FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

トゥト アンク アテン

Tut-ankh-aten
エジプト第18王朝の若き王「ツタンカーメン」は、即位の時にはツタンカーテン(トゥト・アンク・アテン:Tut-ankh-aten)と名乗っていました。
我々が知る、ツタンカーメンという表記は、アメン信仰に改宗した後の、トゥト・アンク・アメン(Tut-ankh-amen)から来ています。

ツタンカーメンは、彼の父「アクエンアテン」が、唯一神「アテン神」を戴く宗教改革を行った反動から、アクエンアテンの死後、アメン神をはじめとする多神教の司祭たちによって巻き返しに合い改宗させられた上、その後エジプト王朝史からも抹殺されてしまった悲劇の王だった訳です(推測も含みます)

20世紀最大の発見といわれる、王家の谷での KV62(ツタンカーメン王墓)の発見により、一番有名な王(ファラオ)になってしまったのは皮肉な事かも知れません。
唯一、未盗掘の墓として、ツタンカーメン王墓が 1922年に考古学者ハワード・カーターによって発見されたことは皆さんも良くご存知の事と思います。

海外で行ってみたいところはいろいろありますが、
ツタンカーメンが眠るKV62や巨大なピラミッドがあるエジプト
あと、ガウディに会いにバルセロナへは是非行きたいと思っているわけです。
が、当分行けそうにはありませんので、今回、ツタンカーメン展には何とか行きたかったという事なのです。


ツタンカーメン展
行けるかどうか不安だったので、当日券を購入


ツタンカーメン展
平日にも関わらず、10時過ぎにはすでに40分待ちの表記(9時半開館)


ツタンカーメン展
チケット売り場は混んでいませんけど。

もちろん、場内は撮影禁止です。
平日にもかかわらず、けっこうすごい人でした。


ツタンカーメン展
もう、日本でツタンカーメン展が行われる事は無いと言われています。


3000年の時と言うのは、どれほど長いものなのか?
3000年の時を経ても色あせない副葬品や当時の出土品に、莫大な富により成しえた事を思い。
現代の生活の豊かさと比べてみたり、今あるものは3000年後には何も残らないだろう事を考えたりと、
いろいろと考えさせられた展示でした。

ツタンカーメンの時代は、エジプト王朝でももっとも豊かな時代だったようですが、
それゆえに権力争いも熾烈を極め、王族間の近親婚で生まれた事による「遺伝による先天的な疾患」から虚弱な王に生まれてしまった悲しさを思ったりするわけです。
ツタンカーメンの両親は兄妹(姉?)と言われていますし、彼の后、アンケセナーメンも、彼とは母が違う姉だった訳ですから。
KV62に、彼の子供たちが一緒に埋葬されていますが、早産か死産の赤ん坊のミイラだったようです。



やっぱり、エジプトに行きたいですね。



PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME




関連記事
  1. 2012/05/10(木) 23:05:10|
  2. PENTAX Q&Q7
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:4
<<海遊館と、ATC | ホーム | 片足のホウロクシギ>>

コメント

エジプトに…

旅行をした同僚は、ファラオの呪いか、旅行中に熱を出して寝込んでしまい、ふらふら状態で帰国しました。
わたし的にはバルセロナのほうをお勧めします…w
  1. 2012/05/13(日) 20:42:56 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

どちらも行きたいです。

ファラオの呪いを回避する、お守り無いですかね?
関係者でも、ハワード・カーター博士は唯一寿命を全うしたそうなので、何か手はあると思います。
ご存知でしたら、こっそり教えてくださいね>トトロ先生。
  1. 2012/05/13(日) 21:23:21 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

ファラオの呪いに…

金比羅さんの黄色いお守りが効けばいいのですが…
  1. 2012/05/13(日) 23:16:51 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

お守り

先生、一度お守りを持って、試してきてくださいよ!
  1. 2012/05/13(日) 23:25:25 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: