FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

奈良でランチ& (1)

「奈良でランチをしましょう」

と言う企画を考えたのは、だいぶ前だったはずですが、
のびのびになってしまって、ようやくこの日曜に実行に移されました。

特に深い意味は無いのですが、奈良のOさんが、りかゆんを交えてランチでもと言う話になって
いいですよ~とOKしたというだけの話だったのですが。

日程を決めて、「誰か参加しますかぁ?」と声をかけたら
お二人参加者が増えました。

ちょっと前に気になっていた「飛鳥大仏」と久しぶりに「二月堂」が見たいなぁと漠然と思っていたのですが
そのお一人が、奈良へ行くなら「談山神社」と「頭塔」が見たい!
と言うので、時間が足りるかどうかはともかく、考えて見ましょうと何だか「てんこ盛り」奈良ツアーがスタートしたのでした(笑)

さて、滋賀と篠山と明石から参加と言うことで、それでも早めに集合です。
奈良駅に9時過ぎ集合と言うことで、私の方は1つめのミッション「頭塔」あたりへ直行です。
この日の奈良は寒の戻りで結構寒い。
小雨の降る中、コインパーキングに車を止めて待ち合わせの時間まで「頭塔」のあたりを一回り。

さて「頭塔(ずとう)」って何?
と言う事ですね。
私も全く知りませんでした。
場所は、東大寺の南大門から南へ約950mにある、方形七段の土塔です。

奈良時代の僧玄昉の頭を埋めた墓と言う伝説があり、それが名前の由来だという言われています。
しかし、実際には、本来の「土塔(どとう)」がなまって「頭塔(ずとう)」になったのではないかと思われます。
767年に東大寺の僧が土塔を築いたと言う記録があり、それがこの頭塔で、要するに五重塔などと同じく仏舎利を収めた仏塔に分類されるものです。
ちなみに、頭塔は1922年に国の史跡に指定されています。

実は、奈良の人でも「頭塔」の事はあまり知られていません。
一つは、町屋の中にあって、周りからはほとんどその存在が見えないこと。
そもそも、頭塔そのものがあまり知られてないこと。


頭塔
入り口がこれです。
細い路地の途中に入り口がありますが
入り口そのものも見過ごされがち。
そのうえ見学には予約が要ります。


頭塔
あとから路地の曲がり角に案内板を発見。
これだけでは、絶対見過ごしますね。


頭塔
実は、大きな通りからも、ここだけ見えます。
しかし、この駐車場の奥に見えるからと言って、入り口はぐるっと回った所ですし
予約の電話を入れて、管理されている表具やさんに鍵を開けてもらわねば入れないのでした。


頭塔
一辺32mの方形です。
7段で、全体の高さは約10m

頭塔
奇数段の4面に11基づつ、計44基の石仏が整然と配置されていたと考えられていますが
現在28基が確認されています。
一基は郡山城の石垣に転用されているとか。
これらは、数少ない奈良時代後期の石仏として、きわめて貴重で、国の重要文化財に指定されています。


頭塔
東面の「浮彫如来及両脇侍二侍者像」です。


頭塔
説明文が完備されているので、分かりやすいですね。


頭塔
こういう姿では無かったかと推測されています。


頭塔
こちらは、北面の「浮彫如来及両脇侍二侍者像」


頭塔
2000年に、見学デッキ、解説板等を設置し、現在の姿になっています。

整備前は、ただの小山だったと思われますが
1200年あまりの時を経て、何を私たちに伝えてくれているのでしょう。



見学希望の方は、前日までに現地管理人に予約をお願いします。
現地管理人電話番号:0742-26-3171(仲村表具店)
(春と秋の特別公開中は予約なしで見学できます。特別公開中は直接現地にお越しください。)
Facebookページ


さて、しばらく続きます。




PENTAX K5 + DA18-135WR



関連記事
  1. 2014/04/07(月) 23:04:06|
  2. DA18-135mm WR
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:6
<<奈良でランチ& (2) | ホーム | 花見のはずが>>

コメント

何とも言えない独特の雰囲気。
知れば行ってみたくなるのに余り宣伝もされていませんね。住宅の中にあるので人が押しかけても困るのかな?
見るものだらけの奈良にまたお越し下さいね。
  1. 2014/04/08(火) 12:01:38 |
  2. URL |
  3. Oさん #-
  4. [ 編集]

1000年以上

Oさんお世話になりました。
奈良は千ん百年以上も前からずっと人が住み暮らした都会でしたから、積み上げたものはものすごい量になっていますね。
旅先で出会えるものは一期一会。
機会があれば何でも見てみようと思ってます。
奈良ランチの話はまだまだ続きます。
  1. 2014/04/08(火) 12:38:12 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

珍しいもの

こんなものが有るなんて知りませんでした。
奈良時代のこんな遺跡が残っていたのですね。
ハリーさんのお陰でモニタ上とは言え見学できて楽しめました。
  1. 2014/04/08(火) 13:16:28 |
  2. URL |
  3. hiroinouye #6dcvf9aw
  4. [ 編集]

全然知りませんでした。

ご一緒した方が「頭塔」を見よう!
と、言っていただいたので、見学できた次第です。
京都もあまり知りませんが、奈良も見るところがたくさんあって楽しいです。
微妙に遠いのですが、行く気になれば1時間少々で車で行けますし、実は電車も神戸から直通だったりします。
hiroさんも、また奥様と奈良旅行でも計画してください。
  1. 2014/04/08(火) 13:48:10 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

頭塔…

…勉強不足で知りませんでした。
ピラミッドと五重塔を足したような、他に例をみないような建造物ですね(驚)
  1. 2014/04/08(火) 19:07:31 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

知らなかったでしょう(笑)

ここ以外にも、大阪府堺市の土塔。
岡山県赤磐市奥吉原にある熊山遺跡等があるそうです。
機会があれば訪れてください。
ここは、東大寺南大門からぶらぶら歩いて来れますよ。
  1. 2014/04/08(火) 20:52:40 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ シジュウカラ キビタキ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: