FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

日本で最も危険な場所にある国宝

三佛寺奥院投入堂
鳥取県の三朝温泉の近所にある、三徳山投入堂は、「日本で最も危険な場所にある国宝」と言われています。
きちっとした建築年代は不明のようですが、平安時代後期という説があり、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されています。

2001年~2002年に奈良文化財研究所の光谷拓実らにより行われた、年輪年代測定法による研究調査の結果、内部に安置されていた木造蔵王権現立像ともども、平安時代後期に当たる11世紀後半から12世紀前半に伐採された木材が使用されていることが判明。そのことから建造時期もほぼ同じ頃と推定され、現存する神社本殿形式の建築物では日本最古級のものであることが科学的にも裏付けられた。ただし建立のくわしい経緯までは現時点で明らかになっていない。
wikiより


実は、小さいころ祖父に連れられて三朝温泉に連泊していた時期があり、その時旅館の人に連れて行ってもらった記憶があるのですが、全く覚えてなく。
投入堂の写真を見て「ここに行った」という記憶だけがあった建物なのです。
調べてみると、なかなかに険しい修験道を登らねばならず、足腰が丈夫な間に「今一度見に行きたい」と何年か前から思っておりまして、「今年こそ!」。と思っていたわけです。
冬は雪に閉ざされ、雨が降るとぬかるんで登れず、今は2人以上でないと参拝もかなわないという条件が付いるようです。


という事で、りかゆんを伴って、三徳山へ向かって出かけたわけです。


三徳山投入堂
とりあえず、投入堂(なげいれどう)

投入堂の名前の由来は、役行者(えんのぎょうじゃ)が法力でお堂を手のひらに乗るほどに小さくし、大きな掛け声と共に断崖絶壁にある岩窟に投入れたという言い伝えによるそうです。


三徳山投入堂
道路から本堂へは、まぁ普通です。
石の階段がすり減っていますが。


三徳山投入堂


三徳山投入堂
ここからが、奥之院への入り口。
15時を回ると入れてもらえません。


三徳山投入堂
こんなところや


三徳山投入堂
こんなところを登らないとたどり着きません。


三徳山投入堂
さて、文殊堂。(重要文化財)
私は足がすくんで撮影に徹しました(汗)


三徳山投入堂
実は、すぐ脇が断崖絶壁。
過去10年の間に3人の死亡事故があったという記事も見かけました。
まさに「日本で最も危険な場所にある国宝」なのです。


三徳山投入堂
続いて、地蔵堂(重要文化財)


三徳山投入堂
さらに、鐘楼堂(重要文化財)
皆さん、鐘をついてからさらに奥へ


三徳山投入堂
納経堂(重要文化財)


三徳山投入堂
元結掛堂


三徳山投入堂
観音堂
(不動堂は省略)


三徳山投入堂
ようやく、投入堂(国宝)に到着です。
行程は前半の方がきついです。鐘楼堂あたりからは緩い登り。
高低差約200メートル、全長約900メートルの行程でした。
やはり、感激!


三徳山投入堂
投入堂上部のオーバーハングした断崖。
北向きなのと、この断崖のおかげで、思ったより建物の痛みは少ないのだそうです。


三徳山投入堂
ズームUPしてみましょう。


三徳山投入堂
やはりこの構図が安定しています。
左奥に見えるのは、附愛染堂


三徳山投入堂
写真家土門拳をして「日本第一の建築は?と問われたら、三佛寺投入堂をあげるに躊躇しないであろう。」といわしめました。
新緑に映えます。


三徳山投入堂
実は、下りの方がきついのですが、無事に下山しました。
一部渋滞してましたが。

さて、本堂より少し低いところに道路が通っていますが、その道を少し戻ったところに、投入堂が遠望できる場所があります。
せっかくなので、投入堂の高さを実感してください。

健康な間に是非。


GX8 + LUMIX14-140mm
HUAWEI P20 Pro HW-01K


今回、荷物を減らそうと、あえてGX8と14-140のセットで行きました。
カメラ用に買ったウエストポーチに入れ、出して撮り、ウエストポーチにしまって登りました。
両手が自由にならないと登れませんので。
それでも、時々スマホの画像が混じっています。

軍手とかも必須です。
木の根をつかんで登るのですが、つかみやすい木の根は「つやつやしてる」んですよね(笑)



関連記事
  1. 2019/05/11(土) 22:05:04|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
<<GW 中の鳥見 | ホーム | PULIUS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: