXから良いボディが出るかもしれません。
K-7はけっこう気に入って、そのうちと思っているのですが、こういう用途には割と不向きなのです。
どれもこれも、決め手に欠けるのですよね。
そりゃ、5D2とかD700とかと、F2.8の高価なレンズを揃えれば何の問題も無いのですが。


EOS40D+EF400mmF5.6L



関連記事
  1. 2009/11/02(月) 00:00:50|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
<<Blu-ray Disc | ホーム | 植物園の秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

エリマキシギ ★街歩き・旅行 ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キアシシギ シロチドリ キョウジョシギ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ シジュウカラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: