FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

家族旅行@広島-4-

前回更新の最後の画像に写っていますが
大和ミュージアムのお隣に「てつのくじら館」(海上自衛隊呉史料館)があります。
そろそろ閉館の時間だったのですが、滑り込みで見ることができました。

海上自衛隊呉史料館は、海上自衛隊佐世保史料館の「水上艦」、鹿屋航空基地史料館の「航空機」と並んで、「潜水艦と掃海」を展示する史料館です。
用途廃止済の実物潜水艦を展示することにより、実物の潜水艦に「乗艦」し、その内部を「見て」、「触って」、「体感する」貴重な体験ができる史料館になっています。
海上自衛隊の施設なので、入館は無料なのです。


海上自衛隊呉史料館
入り口と言うか、建物の横に、実物潜水艦「あきしお」が鎮座しています。
圧倒的な存在感です。


海上自衛隊呉史料館
展示物としては、海上自衛隊の歴史と、掃海艇の活躍がメインです。


海上自衛隊呉史料館
絵的には、この大きさが圧倒的ですね。
一見の価値はあります。

こういうのを撮っていると、視野率100%がありがたいです。
トリミング無しで、構図が一発で決まります。
但し、今回は広角不足。18mm始まりなので換算28mm~なんですが、だいぶ足りませんでした。
(1枚目とか、最後から2枚目とか)
16mm始まりだったらと思ったのでした。


海上自衛隊呉史料館
内部を一部見ることができます。
思ったより狭苦しくないですね。


海上自衛隊呉史料館
このぴかぴかの感じは、いかにもですね。


海上自衛隊呉史料館
これが操縦席。
さすが潜水艦なので、前は見えません。


海上自衛隊呉史料館
「あきしお」は、海上自衛隊の潜水艦。ゆうしお型潜水艦の7番艦
1985年1月12日に進水、1986年3月5日に就役
2004年3月3日に除籍。その後、2006年9月24日から26日にかけて搬入されました。


海上自衛隊呉史料館
基準排水量:2,300t
全長:76.0m
全幅:9.9m
吃水:7.4m(水上にある際に船体が沈む深さ)
速力:水上 12kt・水中 20kt
潜航限界深度:450m程度
乗員:80名
-wikiより-


海上自衛隊呉史料館
大和ミュージアムの3階から、その全容を見ることができます。

実は、大和ミュージアムより、こちらのほうが見ごたえがありました。
実物の力はさすがです。
1/1 の大きさはダテではありませんね。


てつのくじら館


このあと、広島へ戻って、広島焼きを。
時間調整をして、岐路につきました。
結構面白かった、広島日帰りの旅でした。




PENTAX K5 + DA18-135WR



関連記事
  1. 2014/01/24(金) 23:01:05|
  2. DA18-135mm WR
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:4
<<家族旅行@広島-おまけ- | ホーム | 家族旅行@広島-3->>

コメント

鉄のクジラ…

これはぜひとも見に行かねば…
  1. 2014/01/25(土) 07:57:10 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

この距離なら。

トトロ先生
この距離なら、射程範囲ですね。
うえのの「あなごめし」と麗ちゃんの「広島焼」をセットにすると、結構移動距離があります。

この大きさは圧倒的ですよ。
  1. 2014/01/25(土) 09:02:30 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

潜っても丸見え

自衛隊の元潜水艦乗りの方に聞いたのですが、今は潜っても丸見えだそうです。
今のソナーは高性能なので船からも飛行機からも丸見えなので潜っても意味がなく潜水艦の存在自体が不要になりそうだとのことだそうです。
もっとも中国の潜水艦は話し声が大きいのでもっと前から丸見えだったそうです。
  1. 2014/01/25(土) 19:59:33 |
  2. URL |
  3. hiroinouye #6dcvf9aw
  4. [ 編集]

沈黙の艦隊

う~む。ステルスは無理ですか。
でも、まだ現役艦が何隻も有りますよね。
どちらにしても、軍事系はほとんど分かりません。
  1. 2014/01/25(土) 20:34:19 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: