FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

予備を考える

鳥撮の主力は、EOS40D+400Lと、デジスコ(NikonED82+P5100)
DSLRの予備と言うことでは、PENTAXのK10D+レフレンズとか、+170-500(貸出中)とかも有る。
壊れた場合でもEOS40Dは新品で購入できませんが、50Dなら現行品。
K10Dの場合もK20Dもしくは最新のK-7なら購入可能なのです。
レンズも400Lは購入可能(高いけど)

問題はデジスコの場合。
スコープは落とさない限り壊れないと思いますが、P5100とアダプタは壊れるかもしれない。
特にP5100本体故障はけっこうあるかも?と、ふと思う。

デジスコ(フィールドスコープにアダプタを付けてコンデジで撮る)用のコンデジは、アダプタが合わないと使えないのです。
例えば、P5100の後継機のP6000は、今のアダプタは使えません。
アダプタが無いコンデジは使いたくても、使えないと思った方が良いわけですから、適当なコンデジを購入して代替えとすることは不可能です。

先日、現行でデジスコ適正No1と言われた、CANON IXY3000のアダプタが売り切れました。
ニッチな市場なので流通在庫も無いでしょう。本体はわずかに有るみたいですが、
そもそもコンデジ本体は作りきりで増産とかしませんから、流通在庫が無くなれば新品は購入できません。
残るは、ヤフオク等の中古のみです。

現行品で手に入るコンデジ+アダプタは(私のNikonスコープの場合)
SONY W300 と、NikonP6000のみ。
P6000は結構良い値段がするのと、操作性は?だという話なのです。

わずかに残る流通在庫(もしくは中古)で、P5100をもう一台入手しておくという手も有るのですが、ふと違う機種も使ってみたいと思ったりするわけです。
となると、W300です。

P5100を購入したときに、対抗で候補だったのはW200で、背面液晶の解像度等の問題でP5100に決めたのですが、W300だったらそちらにしたかも?と言う機種。
高速メモリを使うと、ほぼ無限連写で秒2コマ弱。低速メモリでも9コマ目までは秒2コマ弱を維持します。

さて、アダプタはdigisco.com 謹製のBR-W300だと思ったのですが、調べてみると、株式会社 エフ・テイ・エスと言うところの、SW-8 と言うアダプタが有りました。
7800円と、BR-W300(18900円)よりかなり安いです。
ただしケーブルレリーズと、照準機取付には対応しません。
まぁ、照準機の取付はdigisco.com製のでないとすんなり付かないのですが。

レリーズステーは自作するか、エツミのレリーズ付ブラケット(付けたままでは電池交換が不可)等にするか。

電池も互換品が出ているようですし、メモリースティックDUOもだいぶお値段が下がって買いやすくなっています(4GBは最低要るだろうな)

デジスコも捨てがたく、突然P5100が天に召された場合、途方に暮れてしまいそうです。
その時に、W300が入手できるか?とか、それに代わる機種が有るかというと、疑問なのです。
コンデジが無くなるワケは無いのですが、デジスコに使えるコンデジが有るかどうかは疑問です。
なので、予備という発想。

dokomo
実は、先週水没した携帯(水没したのは左)
保険に入っていたので、翌日には代替え機が届いたし、1日半は今年はじめまで使っていた旧携帯にROMカードを差して使えていました。

3日ほど乾かしたら、普通に起動していますが、新しいのが来てしまったので、今日水没した方は送り返しました。チェックして、また私のような不幸な方のところで余生を送るのかもしれません。

さらに、昨日、りかゆんの携帯も水没しました!
りかゆんのは、すでに2年半も使っているので、今日、機種交換となりましたが(防湿庫に入れて乾かしておいたら起動したけど、少し変だそうです)

「羮に懲りて膾を吹く」では無いですが、ふと弱気になっているのかもしれませんね。


写真は、P5100



関連記事
  1. 2009/07/16(木) 00:00:15|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2
<<呆然 | ホーム | アマガエル>>

コメント

コンデジはデジ一よりちゃっちいので早く壊れるでしょうね。
電池のほうが先にへたるでしょうし。
これだけ高感度にデジ一が強くなるとデジ眼スコも検討にいれたらよろしいのでは。
あるいは壊れたらスコープは見るだけとか。
のんびり見るだけも楽しいですよ。
  1. 2009/07/16(木) 08:40:16 |
  2. URL |
  3. ken #LkZag.iM
  4. [ 編集]

杞憂かも?

コンデジが壊れるのはしょうがないと思っていますが、実は今まで壊れたコンデジは無いのですよね。
まぁ、先日一回りしたP5100ですが、そんなに写したコンデジも無いのですが。
デジ眼スコも、検討してみるのですが(EOSにNikonのアダプタでいけるはず)さて、何が良いのでしょうね。
見るだけのスコープは良いですね。
撮りたいと言う煩悩が消えれば良いのですが。
見るだけなら、ずっとストレスが少ないですから。
う~む。
  1. 2009/07/16(木) 10:37:41 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: