FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

10秒でレタッチ

知人と画像のレタッチの話をしていたので、ネタにしてみました。
鳥見に出ると、1000枚から押しますが、これを分類してから、ピンボケやらを削除して、さらに同じような画像やら、あっち向いたような画像とかも削除します。
これが結構大変なのです。
で、残った画像から、何枚かセレクトしてBlogに掲載します。

ここからが、レタッチなのですが
トリミングが無かったとしても、ちょっとだけさわってから掲載します。
普段は、あまり手をかけませんので、セレクトが終われば(一日分は数枚なので)レタッチはすぐに終わります。

ほぼ全て、JPEGで撮っているので、レタッチにはPhotoshopエレメンツを使います。

Photoshopは、プロが使う画像処理ソフトの定番ですが、高価な事と、ほぼ毎年バージョンアップされるので、サブセット版にあたる、エレメンツしか使った事はありません。
それも最新版では無いのですが。

正規版のPhotoshopCSx等は、アルファチェンネルとか、アクション(自動化)などが走るのですが、私程度の使い方では元が取れませんので買いません。
永らくOSがWindows2000でしたので、EL2を愛用していましたが、Win7に変えたらインストールできなくなったので、仕方なくEL8を買いました。

Photoshopを使うのは、定番ソフトなので情報が得やすいこと(解説本含む)
前に使っていたマイナーなレタッチソフトが廃盤になった事、等です。
どうせ使い方を覚えるならPhotoshopが良いかなと思って導入したのがきっかけです。

Photoshopと言っても、印刷物のロゴやらを作ったりしている人もいるわけですが
私が使うのは、デジカメ画像の修正、救済がほとんどです。

もし、RAWをさわるつもりなら、純正ソフトか、
adobeならライトルーム、あるいはシルキーピクス等が良いでしょう。
実は、ライトルームでもJPEGがさわれますし、ペイント系の機能は不要なので、私の使い方ならそっちの方が良いかもしれませんが、使い慣れているというだけで、Photoshopを使ってます。

私がやる事は(もちろん修正不要のものはさわりませんが)

1.レベル補正で明るさ等の補正
2.ホワイトバランスの補正(ひどいときだけです)
3.回転・トリミング・リサイズ
4.シャープネス
の4つがほとんどです。
ここで、ホワイトバランスが気に入らないときは結構時間を食いますが
それ以外なら、タイトルどおり、10秒も有れば完了します。

たまに、変形(遠近法で、あおり効果)
ごみ取り(電線を消したりもできます)
文字を入れたり
2枚を連結したり...と言うような事もやります。



まず、Photoshopエレメンツをインストールしたら、環境設定をします。
定規はピクセルに変更

Photoshop


次にビューワとの連携を確立します。
私はオーガナイザーを使ってませんのでこういうことになるのですが
フリーソフトの「IrfanView」というソフトを使っています。

IrfanView の環境設定で、連携ソフトにPhotoshopを登録しておくと
IrfanViewで表示中に[shift+E]で、Photoshopにデータを渡せます。

Photoshop



さて、Blog用に使う画像を作成する手順です。

たくさんのWindowがPhotoshop内に用意されています
私が表示しているのは、

Photoshop

■効果
■レイヤー
■ナビゲーター
■ヒストリー
の4つです
普段は、レイヤーは使いません



さて、実際の作業です。
IrfanView から渡されたファイルが表示されていますね(もしくはフォルダからドロップでも良いです)


で、まずは、『レベル補正』
エレメンツ8には、ちゃんとしたトーンカーブが無いので
ほとんど、この「レベル補正」コマンドでやります。


[ctrl+L] レベル補正ツール
もちろん、文字コマンド使用時以外では、IMEはOFFです。
Photoshopを快適に使う胆(きも)は、いかにショートカットキーを使って手早くコマンドを選択するかだと思います。
実際に使うコマンドは、数種程度なので、例えば3つだけ覚えてもずいぶん早くなります。



Photoshop

まずはレベル補正コマンドで、ヒストグラムを確認します。
ヒストグラムのグラフを見ながら、入力レベルのスライダーを動かします。

露出がオーバーの場合、ヒストグラムの山がハイライト側に偏っ ていて、シャドウ側にはほとんど階調がない状態になっています。逆の場合も同様です。
この画像の場合、シャドウの入力レベルスライダを右へドラッグし、階調の山がない部分を カットします。
すると画像の黒い部分がより黒くなり、全体のコントラストが上がります(黒が締まる)

左の山が無くなるところまで、左のスライダーを移動
同様に右も少し移動
中間調の入力レベルスライダを右にドラッグすると、画像全体の階調幅に変化はないのですが、
ハイライト部の階調を減らしてシャドウ部の階調に割り当てるため、画像の中間調部分が暗くなります。

全体に白っぽくなってしまった画像も、シャドウ部の入力をさわる事で、ずいぶんとマシになります。
ハイキーでの撮影とか、意図的にふわっと仕上げたい場合は、逆効果なので工夫してください。

あと、レベル補正コマンドでは、ホワイトバランスの補正も可能です。
試しに、自動補正ボタンを押してみると、明るさやホワイトバランスも補正されますが、だいたい「けばく」なるので、RGB各チャンネルでいじる事になります。
もしくは、自動補正の下のスポイドツールは、左から「黒・グレー・白」を指定するツールです。
本来、白い部分が画面に有り、そこが色かぶりとかしている場合は、このスポイドツールをクリック後、該当箇所をクリックするだけで、ホワイトバランスが一発で補正できる事もあります。


Photoshop




[C] 切り抜きツール
トリミングする場合です。
ショートカットキー[C]もしくは、左のコマンドアイコンの上から10番目の切り抜きツールを起動


Photoshop

トリミングする場合でも、基本的に、元の縦横比で切り出す事にしているので
上の「縦横比を選択」で「写真の縦横比を使用」を選びます
で、その横の「幅」のところに出来上がりのピクセル数(私の場合800)を入力したら、自動的に「高さ」が入ります。
縦位置撮影の場合は、縦と横の間の矢印をクリックすると、縦横が反転します。

これで、どのようにトリミングしても、上記で指定した縦横の大きさの画像が出来上がります。
ドラッグして、失敗したら、枠をつかんで移動したり、大きさを変えたりもできますので、大まかに選んで微調整してください。


Photoshop

トリミングせずに、リサイズのみの場合は
[ctrl]+[alt]+[I]で、ダイアログを出します。




Photoshop



アンシャープマスク
効果のところで「シャープ」を出しているので
リンゴの絵をクリックし「適用」を押せば、アンシャープマスクコマンドが立ち上がります。
できるだけ控えめに、シャープネスをかけて終了です。

リサイズするとどうしても甘くなるので、少しだけアンシャープマスクをかけます。

半径は 1 ピクセル
しきい値は 0 でやっています。






Photoshop
出来上がりがこれです。



Photoshop
ちなみに、こちらが元画像のリサイズのみ



もっと劇的に良くなるのもありますが、こんな手順です。

レタッチが少なくて良いもの(リサイズのみとか)が理想ですが
なかなかそういうわけにもいかず。
遠くて、トリミングしないと絵にならない場合も多いですから、基本レタッチして掲載になります。

実際、ホワイトバランスをさわらない場合は、一枚10秒ほどでレタッチは完了です。





関連記事
  1. 2012/08/29(水) 23:08:29|
  2. PC
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2
<<在庫のコチドリ | ホーム | タイラ ノ キヨモリ>>

コメント

はりーさん勉強になります(^^)

僕の場合は、GIMPでカメラ画像を縮小しています
あとトリミングする程度です。
ただ写真を写している時間と枚数が少ないのが勉強不足の
原因なんです。
でも最近は散歩時間1年前より少し長くなりましたよ(^^)
  1. 2012/08/30(木) 21:27:00 |
  2. URL |
  3. おたけ #oKUqqsRc
  4. [ 編集]

GIMP

おたけさん
Win7マシンを買ったときに、PhotoshopEL4がインストできなかったので、GIMPに鞍替えしようかと思って使ってみたのですが、使い勝手のリズムが悪くて(慣れの問題が大きいと思いますが)EL8を買ってしまいました。
主に、アンシャープマスクが決まらなかったのが主因です(使い方が悪いだけかな?とも思いますが)

WBの補正と、トーンカーブをいじれば、失敗気味のも蘇りますよ(笑)
  1. 2012/08/30(木) 22:47:16 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ エナガ シジュウカラ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: