FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

双眼鏡を衝動買い

昨日、梅田周辺をうろうろしてましたが、主にヨドバシカメラを偵察してました。
あいも変わらず、カメラ売り場です。
最近は、本体やレンズは対象外で、もっぱら三脚等です。

おぉ、これは!
というのが、SLIKから出た新作(SC 703 DX 脚)
脚径32mmの3段で、エレベーターがギア式でない(軽量という事です)シンプルなタイプ
何故か、大型三脚なのに、2万円少々というお値段(ちなみに、2万は安いですw)
(帰ってネットで見たら、安いところで2万を少し切ってました。)

何かの間違いか?と思ったら、アルミ脚でした(なるほど)
重さの表示が、セットの雲台込みの表示になっていて、店の人に聞くと素早く計算して「2.51kgですね」という話。
思ったより軽く感じて、これならいけそうかも?と思いました。
実際、ほぼ同じで、カーボン脚(SC 703 カーボン)が、1.98kgですから、500g強重いです。
それでも、今の28mm径のカーボン三脚が1.6kg程度ですから、1kgほど重くなる理屈。
逆に言うと、お値段は倍以上ですが、アルミ→カーボンで、500gほどしか軽くならないのです。
たかが500g。されど500g。

SC703DX


BENROとかにも、32mm脚のアルミは有ったと思います。
3段で2kgで抑えるか、2.5kg程度を許容するか?です。
BENROとか、シルイのシステマティック32mm径三脚(カーボン脚)は、おおよそ2kgぐらいで、SC703カーボンとほぼ同じ重さです。

そもそも、大本命であるはずのマンフロット#535が、本体2.3kgで、さらにレベリング用のベースが必要な事。
ϕ34mmの脚径はともかく、伸ばして170cmを超える高さもオーバースペックな事です。
伸長でもう少し短くても、2.1kgぐらいだったらよかったのに。

この日は、感覚的には「2.5kgもアリかな?」と思ったのでした。
さて、どうなりますか?
やはり、国産品の安心感はあります。

*

さらに、あまり用も無いのに双眼鏡のコーナーをうろうろ。
今のアトレックのひもが細いので、ひもを変えようかと思案です。
カメラ用の細めのやつを物色です。

ふと、りかゆんがあまり双眼鏡を使わないのを思い出しました。
私より目は良いのですが、乱視です。
アイポイントが短いNikonのを使ってますが、船酔い?したみたいになるので
あまり使わないとの事。
10倍というのがいけないのかな?
私のが8倍なので、シギチやカモ用に10倍の方が良いかと思ったのですが。


それなら、軽い方が良いだろうと、6倍のを探してみました。
安いのはひどい見え方ですが、高性能でも重量級は本末転倒。
だいたい、6倍のはあまり無いですね。

2つ3つ目についたのを覗いてみて、ふと鮮やかなグリーンの双眼鏡が目につきました。
これは8倍かぁと隣を見ると、水色と黄色のが6倍です。
ケンコーの6倍のも見ていたのですが、こっちの方が見た目がかわいらしい。
性能的にも特に変わらないので、これに決定です。


ARENA H6x21WP

ビクセン アリーナ H6x21WP



ついでに少し双眼鏡について書きますが
まず、基本的に鳥を探すのは裸眼(眼鏡可)です。
動いたものを見つけたら、双眼鏡で「何という鳥か?」を確認
お目当ての鳥だった場合、おもむろにカメラを向ける訳です。
カメラに比べたら、圧倒的に視野の広い双眼鏡ですが
双眼鏡で探すのは得策ではありません。
ましてや、カメラの望遠レンズで探すなど不可能です(視野が狭いから)

で、そういう用途に向いているのは、8倍程度の双眼鏡なのです。

私が使っているのは
Vixen ATREK 8x25
8倍で口径が25mmの双眼鏡です。
8倍と言うのは、見た目、対象までの距離が 1/8になると言うことです。
80m離れた物が、10m先に有るように見える訳です。
口径が大きいほど明るいですが、当然重くなります。

それ以外のスペックでは(私もあまり理解してないので、判る範囲では)
重さ:360g
アイレリーフ:18mm(メガネをかけている人は、この数字が15mm以上が良いと言われています)
1000m先視界: 122m(直感的に、これで、視野角が広いか狭いか判りますね)

基本的には、明るく(口径が大きく)て視野が広いほど良いです。
アイレリーフが長いと、通常視野が狭くなるので、痛し痒し。
当然、倍率が高いほど、視野も狭くなる理屈です。
もちろん、軽いに越したことは無いですが、性能と重さはある程度比例するようですし。

で、今回購入した、アリーナ H6x21WPは
重さ:210g
アイレリーフ:11mm(りかゆんは、メガネでは無いのでOKです)
1000m先視界:128m(6倍ではありますが、私のより広いです)

最後の決め手は、見た目だったりしますけど。




PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME



関連記事
  1. 2012/08/20(月) 23:08:20|
  2. その他の撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4
<<平 清盛 供養塔 | ホーム | 天満ではしご>>

コメント

カメラ売り場で…

三脚に目を輝かせているヒトがいたら…鳥撮り人というわけですね、、
  1. 2012/08/21(火) 20:15:13 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

まぁ。

ボディに目が奪われているようでは、まだまだですね。
次にレンズ...
やはり、三脚の違いが分る漢にならないとね(笑)


うそです、すいません。
  1. 2012/08/22(水) 00:29:27 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

勉強になりました

双眼鏡といえば視野が広く明るいものが良いとは思っていましたが、
いろいろな選択のための要素があるんですね。
  1. 2012/08/22(水) 12:42:18 |
  2. URL |
  3. hiroinouye #6dcvf9aw
  4. [ 編集]

双眼鏡も奥が深いですw

hiroinouyeさん
あまりすごくないものでも(でも安物でもない)双眼鏡を一つ持っていると楽しいです。
最初は低倍率で比較的軽いのが良いでしょうね。
倍率が高いと大きく見える訳ですが、どこを見ているのか分らなくなりますし、手振れ補正内蔵以外のは、船酔いみたいになります。
もちろん、ズームは全然だめで、広角端しか使えませんので意味ないです。
そういう意味では、6倍ぐらいの双眼鏡も良いかもしれません。一応スタンダードは8倍ぐらいでしょうね。
スワロとかライカだと20万とかする双眼鏡も普通にありますが、そんなに高価な双眼鏡でなくても快適です。
眼鏡の人は、ぜひハイアイポイント(アイレリーフが15mm以上のもの)を選んでください。快適です。
明るいのも良いですが、重くて肩が凝るのも困ったものです。
このブルーの6倍のも、グリーンの8倍のも5000円少々で買えます。
実際に覗いてみると、値段の差も、重さも納得できますよ。
実は、500gぐらいある8x32φのを見て、明るくて綺麗で欲しいと思ったのですが、今の1.5倍近い重さはどうかと思って(撮影機材が何も無ければ良いのですが)ひるんでしまいました。
  1. 2012/08/22(水) 13:09:01 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コマドリ コチドリ シマアカモズ シロハラ アトリ イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: