FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

夏の赤いこ

さて、もう一種のお目当ては、なかなか姿を現しません。
営巣中なのですが、もうだいぶ雛が大きくなっているので、あまりエサを運んで来ないのだそうです。
だいたい、うちはこの日初めて行った訳ですが、他の方はだいたい複数回来ている方ばっかり。
なので、飛びつきのシーンとかを撮るのに、じっと待っておられる訳です。
こちらは、あっちこっち気になるので、ちょっと他を撮っては帰ってくるパターン。

それにしても、明るいとはいえ森の中なので光が足りません。
飛びモノを狙うわけではありませんが、マイナス補正して、ISO1600にして、ようやく1/100秒程度しかシャッターが切れません。
EOS40Dでは、あまりISO1600は使いたくないのですが、この際しょうが無いのです。
さすがに、1/30秒とか言うわけにはいきませんので。

朝は少し出てくれたらしいですが、私たちが行ってからは、ちっとも現れません。
と、思ったら、赤い影が飛んできて、次の瞬間居なくなりました。

あれかぁ!!!!

またしばらく、待ちです...

ようやく姿を見ることができましたが、一枚も押せず...
となると、悔しいので、何とか1枚でも押したいものです。


・・・・



という事で、ようやく機会が訪れました。

アカショウビン
獲物を巣に運ぶ前に、このあたりに一時止まるよ
という枝を教えていただき
巣に飛び込むところは我慢して、枝どまりを狙う作戦にしました。

どうせ飛び物は、シャッタースピード遅くてぶれぶれだろうし。


アカショウビン
カエルみたいですね。
これなら、雛もお腹いっぱいになるのかも?


アカショウビン
夏の赤いこは「アカショウビン」」なのです。


アカショウビン
普段は、声はすれども姿は?
なのですが、営巣中は定期的に巣のあたりに帰ってくるので、そのときが撮影のチャンスなのです。


アカショウビン
「ヤマセミ、カワセミ、アカショウビン」と言いまして
カワセミ科の鳥は人気ですが、これでようやく三種とも見ることができたわけです。
ちなみに、カワセミもヤマセミも、留鳥なのですが、アカショウビンは唯一渡り鳥
夏で無いと見ることができません。
数も少ないので、普段は滅多に姿を見ることができない人気の鳥なのです。



アカショウビン (赤翡翠、学名: Halcyon coromanda) ブッポウソウ目カワセミ科
日本では夏鳥として渡来し、北海道から沖縄までほぼ全国で繁殖するが、渡来数は少ない
体長は約27センチメートル。翼開長は約40センチメートル。ヒヨドリと同じくらいの大きさ
食性は動物食。渓流に飛び込んで魚やカエル、サワガニ、水生昆虫などをとらえるが、地面のカタツムリやトカゲをとらえたり、木の幹のキリギリス、セミ、バッタを横から襲うこともある。
-以上wikiより-




EOS40D+EF400mmF5.6L+EXTENDER 1.4x






関連記事
  1. 2012/07/24(火) 22:07:22|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ アカショウビン
  4. | コメント:2
<<密かに狙っていた。 | ホーム | 赤色型>>

コメント

美しいですね

こんな真っ赤な鳥は自宅の近所では見たことがありませんが、感動モノですね。
  1. 2012/07/25(水) 12:48:19 |
  2. URL |
  3. hiroinouye #6dcvf9aw
  4. [ 編集]

赤い子

赤い子と言えば、夏はこのこでしょうか?
カワセミ科の鳥は人気抜群です。
普段は、森の中で滅多に姿を現しません。
赤い子がほぼ必ず見られると言うので、結構遠方からも来てました(うちらはまだ近い方です)
アカショウビンはいつもバーダーの見たい鳥ベスト3に
選ばれているそうです。
  1. 2012/07/25(水) 19:25:10 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: