FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

家族旅行@広島-3-

インフルエンザで寝込んで、自粛していたら
すっかりサボり癖が付いてしまって、更新が滞ってしまいました。

まだ、広島旅行の続きが残っています。

厳島神社のあとにどこへ行こうかと思案して、一つの案が錦帯橋だったのですが
子供らがつまらないだろうと、呉の大和ミュージアムに行くことにしたのですが
肝心の子供たちは、広島の駅前で遊んでいると言うので、ほったらかして大人3人(やつらも大人なんですが)で呉へ向かうことに。

結構距離があります。(広島を中心に、厳島神社の反対側ですから)

さて、大和ミュージアムは、呉駅から徒歩です。
呉は、大和のふるさと。ここで建造されました。


大和ミュージアム
大和ミュージアムには、1/10模型が展示されています。


大和ミュージアム
できれば、撮影用の1/1模型(艦首)が有るときに行きたかったですが
思ったより、小さかったです(1/10と言うスケールがつかみきれていませんが)


大和ミュージアム
隣の部屋に、ゼロ戦(零式艦上戦闘機)等がありました。
こちらは逆に模型みたいに見えます。
人間魚雷「回天」も含めて、実物なんですけどね。


大和ミュージアム
撮り方によりますかね。


大和ミュージアム
実際の大和は、3つぐらいに割れて海底に横たわっているようです。

できれば、宇宙戦艦ヤマトとは一切混ぜて欲しくなかったなぁ。


大和ミュージアム
思ったよりブリッジがシンプルなんですね。


大和ミュージアム
これは、戦艦陸奥の41cm主砲だそうです。



戦艦大和
竣工:1941年12月16日
沈没:1945年4月7日
基準排水量:64,000t
全長:263.0m
全幅:38.9m
主機:艦本式タービン4基4軸150,000馬力
速力:27.0ノット(約50km/h)
航続距離:16ノット(29km/h)で7,200浬(13370km)
乗員:約2,500名

兵装
45口径46cm3連装砲 3基
60口径15.5cm3連装砲 4基
40口径12.7cm連装高角砲 6基
25mm3連装機銃 8基
13mm連装機銃 2基
カタパルト 2基
零式水上偵察機・零式水上観測機他、最大7機

装甲:舷側 410mm・甲鈑 230mm・主砲防盾 650mm(数値はいずれも最大)

戦艦としては、排水量と搭載主砲口径、共に現在に至るも世界最大である。

-wikiより-




関連記事
  1. 2014/01/22(水) 23:01:05|
  2. DA18-135mm WR
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:4
<<家族旅行@広島-4- | ホーム | 自粛中>>

コメント

大和ミュージアム…

いちど行ったことがあります、映画のセットも見ましたよ(^_-)
隣に潜水艦の展示施設ができたそうでね…そちらは未体験
  1. 2014/01/23(木) 20:40:09 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

つづき

ちょっと所用で出かけてしまったので
今日の更新になるか?
続きで、鉄のクジラの予定です。
ご期待ください。
  1. 2014/01/24(金) 09:15:14 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

零ですね

以前京都嵐山博物館で見たことがあります、栄エンジンの原型はアメリカ製P&H社製のライセンス生産から発展していったみたいですね、ちなみにプロペラもアメリカ製のライセンス品、これ教えてもらうまで日本製だと思ってました、アメリカ人が零戦を復元できるのもエンジン部品がアメリカに互換品としてまだあるみたいですね。
  1. 2014/01/24(金) 21:56:42 |
  2. URL |
  3. おたけ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

敵国製でしたか。

それは知りませんでした。
当時は航空技術機製造技術も造船技術も世界の先端を行ってましたが、航空技術は戦後暗黒時代へと突入しますね。
今も遅れを取ったままだと思います。
電装品だけですものね、航空機で世界に通用するのは。
  1. 2014/01/24(金) 22:56:40 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コマドリ コチドリ シマアカモズ シロハラ アトリ イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: