FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

同期するために、非同期にする

友人のBLOGで、HDDがクラッシュして撮影データが飛んでしまったという話で
例によって『バックアップ談義』が再燃しておりました。

バックアップの話は、寄せては返す波のように、パソコン創成期から繰り返し、繰り返し論じられてきた話題です。
「わかっちゃいるけど」というのと、年々肥大化するファイルの量に、目を背けている人も多いわけです。

*

さて、その昔、GoogleMapがサービスを始めた時にその発想が画期的だったのです。
オンライン地図であるはずの「GoogleMap」は、ドラッグしてもあたかもローカルに地図が有るかのように地図の隣を表示させます。(まだまだ回線速度が遅かった頃の話です)
これが他の地図サービスとの決定的な違いで、他のオンライン地図はスクロールすると必ず「砂時計」が回転して、しばし待たされたのでした。

なぜGoogleMAPだけに可能だったのか。

GoogleMapは、現在表示されている地図の「隣」を先回りしてDLしておくという事を行っていたのです。
こういうのを『非同期のDL』というそうですが、結果的にGoogleMapを閲覧する人はストレスなく地図をスクロールできたのです。

*

さて今回、他のBLOGで話題になったクラウドストレージサービスですが
それまでもサーバーにファイルをUPして保存(共有)するサービスはあったのですが、Dropbox等によって実現されたサービスは、非同期に同期する事が最大の特徴であり「快適」だった訳です。

サービスに加入して、常駐ソフトをインストールするのですが、
ローカルの特定のフォルダにフィルを保存すると、自動的に(順番に)サーバーと同期を図ります。
要するに、作業する人は「UPし終わるまで」待たされないのです。
ここが肝心で、常時接続環境で有れば(今では当然ですが)バックグラウンドでいつの間にやら同期が終わっているという事ですね。

同期する(バックアップする)事を意識させないサービスである事が画期的なんだと思います。

毎日一回、ファイルを他のHDD等に保存すれはOKとしても
例えば、バックアップ用のソフトに設定をしておいたとしても

まずはそのソフトを起動して「スタート」ボタンを押さねばバックアップは開始されません。
タイマースケジュールを組んだとして、その時間はシャットダウンができません。

もちろん、ファイルサーバー等を立てればいいわけですけど。
個人でパソコン一台で使っている場合は「そこまでしなくても」とついついサボりがちになります。
そして、忘れた頃に災難はやってくるのでした。

*

別の友人が 「BitTorrent Sync」 というサービスを見つけて来ました。
これはP2P技術でもう一台のPCに、サーバーを経由せず直接ファイルを同期させます。
これだと、2台のPCが同時に起動している必要はありますが、容量は積んでいるHDDの容量にのみ依存する訳で、昨今では数TBであっても実用的な範囲に入ってきています。

何せ、毎年デジカメのファイルだけで、数十GB超のファイルが増え続けています(今年はさらにカメラの画素数が増えたので、もっと多い気がします)
クラウドストレージでは、無料の部分は「数ギガバイト」がせいぜいですから、全然容量が足りないのです。

自動的に同期されるという所は同じですから、使い勝手は同じという事になると思います。
まだ、アルファ版のサービスなので、心配な人はもう少し様子見が良いかと思いますが。


京都水族館
雲の次は、水母かも?




K5+DA18-135WR


関連記事
  1. 2013/08/11(日) 00:07:11|
  2. PC
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
<<hara donuts | ホーム | あふた朝光寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: