FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

伊弉諾神宮

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)へ行きました。
総会で講演をいただいた宮司さんに懇親会のあと、伊弉諾神宮をご案内いただきました。

伊弉諾神宮は、日本神話の国産みに登場する伊弉諾尊、伊弉冉尊をお祀りしています。
淡路国の『一の宮』で、旧社格は官幣大社(かんぺいたいしゃ)
通称は、幽宮(かくりのみや)です。

兵庫県下に官幣大社は二社しかなく、大変格式の高い神社になります。
境内には、樹齢800年から900年と推定される県指定天然記念物の「夫婦の大楠」のほか、香木伝来の石碑があります。

伊弉諾神宮
入り口の大鳥居です。
花崗岩製の鳥居としては全国でも最大級だとか。
これも地震後に再建されたものです。


伊弉諾神宮
正門の四脚門(明治16年再建)。以前は、三棟造の随神門であったそうです。
巫女さんにお出迎え頂きました。


伊弉諾神宮
この後、拝殿でお神楽を見せていただき、代表者が玉串奉納をさせていただきました。
帰りに、御神酒をいただきます(私は運転手なので遠慮しました)


伊弉諾神宮
本殿です。
広角レンズでないので、全体が入りません。


伊弉諾神宮
御神輿を見せていただきました。
扉を開けると、ライトアップされます。


伊弉諾神宮
夫婦大楠です。
樹齢約900年と言われていますが、元々は二株の楠木でしたので、幹回りは、樹齢1500年相当の大きさがあるそうです。
伊弉諾、伊弉冉の二柱をお祭りする境内にふさわしい楠木ですね。

今回、VIP待遇でいろいろ説明いただきました。


伊弉諾神宮は、さきの阪神淡路大震災の震源地に近く
野島断層からすぐなので、大変な被害があり、今も社務所はつっかえ棒がついたままなのです。
本殿は、大変な苦労をして耐震補強されましたが、外から見た目には何も変わりません。
それでも、本殿回りだけで、三億円も費用がかかったとお聞きしました。

神社は、戦後早々に民営化(笑)されまして...と宮司さんが仰います。
確かに、地域の氏子たちによって大切にされて来たのが神社です。
それ以前は、官幣大社として、国家予算で運営されていたのですねぇ。


Tamron A09



関連記事
  1. 2009/08/25(火) 00:00:23|
  2. TAMRON 28-75 F2.8[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2
<<野島断層 | ホーム | 淡路へ>>

コメント

神社仏閣系なTokiです

社格の高い神社にはある種言いようのない緊張感がありますね。
国家神道の名残と言うか。。。
王政復古を旗印に明治政府のやった廃仏毀釈に神仏分離。
敗戦後65年経ってもまだ旧社格の用いられる処が面白いです。
お写真はピッカピカな菊の御紋が印象的です。
あと、うちら山口県に官幣大社は下関の赤間神宮一社のみ。
  1. 2009/08/25(火) 15:46:00 |
  2. URL |
  3. Toki #UIlSnlZk
  4. [ 編集]

Wikipediaを漁ると

そもそも、官幣大社などという「用語」は、全く知らなかったですし、神社に社格というのもが存在したと言うことを初めて知った次第です。
戦前は公然と順序付けをしたわけですが、神社に細かく順番が付いていたというのは、ちょっとした驚きでした。なかなか政治的なニオイを含んでいますねぇ。
宮司氏もなかなか、権威主義者でありました。
そもそも、神道というモノがそう言うモノなのかもしれません。
いろいろお勉強させていただきました。
それにしても、畿内ならともかく、赤間神宮は、官幣大社で有りながら、一宮では無いのですね。
安徳天皇ゆかりの...と言うことでしょうか?
長門国一宮は、住吉神社(官幣中社)なのですね。
なかなか、複雑。
  1. 2009/08/25(火) 23:02:23 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

カシラダカ ホオジロ クロジ ミヤマホオジロ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ コゲラ シジュウカラ キビタキ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: