FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

Kyoto Aquarium

京都水族館へ行って来ました。
京都水族館は、JR京都駅のすぐ西。梅小路公園の一角にあります。
なんと、去年(2012年3月)開園なので、まだ1年半にもなりません。
位置を聞いて分るように、すぐ近くには海がありませんので、完全な人工海水利用型水族館(日本初)になります。
水槽総容量は約3,000t。全水量中の約90%に及ぶ必要海水量は、高性能濾過システムによって生み出される人工海水で全て賄われます。
まぁ、沖縄美ら海水族館の「黒潮の海水槽」だけで、水量7,500tなのですが、あちらは目の前に無尽蔵の奇麗な海水がありますからね。
ちなみに、海遊館のジンベエザメが居る「太平洋」水槽は、最大長34m、深さ9m、水量5,400tですが、
こちらは、船で外洋(和歌山県日ノ御崎の沖合)から海水を運んで来るそうです。
-wiki等より-


JR京都駅より徒歩だと15分ぐらいなのですが、真夏の京都で長時間歩くのは「自殺行為」なのでバスに乗りました。
205系統で、3つ目のバス停です。


京都水族館
さすがに、建物が新しいので、かっこいいです。


京都水族館
施工は大成建設です。


京都水族館
青いタイルのプールが奇麗でした。


京都水族館
涼しげですね。
実際には、猛暑で溶けそうなのですが。


オオサンショウウオ
さて、京都水族館の目玉の一つが、鴨川にも生息する「オオサンショウウオ」
ご存知、世界最大の両生類で、特別天然記念物に指定されています。


オオサンショウウオ
こんな感じで、たくさんまとまっていると、あまり天然記念物という気がしませんが。
ここに居たのは、体長100cm 程度のが多かったですが、最大150cmにもなるそうです。
通常、野生では、50-70cm程度までしかならないそうですが...


オオサンショウウオ
ここに居たのは、全部日本固有種だと思いますが、鴨川水系では、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化したものとの「混雑」が進んでおり、野生のオオサンショウウオで日本固有種は 2パーセント、中国種も8パーセント程度で、9割までが混雑種になってしまっているらしいです。
(wikiの記述よりもさらに「混雑」が進んでいます)
実は、混雑種の繁殖力が非常に高いのだとか。

チュウゴクオオサンショウウオ自体が絶滅危惧種なので、簡単に「外来種として排除」してしまう訳にはいかないのが難しいところだそうです。


オオサンショウウオ
おめめ、かわいいのですが。


オオサンショウウオ
こんな水槽です。


オオサンショウウオ
オオサンショウウオのお菓子とか、ぬいぐるみとか、いっぱいありました。
最近の水族館は、グッズ(おみやげ)の売り上げが主な収入なのかもしれませんね。


続きます。




K5+DA18-135WR


関連記事
  1. 2013/07/12(金) 00:07:11|
  2. DA18-135mm WR
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:3
<<Kyoto Aquarium 2 | ホーム | 長谷池>>

コメント

セッティングを変えたせいか

断然色乗りが良くなっていますね。(^^)
中でも今回のものは特にいい。
  1. 2013/07/12(金) 08:40:15 |
  2. URL |
  3. うら #-
  4. [ 編集]

いや、もっと積極的でもいいかも(^^;)

でも、これまでのものに比べればいいが。(^^;)
  1. 2013/07/12(金) 08:43:51 |
  2. URL |
  3. うら #-
  4. [ 編集]

カスタムイメージ

ペンタのカスタムイメージには
「鮮やか」「ナチュラル」「風景」「雅(みやび)」「ほのか」「銀のこし」「リバーサルフィルム」と「モノトーン」と8種類があり、デジタルフィルタ系とは別の選択肢になっています。
今回、ナチュラルなのですが
背面十字キーが中央の[OK]長押しで、AFポイントの移動と、設定へのショートカットが交代します。
右矢印が、カスタムイメージの変更ボタンなので、AFポイントを変更しようとして、カスタムイメージを変えてしまったのでしょうね。
さて、特徴的なのでは「ほのか」と「銀のこし」があって、意図的に使えば作品作りに生かせますが、勝手に変わってしまうとえらい目にあいます。
「鮮やか」あたりもなかなか良いです。
さらに、各設定に詳細パラメーターがあるので、これをいじると訳が分らないぐらい多様な設定があるのです。
少し勉強してみます。
  1. 2013/07/12(金) 12:25:42 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: