FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

鹿児島

某会が、鹿児島であるという。
行けるのか?と思いつつ、交通手段を調べていたら、SKYMARKが、神戸空港から鹿児島空港まで飛んでいるという。
早割だと片道1万円かからないみたいだったので、これで行くことに。

どこへ行くにしても、飛んでいる時間は1時間ほどですし
神戸空港ならアクセスも良いです。

何年か前に伊丹から宮崎まで飛びましたし、神戸から長崎へ降りて佐賀にもいきました。
北九州は新幹線で行きましたが、九州は広いので、場所によっては飛行機が便利です。

もう先月の事なのですが、すっかりUPするのを忘れておりました。
実は学生時代に阿蘇から車で鹿児島まで走った事があるので、二度めだったりしますが
すっかり忘れてしまっています。


神戸空港
神戸空港もひさしぶり。


鹿児島空港
鹿児島空港はお初です。
けっこう不便なところなので、リムジンカーかレンタカーなのです。
翌日の事も考えて、レンタカーを予約しました。

実は、飛行機を降りたら、知った顔が並んでいて、なに?と思ったら
われわれのすぐ後に、VIPが到着するので、そのお出迎えだったのでした。


仙巌園
ご一行について行って、お昼を食べることにしました。
着いたのは、仙巌園
薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園なのです。
敷地面積は約5ha


仙巌園
尚古集成館は、仙巌園に隣接しています。
要するに、明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業の博物館なのです。
尚古集成館自体が、世界遺産だったりします。


仙巌園
われわれは、レンタカーでしたので、現地の交通事情は全くしらべず...


仙巌園
成り行きで、先に薩摩切子の工場を見学することに。


薩摩切子
実際に作っているところを見学できます。


薩摩切子
薩摩切子の技術は明治時代に一度途絶えていたのです。
幻となった薩摩切子を1985年、現代によみがえらせたのがこの工場だそうです。


薩摩切子
薩摩切子の特徴は、その色の層の厚さ。
切子面に色のグラデーションが生まれること。


薩摩切子
「ぼかし」と呼ばれるもので、それゆえ、薩摩切子はぶ厚く重いです。


薩摩切子
ガラスも加工風景もすごく美しかったですが
出来上がった作品はさらに美しいです。


薩摩切子
イケメン職人(笑)


薩摩切子
カットの行程は非常に繊細。


薩摩切子
気に入ったものがあれば、無理して買おうと思ったのですが...


薩摩切子
やっぱり高くて買えませんでした。



続きます。



GX8 + LUMIX14-140mm




関連記事
  1. 2016/12/22(木) 22:11:19|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
<<鹿児島 2 | ホーム | カードリーダー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: