FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

Aiサーボから、6割AFへ

知人が、鳥撮を始めたと言うので、昔書いた文章を引っ張り出してみました。

EOS40DとEF400mmF5.6Lをセットで買いまして
EOSで望遠時にAiサーボ(AF-C)+中央一点を常用するようになった訳ですが。

当然、レンズはEF400L USMです。
このレンズは手ぶれ補正がありませんので、基本三脚です。

自分としては、目標にきっちりとAFポイントを合わせたつもりでも、手前の枝や草に持って行かれることがあり悔しい思いをしたのをきっかけに、別の方法を考えて見ることにしました。

噂の『親指AF』です。
動体撮影の方の書き込みを見ていると、時々出てくる「親指AF」という単語

調べてみると、ボディ背面のAFボタンでAFをスタートさせる事のようです。
もちろん、初期設定でも背面AFボタンでAFはスタートしますが、何が違うのでしょうか?

結論から言うと、通常レリーズボタン半押しでスタートするAFを
レリーズボタンではAFが動かないようにしてしまう事でした。

『レリーズボタンを押してもAFがスタートしない!』

この意味を理解するのにしばらくかかりましたが、
要するに『AFスタート』と『レリーズ』を分離することでした。


親指AF設定

まず、設定項目でレリーズ時(半押し)に、AFがスタートしないように設定変更します。
レンズは、USMレンズ(フルタイムマニュアル可能)を使用します。

AF-C(Aiサーボ)にして、目標を見つけたら、背面AF-ON ボタンを(親指で)押しっぱなしで、AF駆動
ピントが合えば、レリーズボタンを押します。


EOS 40D


ここで、ピントが合わなければ、背面AFボタンから親指を離してレンズのピントリングを回してMF。
重いレンズを支えながらはきついですが、三脚に支えられていればそれほど苦にはなりません。
MFでピントが合えば、レリーズです。
実は、ここで『レリーズボタンを押しても、AFがスタートしない』にして無かった場合、
『またまたAFが駆動して元の木阿弥に帰ってしまう』のがお分かりでしょうか?

利点:
AFでも撮れるしMFでも撮れる。
AF→MFの移行に何も操作が要らない(親指を離すだけ)
ある程度AFで合わせて、MFで微調整するような事が可能(全部MFだとなかなか大変なのです)

問題点:
ピントを合わせる=親指を操作する...と言う「すりこみ」が必要で、とっさに反応できないとダメなのです。
ただ、時々MFで撮っていると、AFが合わない時は左手でピントリングを回すと言う反応は自然です。

これにより、6~7割AFという使い方になるかな?と思ってます。
少し慣れれば、それほど難しくは無いのです。

背面ボタンの位置の事もありますが、PENTAXでは親指AFができないのですよ。
なので、EOS専用の技になっています。

※上記の設定を、USER設定(canonはカスタム設定でしたね;C1、C2...)に入れておいて、望遠用に呼び出すと便利です。


さて、この後、10割MFの道に踏み込む訳ですが(笑)

と言うのは、400mmがF5.6なので、400mmでも短いと思った時に、テレコンを付けると1.4倍でもF8になってしまって、EOSでは自動的にAFを放棄してMFになってしまうからです。
実は、接点をマスクしてボディをだます技もあるようですが、結局AFが劇遅になるようなのと、一回目に失敗してそのまま止めてしまったので、テレコン付けたらMFで撮るようになりまして、現状はほぼ10割MFになってます。


PENTAX K-5

K-5の背面はこんなレイアウトです。
AFボタンで、親指AFが可能ですが、どうも位置がしっくり来ないのですよね。
まぁ、慣れの問題なのでしょうが。



PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME



関連記事
  1. 2012/02/09(木) 22:02:09|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4
<<白鳥が居なかった池 | ホーム | ペンタの大砲>>

コメント

知らなかったテクです

AFでマクロレンズを使っていると迷ってしまって行ったり来たり。。。
それがストレスとなる事が多々発生しますので、
ひょっとしてこのテクが使えるのではなかろうかと少し考えてみました。
かなりイケそうな気がしたのですが、撮るのに両手が必要ですね (汗
今まで通り、MF置きピンでレンズを前後させて片手で撮る事にします。
以上。賑やかし迄。
  1. 2012/02/10(金) 11:38:04 |
  2. URL |
  3. Toki #UIlSnlZk
  4. [ 編集]

片手撮りに限定するなら

賑やかしありがとうございます!

MF置きピンか、AF-Sでフォーカスロックしてから体で前後に移動の方が良いような気がします。
親指AFはあくまで、MFとの併用前提なので。
PENTAXの時は無かったのですが、AF-Sで合従しなくて押せない時があってから、EOSはAF-Cメインです。
それでもピン甘量産なので、最後はMFでと言うのが、逆に一番ストレスが少なかったです。
やっぱり、ピン甘量産なのですが(汗)
  1. 2012/02/10(金) 12:22:31 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

どうもお世話になります。

一度読んだだけでは理解可能です。
カメラと取り扱い説明書他を見ながらマスターします。
  1. 2012/02/10(金) 16:19:14 |
  2. URL |
  3. SANO #-
  4. [ 編集]

60Dでしたっけ?

一番解りにくいのは、シャッター半押しで、AFが作動しないように設定するところ。
もちろん、レンズのAF→MFスイッチで切り替えはできますが、親指AFができれば、AFが合わなくてシャッターが切れない、悔しい思いをすることが無くなる訳です。
一番最初に出撃して、シャッターが切れずにチャンスを逃してから、望遠はAiサーボ(AF-C)にすることにしましたが、それでも手前の枝等でAFを食われることも多く、親指AFに行き着いた次第です。
  1. 2012/02/10(金) 20:54:33 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: