FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ハンミョウ

知人が良く、ハンミョウを見かけるというので
会ってみたいものだと思っておりましたが、ようやく現物を見ることができました。

ハンミョウは、道に沿って少しづつ、飛んでは止まる、と言う動作を繰り返す事から、「道教え」と呼ばれているそうです。
あんまり、近寄らせてくれないそうですが、このこはじっと動かずに観察させてくれました。


ハンミョウ
綺麗です。


ハンミョウ


ハンミョウ

ハンミョウについて、ネットで調べてみました。
ハンミョウは、タマムシに匹敵するほどの美麗な甲虫(こうちゆう)の割にあまり知られていない。
ハンミョウは、漢字で"斑猫"と書く。まだらの猫

毒や薬を意味する中国語がもとで、媚薬などに使われるカンタリジンという成分をもつツチハンミョウの仲間に付けられた名称だけれど、ここでいうハンミョウとはまるで別種。
人が歩く先をフワッフワッと跳ぶように進んでいく習性から「道教え」とか「道しるべ」の俗称がある。
写真のは、ナミハンミョウという種になります。


また、別のページには
甲虫類のツチハンミョウ科の仲間は、成虫の体液に致死量がわずか30ミリグラムという猛毒のカンタリジンという物質を含有し、 それは洋の東西を問わず古来毒薬として利用されてきました。
本来の「斑猫の粉」の正体はその成虫の乾燥粉末です。中国産のそれはキオビゲンセイという種類で、 乾燥した成虫体に25%ものカンタリジンを含有しています。カンタリジンの用途は毒薬ばかりでなく、 おできのウミ出しの刺激発砲剤に多用されているほか、少量を内服(大変危険ですが)すれば催淫や利尿、 躁鬱病、性病、知覚麻痺などに効果があるとされています。

日本では江戸時代の初期に中国から渡来した「本草綱目」が原典となって漢方医学が発展しました。しかし当時、 これに出ていた「斑猫」の日本の種類への当てはめを間違え、山道などで人の歩く前へ前へと飛んで止まる習性から 「みちおしえ(道教え)」と呼ばれていた無毒の甲虫に「和(日本)の斑猫」の名を与えてしまったのです。 ですから大奥で若君の謀殺などに使われた「斑猫の粉」は、若君の栄養にこそなれ、これを使った謀殺はことごとく失敗したはずです。 それどころか現在でも名前からこの無毒のハンミョウを猛毒と信じている識者がたくさんいます。

日本にもカンタリジンの含有量がとりわけ多いツチハンミョウ科のマメハンミョウという種類がいて、 古くから体液に触れただけでもヤケド状の水ぶくれになることまでわかっていながら、これが毒薬として使われた形跡はありません。



wikiより
ハンミョウ(斑猫)は、コウチュウ目オサムシ科のハンミョウ亜科(Cicindelinae)に分類される昆虫の総称
または日本列島の一部の地域に生息するナミハンミョウ(学名: Cicindela japonica)を示す和名。
ハンミョウの成虫の体長は20mmほどで、日本列島に分布するハンミョウ科の中では最大の種である。
頭部は金属光沢のある緑色、前翅はビロード状の黒紫色に白い斑点があり、前胸部と前翅の中央部に赤い横帯が入る。
体の下面は金属光沢のある青緑色をしている。
体には独特の香りがあり、果物のような芳香と感じる人もいる。


PENTAX KP + DFA100mmF2.8 Macro


関連記事
  1. 2020/06/01(月) 23:05:31|
  2. D FA MACRO 100mm
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2
<<ホオジロ 近いです。 | ホーム | 原生林と言えば。>>

コメント

とても綺麗に撮れてますね😀
わたしはiPhoneでしか撮ったことがありません💦
  1. 2020/06/10(水) 17:30:04 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #DaqWDIIE
  4. [ 編集]

ピントが薄い

100マクロで寄って撮ると、ピンが薄いです。
胴にピントを合わせると、頭がボケてしまいます。
  1. 2020/06/10(水) 19:47:28 |
  2. URL |
  3. はりー #Cv2s2L.A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

オオルリ キビタキ ムギマキ ☆花 コチドリ ノビタキ エゾビタキ コサメビタキ サメビタキ アオアシシギ ★街歩き・旅行 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ コアジサシ アジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ ヤマガラ シメ ヒヨドリ コルリ コマドリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ ヒレンジャク キレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ ビンズイ カシラダカ タゲリ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ カワアイサ ミサゴ ミコアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ クロジ カヤクグリ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: