FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

猛禽に挑戦

鳥見では、難易度高めなのが、猛禽族です。
鷲、鷹類、フクロウ類は、撮影難易度が高いです。

まず遠い。近所で見かけない。個体が少ない、等々
さらに、猛禽族は、止まり物ではなくて、飛翔シーンを狙いますので、AFが強力でないといけません。
いままで、鳶ぐらいしか飛翔シーンは撮ったことがなかったのですが
コミミズクが数羽居るというので、重い腰を上げて見に行ってきました。
遠いので、今回は電車で。
電車では滅多に鳥見に出ないので、装備を運ぶのがたいへん。
今度、電車での遠征用の機材も考えないといけません(汗)

さて、コミミズク
よく考えたら、コミミズクは初見です。


コミミズク
夕暮れみたいですが、ほぼお昼ごろです。
天気が悪かったです。


コミミズク
「近くへ来るよ!」と言われていたのですが、この日はほとんど遠かったです。


コミミズク
なので、強引にトリミング


コミミズク
けっこう、ひらひらとゆっくり飛びます。


コミミズク
時々、急降下して、捕食行動をします。


コミミズク


コミミズク


コミミズク
さすが猛禽
猫みたいな足です。


コミミズク


コミミズク
結局、全部飛翔シーンで、止まり物は、近くに来てくれなかったので、絵にならず。
前日は、すぐそこに止まったのにという話は、してはいけないのです(笑)


この日は、都合1000枚ほど押しましたが、半分以上はとんでもないピンボケ
残った中でも、9割はピン甘で、機材の差もですが、経験(技術)の無さも痛感しました。
となりのおじさんは、何度も通っておられるとかで、「あの距離は絵にならないから、押すだけ無駄」だとおっしゃってましたが、こちらは初見なので、ごみ量産覚悟で押しましたさ(笑)



K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW


コミミズク (小耳木菟) フクロウ目フクロウ科
日本では冬季に越冬のため全国的に飛来する(冬鳥)
全長38.5cm。頭部から背面の羽毛は褐色。腹面の羽毛は薄褐色で、暗褐色の縦縞が入る。
虹彩は黄色。外耳状の羽毛(羽角)が短い(小さい)ことが、和名や英名の由来。
-wikiより-

小さいミミズクではなくて、小さい耳のミミズクなわけで、結構大型のフクロウです。



関連記事
  1. 2015/01/13(火) 01:01:04|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ コミミズク
  4. | コメント:5
<<初詣 | ホーム | ホオジロでした>>

コメント

猛禽類…

枝にとまっている姿はかわいいですが、
飛んでいる姿は、猛禽類の迫力がありますね…
  1. 2015/01/15(木) 11:36:58 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

仁王門の…

善通仁王門の前の松に木に、フクロウの子供がとまっているのを見たことがあります…
https://www.dropbox.com/s/tsjfuooavevnl9n/841666184_98.jpg?dl=0
  1. 2015/01/15(木) 11:42:23 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

近くに来なかった。

すぐ目の前の杭に止るよ!
というふれこみで(笑)行きましたが、この日は近くには全く来ず。
双眼鏡でも見ても何だか分らないような止りものも撮りましたが、全く絵にならず。
結構蝶々みたいにひらひら飛ぶので、主に風上へ向かって飛ぶ時に撮りました。
人気の猛禽類ですが、難易度は結構高いです。
朝からずっと待って、一度だけとか、そういうのも多いそうです。
  1. 2015/01/15(木) 12:20:59 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

こわい

顔が怖いです(^^;
  1. 2015/01/30(金) 19:43:58 |
  2. URL |
  3. 千絵 #B7VlDiX.
  4. [ 編集]

猛禽ですから。

フクロウって、猛禽ですよ。
なんか可愛らしいイメージですが、野鼠とかを狩ります。
けっこう残虐です。
  1. 2015/01/30(金) 22:15:45 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ タゲリ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ シジュウカラ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: