FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

尾道 -3- 鞆の浦

尾道をあとにして、「鞆の浦(とものうら)」へ回って帰りました。
尾道から車で約1時間です。

鞆の浦も初めてです。
知っているのは、古くからの港町という事と、ジブリの『崖の上のポニョ』のモチーフになったところだという程度。

実は、広島の知人のところに行く話しをしたときに、「鞆の浦」へでも行きましょうか?という話があったのですが、まだ行けていなかったというのもあります。

*

瀬戸内海の海流が満潮時に瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦沖でぶつかり、干潮時には鞆の浦沖を境にして東西に分かれて流れ出してゆく地形だったため、鞆の浦は、古代より潮待ちの港として栄えたところなのです。

万葉の昔より栄え、江戸時代の港湾施設である「常夜燈」、「雁木」、「波止場」、「焚場」、「船番所」が全て揃って残っているのは全国でも鞆港のみなのだそうです。

明治時代にはいり、船舶の動力化により潮待ちを必要としなくなったこと。
大型船舶が入港できないこと。
沼隈半島の先端にあり、山陽鉄道(現在のJR山陽本線)が通ることもないため、陸海の交通路から外れてしまったこと。
開発可能な平野部に乏しかったこと。
さまざまな要因で、かつての繁栄を失うこととなりました。
そのことが逆に、当時の姿をそのまま今に伝える事になったわけですけれど。

さて、鞆の浦の画像ですが、2回に分けようかと思ったのですが、日も経ってしまったので、いっきに公開です。


鞆の浦
時間貸しの駐車場に車を止めて、散策のスタート。


鞆の浦
駐車場前に、無料で公開された資料館がありました。
福山市指定重要文化財に指定されています。


鞆の浦
通りにわの途中に、番傘とか、提灯とかをかけておく場所とかがあります。


鞆の浦
屋敷の店脇に蔵があります。
この蔵の床が高いのは、高潮とかを警戒してでしょうか?


鞆の浦
電話ボックスがありました。
どこからか持ってきたものかもしれません。


鞆の浦
少し下ると、港です。
むこうに、「常夜燈」が見えます。


鞆の浦
現役の港なのです。
ほぼ、漁船しか出入りしていませんが。


鞆の浦
この石段みたいなのが、「雁木」
満潮時でも、干潮時でも、荷下ろしとかができるように作られていますが、今は浮桟橋が設置されるため「雁木」が使われることはありません。


鞆の浦
天気が悪くて、かすんでいます。


鞆の浦
港は絵になりますね。


鞆の浦
ファサードに統一感が無いところが、全体としてまとまりを感じる、不思議な町並みです。


鞆の浦
江戸時代だと思われますが、富裕な町屋がたくさん残っています。
【追記】
玄関が写っていませんが、「太田家住宅」と、東側の道路をはさんだ向かい側にある別邸の「太田家住宅朝宗亭(ちょうそうてい)」です。
元々は、保命酒(後述)の中村家のお屋敷だったところで、尊皇攘夷派の三条実美ら七卿が長州に逃亡する際、および翌年に長州から京都に上る際に、宿泊所としたところだそうです。

太田家住宅は、平成3年(1991)5月31日に重要文化財指定を受けた、瀬戸内海を代表する建造物群です。建物は、主屋や保命酒醸造蔵など9棟からなり、敷地の四方は道路で囲まれています。
-wikiより-


鞆の浦
「常夜灯」のあたり。

手前の「氷」の暖簾に吸い寄せられてしまいました。
で、ミルク金時をいただきました(画像は省略)

坂本竜馬(亀山社中)の「いろは丸事件」ゆかりの地でもあるのですよね。
資料館もありました。


鞆の浦


鞆の浦
雁木(がんぎ)を見る。


鞆の浦
こんな「なまこ壁」を見たのは初めてです。
サイコロの「四」ですね。
可愛らしいです。


鞆の浦
「船板壁」というそうです。
これも初めてみました。
廃船の材木の再利用と思われます。

理屈は「なまこ壁」と同じで、雨にあたって痛みが早い腰壁の部分を護るためです。
なまこ壁は、漆喰塗りの「土蔵造り」の建物にときどき見られますが、船板壁は独特ですね。


鞆の浦
浜蔵通りです。
綺麗ですね。


鞆の浦
おっと、こちらはサイコロの「五」です。


鞆の浦
土蔵の軒裏がアールになっているのは、火災のときに「軒裏」に熱気が滞留して燃え出すのを防ぐためだそうです。
だいたい土蔵の軒の出は短めです。


鞆の浦
石畳と側溝は、町の財力を現していますね。


鞆の浦
「保命酒」というのは、薬草酒
瀬戸内の養命酒と言われ、おそらく、ここ鞆の浦だけで生産されています。
保命酒を考案した中村家には、門外不出のレシピが有ったようですが、明治に入って藩の保護が無くなり、専売が廃止されたこと等により衰退し、その後廃業しました。
今は別の4社が製造しているそうです。
製造法は味醂(みりん)の工程を基本に、薬草成分を加えているようです。
味醂って、昔は夏に冷やして飲んでいたのだそうですね。落語に出てきていました。


鞆の浦
話のネタに、保命酒の小瓶を買って帰りました(違う店ですが)

*

今回の尾道行きには、先日買った超広角の10-18mmを連れて行くつもりでした。
列車で行くことになったので、ボディの2台持ちはかさばるだろうと、EOS7Dに10-18mmと、17-50mmもしくは28-75mmというのを考えていたのですが、台風の影響で大雨だとか言うのを聞いて、急遽防滴のPENTAXと18-135mmだけにしようかと思った末、最終的には「RX100だけでいいか。」という事になりました。
軟弱です(笑)

実際、断続的に降ってまして、結構な雨足の時もありました。
どうしてもコンデジで撮ると、ピント位置等がいい加減で、水平も適当で、シャッタースピードも気にせず。という事になりがち。
結果的にもう一つの出来栄えになりがちです。
と言っても、雨の中、傘を差しつつ防滴でないカメラを気にしつつ片手で撮りますから、条件悪いです。
そんな事もあって、もう一度行かねば!と思う訳ですが、せめてもう少し気を使って押さなければと思いますね。

帰ってからBlog記事を書きながら復習していると、いろいろ見落としているところがありますね。
やはり、もう一度行かねばと思います。
尾道もね。



DSC-RX100


関連記事
  1. 2014/08/12(火) 01:08:03|
  2. SONY DSC-RX100
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2
<<ササゴイの幼鳥 | ホーム | 尾道 -2- あなごのねどこ>>

コメント

鞆の浦の町並みは…

とてもいいですね…
以前に行った時に、
その鞆の浦を埋め立てて道路と橋を作る計画があると聞きましたが、どうなったのでしょうか、、
  1. 2014/08/12(火) 21:07:31 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

埋め立て計画

実は、保命酒を買った店の親父が、埋め立て計画の是非を問う地元住民の幹部みたいで、少しお話を伺いました。
「まだきっちりと決まっていないというのが、今お話できる事です。」というような事でしたが、はっきり言って、埋め立てたり、橋ができたら、鞆の浦に行く人はずいぶんと減るでしょうね。
部外者の勝手な意見では有りますが、観光も鞆の浦を支える貴重な資源だと思いますが。
  1. 2014/08/12(火) 22:48:51 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ エナガ シジュウカラ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ オオハシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: