FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

DA★50-135mmF2.8ED AL SDM

主に、暗いライブとかを撮るためにも、明るい中望遠~望遠ズームレンズは前から欲しいレンズでした。
お花とかにも良いかも?というのはあります。
当然、高級レンズで描画にも妥協が少ないレンズになります(大きく重くはなりますが)

要求スペックとしては、ポジション取りの条件が悪いのでズームであること。
できればF2.8以下(最低F4は必須)
ずいぶん前から欲しいクラスのレンズなのですが、それほど頻度が無いので悩みます。
もちろん、18-135WRでは暗いと言うのが前提です。
今回は、軽量化よりも明るさを優先すべき事案かな?と思ったのでした。

焦点距離で55-200系の暗いキットレンズならあります(安くて軽くてそこそこ写ります)
屋外とか明るければ、これで十分と言えますが、ペンタ用のは*istDの頃に買ったSIGMAの廉価なレンズなので純正のWRに置き換えるというのも選択肢としてありました。
が、わざわざという感じも否めません。
EOS用(55-250mm)は持っていませんが、ボディ側の高感度がいまいちなのです(暗いライブ撮影等を想定しますので)
また、EF-S55-250なら、75-300USDともダブりますし、結局、暗いレンズは買い増す意味がありません。
それだったら28-75mmF2.8でトリミングというのでも良いかもしれません。

*

以前に候補として考えたのは、旧型のSIGMAの50-150mmF2.8(APS-C専用:780g)
買い損ねてディスコンになってしまいました(手振れ補正は無いですから、当然PENTAXマウントで検討)
新型の50-150mmF2.8は超絶性能(笑)ですが、APS-C用なのに大きくなりすぎました( 1,340g)
ついで、ど定番のEF70-200mmF4(EOS純正:760g)は、あまりに普及している上に、なかなか良い値段でかつF4ということで躊躇。EOS用のフルサイズボディに行く気が無いので、よけい無駄な気がします。

今回は、Tamronの旧型70-200F2.8(A001:1,320g )がだいぶ安く「新品」が買えるというので、ふらふらと見ていたのですが
結構「大きい・重い・AFが遅い」と、AF→MFがペンタの場合スムーズに切り替えられるのか不明なんですよね。
ボケ等は評判がよく、ペンタ用であれば「手振れ補正無し」も気にならないかな?という思惑だったのですが。

このクラスのレンズでは、TAMRONの新型70-200F2.8VC(A009:1,470g)が今は一番人気(もちろんC社・N社の純正は別格ですが)
SIGMAのOS付き70-200F2.8(1,430g)が少し廉価です。
ただ、この2本はでかくて重いです(フルサイズ用ですし)
PENTAXQ7と06 TELEPHOTO ZOOM(69-207mm相当F2.8)を買って…というのも考えたりしました。

28-75mmの補完も兼ねて、ペンタ用の100mmマクロを加え(100マクロは欲しいです。ずっと後回しになってますが)と考えていたときに、ふと目に留まったのが、DA★50-135mmF2.8SDM(中古:美品)

望遠側がやや短いので躊躇していたのですが、画質は★レンズで折り紙つき(しかも純正)
重さもAPS-C用ということもあって、フルサイズ用と比較するとすごく軽量です。フード長いですが(笑)
200mmまでの望遠で無くても良いか?というのが今回の妥協点。
これ以上の望遠域は、別のレンズで実現しましょう。

*

このクラスのレンズとしては、ずば抜けて軽量の685g
小型軽量のK-5と組み合わせると、それでもレンズが大きい目ですので、都合でBGを装着してもいいかも?
今回はじめて、PENTAXのSDM(超音波モーター)レンズをさわりました。
そういえば、AFのスターレンズも初めてになります(M★300F4がある)
まだ家の中でちょこっと触っただけですが、小気味良く、わずかな作動音で合従するAFは気持ちよいです。
撮影が楽しいレンズになりそうな予感で、凄く楽しみです。
さすがに明るい望遠はボケがすごいですね。
遅いと評判のペンタの超音波モーター(SDM)ですが、遅くて困ると感じる事は無かったです。
フードを付けると、けっこう大きいので取回しが悪いぐらいが弱点です。


DA★50-135
重くはないですが、けっこうかさばるのです。



smc PENTAX-DA★50-135mmF2.8ED AL[IF]SDM
レンズ構成 14群18枚
絞り羽根枚数 9 枚
最短撮影距離 1 m
開放F値 F2.8
最大径×長さ 76.5x136 mm
フィルター 67 mm
重量 685 g



SONY DSC-RX100


関連記事
  1. 2013/12/19(木) 00:12:18|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
<<試撮 | ホーム | シャケ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: