FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

こんなはずでは...

eos7D


KissX6が発表になって、新型イメージャが1800万画素、撮影面位相差素子の埋め込みによるライブビューAFの改善を目指したものに確定しました。

APS-C機において、同じイメージャの使いまわしの可能性が高いとすると、70Dもしくは7D2となる後継機でも現行機からの高感度耐性の向上はあまり期待できないという事でもあります。
もちろん、DIGIC4から5に進化するわけで、ノイズリダクションとかは進化すると思われますが、素性はほとんど変化が見られません。

そうすると、まだ何ヶ月か先の発表から発売(現時点で未定)、さらにそこそこ値がこなれてからの購入となると1年ぐらいは待たないといけないということになります。
それならすでに底値に近い、現行の7Dもしくは60Dを安値で購入して早く使う方が良いのではないかと思うわけです(思ったような進化が無かったため見送った訳だったのですが)

リプレイスを決意したのは、アカショウビンをISO1600で撮っていて、撮っている時はそこそこかな?と思っていたのですが「帰ってみてみてがっかりした」というのが一番の要因。
撮れてないより撮れたほうがよい訳ですが、ちょっとがっかりなわけです。
やはりEOS40DのISO1600は使い物になりません。
と言ってISO800では全然足りません。

すでに2年近く経過したSONY製の1600万画素イメージャ(K5で使用中)だと、ノイズリダクションの自然さとかはありますが、ちょっと妥協すればISO6400も充分使い物になります。それ以上も場合によっては可です。

Canonの次期APS-C機は”これと同等もしくは凌駕する”ような高感度耐性を備えた新型イメージャを引っ提げて、他社を圧倒するはずだと思っていたのですが。
その点では非常に残念です。

でも決めたのです。
EOSをリプレイスすると!!


という事で、見に行ってきました>ヤ○ダ電機
ちゃんと7Dも60Dも動くのが置いてありました。
しばらくさわりまくっていたのですが、懸念したファインダーは気にするほどは無く、「どちらでも良いかな?」というところです。
やはり7Dのほうがファインダー倍率が大きいですが。

高速連写機の中古はどうだか?なので、やはり新品かなぁ?
行くまでは、お値段2/3だし、60Dでよいかな?と思った訳ですね(軽いし)


しかし、さわったらダメですね。シャッターフィールとかは7Dの圧勝です。
非常に心地よいシャッター(反動)です。
重いのも特に気にならないのと、横位置で使う限りはマルチコントローラーのほうが操作しやすく、やはり60Dとはクラスが違うなぁというのが正直なところ。


また、2007年8月発売の40Dからは隔世の感があります。
と言っても、7D自体が2009年10月発売なので、すでに3年ぐらい経つわけですが。

実は、今回、ファームウエアのUPによる、ISOオートの上限設定(変更)ができるようになるというのも7Dに決めた理由でもあるのですが配布が8月上旬とのこと。
もうちょっと待たされるようです。
ファイル名のカスタマイズもできるようになるらしいですが、半月ほど使ってファイル名が変わるのもどうだか??

しかし、そんな事を言っている場合ではありませんね。
今度の日曜までに設定を把握しなければ...


eos7D

約1800万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
デュアル DIGIC 4
最高約8コマ/秒連写。
約126枚の連続撮影JPEG(L/Fine@Ultra DMAカード)
常用ISO感度100~6400(感度拡張12800)
AIサーボAF II
オールクロス19点AFセンサー
63分割デュアルレイヤー測光センサー採用iFCL測光システム
視野率約100%、倍率約1.0倍の光学ファインダー
マニュアル露出対応、フルHD動画記録機能・EOSムービー
3.0型クリアビュー液晶II(約92万ドット)
水平・アオリの2軸に対応。デュアルアクシス電子水準器
マグネシウム合金製ボディー・防塵防滴構造
148.2(幅)×110.7(高さ)×73.5(奥行)mm
質量 約820g(本体のみ)





PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME



関連記事
  1. 2012/07/26(木) 22:07:26|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4
<<双龍居ビル | ホーム | 密かに狙っていた。>>

コメント

おめでとうございます

新兵器投入おめでとうございます。
  1. 2012/07/27(金) 12:05:30 |
  2. URL |
  3. hiroinouye #6dcvf9aw
  4. [ 編集]

スル―の予定でした。

hiroinouyeさん
5D3が比較的まっとうに進化したのに対して、APS-C高速連写機は迷走気味です。
希望としては、
1.最低ISO6400が許容できる高感度耐性
2.画素数は、1200~1600万画素(1800はなんとか許容範囲)
3.秒7-8コマの連写速度
4.40Dと同程度の連写枚数
5.F8に対応した位相差AFポイント
いろいろありますが、上記は是非達成いただきたかったですが、どうやら全部は無理っぽいのです。
それでも、今回スル―したら40Dでは辛い部分が多くなりすぎなので、決めてしまいました。
やっぱりEF400mmは好きなので。
パソコンのスペックでもそうですが、ある日「ダメだ!」と思ってしまった気持ちは元に戻らないですね。
  1. 2012/07/27(金) 12:21:13 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

いいと思いますよ。

7Dは間違いなく銘機ですし、ファームアップの繰り返しで安定しているので、良い選択では無いのでは?

20万以下の普及版フルサイズについては、三強が、最初に誰がじゃんけん出すかみたいな(笑)感じですし、王者Canon様はついにAPS-Cにミラーレス持ち込んで、SONYとバトル始めちゃったし。

APS-Cの光学ファインダー機が直ちに無くなるとは断言できませんが、7DやK-5みたいな手抜き無しの高級機は、もしかしたらもう出さないような予感がするのです。
  1. 2012/07/30(月) 23:47:32 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

確実な進化

K10Dからだと確実な進化を体感できたK-5です。
K10Dより上だった40Dから、K-5よりやや落ちる(高感度耐性においてね)7Dだったので、当初はスルーで決定だったのですが、次も「それほど?」みたいなので、こういうことになってしまいました。
総合的には7Dがすばらしい(かつ、お値段も良い感じ)なのは承知の上の話なのですが。
結局、「EF400F5.6がちょうど良い」という事なのでしょうね。
ペンタには鳥用のキラーレンズがありません。
そういう意味では、Nikonにも無いかな?(ゴヨンの前にはね)


  1. 2012/07/31(火) 00:21:19 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 キョウジョシギ キアシシギ トウネン シロチドリ アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ コゲラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: