FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

「K-01」よりも。

PENTAXは、海外で「K-01」の発表を行いました。
うわさサイトでは秒読みに入っていた、PENTAXの新型ミラーレス一眼
なんと、既存のKマウントのままミラーレス化です。
イメージャは、K-5と同じ1600万画素のAPS-Cサイズ

通常、ミラーレス一眼といわれるレンズ交換式カメラは、一眼レフに必須であった、クイックミラーとペンタプリズム(もしくはペンタミラー)を省略すること(ミラーレス)が基本です。
銀塩フィルムでは不可能であった、撮影中の画像をそのまま背面液晶もしくはEVFに投影することで、視野率100%のEVFもしくは、ライブビューでの撮影スタイルです。
EVFであれば、今までのファインダー撮影とほぼ同じ感覚で撮ることができます。
稼動部分のクイックミラーと、高価で重いペンタプリズムを省略することは、コストダウンと、小型軽量につながります。
通常、クイックミラーのスペースが不要になるので、ショートフランジバックのレンズを設計することで、小型軽量化が完結します。
が、その代わり、新たなレンズラインナップを設計・生産しなければなりません。

そもそも、ライカ等の二眼レフで出発したレンズは、一眼レフためにわざわざ、レトロフォーカスと言われるバックフォーカスを伸ばす設計を施されたぐらいですから、ショートフランジバックのレンズを設計すること自体は難しくない訳です。

現在のミラーレスといわれるカメラは、全て新マウントの新設計レンズなわけです。
マイクロフォーザーズしかり、SONY Eマウントしかり、ワンニッコールしかり。

現行の一眼レフレンズを使用するには、同じメーカーであってもマウントアダプタを使用しなければなりません。
AF用のマウントアダプタも発売されていて、SONYもマイクロフォーサーズも(レンズ内モーターであれば)ほぼ、AF可能です。

さて、前置きが長くなりましたが、PENTAXの新型「K-01」は、
なんと、ミラーレスであるにもかかわらず、現行一眼レフと同じ、Kマウントなのです。
当然、フランジバックが同じですから、ボディを薄型にすることはできません。
その代わり、新型のレンズを設計・生産する必要が無いわけです。
二番手メーカーで、開発リソースが限られるPENTAXとしては、苦渋の選択であったかもしれませんが、結果的には、良かったのかもしれません。

やはり新マウントを起こすなら、最低でも3-4本程度のレンズはスタート時に出さないといけませんものね。

PENTAX K-01
マーク・ニューソン氏のデザインだそうです(レンズも同氏のデザイン)

元々、超薄型のDA40をさらに極限まで薄く設計し直して、キットレンズに持ってきました。
実は、PENTAXユーザーではありますが、特にこのカメラが欲しい訳ではありません。

たぶん、しばらくするとお値段も下がって割安感も出るかと思いますが、ミラーショックが無い望遠撮影というのもちょっと興味はありますが、老眼の進んだ目では、EVFが無いボディでは快適に撮影することは難しいと思われます(全部AF頼りならマシかもしれませんが)

*

さて実は、今回書きたかったのは、ほぼ同時に発表になった
PENTAXの新レンズロードマップ発表の事です。

【2012年発売】
「DA 40mm F2.8 XS」(海外発表済み)
「DA Standard Lens」(50mm程度)
「DA Telephoto Lens」(550mm程度)
「DA High Magnification Zoom Lens」(18-250mm程度)

【2013年以降発売】
「DA Zoom Limited」(22-38mm程度)
「DA Tele Zoom」(120-380mm程度)
「DA Wide Zoom」(12-28mm程度)
「DA★ Zoom」(15-85mm程度)
「DA AF RC 1.4x」(1.4倍のテレコンバーター)

なななんと!
550mm程度のDAレンズ(非★)が今年中に発売されるというではないですか!
★で無いのは、たぶんF4では無いという事だと思います。
F5.6かもしれませんが、PENTAXから待望の大砲(中砲?)が発売されるのです。

これは、私自身のレンズ(いや、ボディも三脚も)ロードマップを考慮し直さねばならないかもしれません。

待望のSDM対応リアコンも出るみたいですし(2013年以降というのがちょっと気がかりですが)
その他のレンズも、いろいろ。
新しいレンズは(買う買わないは別にして)すごく楽しみなのです。

今年は楽しみだなぁ>PENTAX




関連記事
  1. 2012/02/03(金) 22:02:03|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4
<<今日は何の日 | ホーム | Webアクセラレーターの設定方法>>

コメント

これはおもしろそう。

DA Wide Zoomとイエローのモデル(K-01)が欲しいです。
ファインダーが必要ならK-5かその後継機を買えばいいわけで、K-01によってK-rはラインアップから消えるのでは?

コストの掛かるファインダーやミラーボックスが無くなる訳ですから、当然安いでしょう。そこが決め手!?
フランジバックの部分が無駄だとの判断も出来ますが、手ブレと動画撮影によるセンサー熱の対処は各社不十分ですから、恐らくこのスペースはそれを考慮していると思います。

EVF非搭載も正解かな?コストカット優先なので。まぁオプション対応くらいして欲しいですけど。
マウント変更しなくても、挑戦的なモデルだと判断したいですね。
  1. 2012/02/04(土) 14:27:59 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

動画の手ぶれ補正って?

センサーシフト形式だと、ずっとセンサーが動きっぱなしという事でしょうか?
PENTAXのは、ボールで浮いているはずですが、レンズシフトより大変そうです。
読み出し信号はケーブルを介してるのでしょうね。
金属疲労でケーブル切れないかな?
  1. 2012/02/04(土) 19:02:59 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

どこも大変でしょうけど。

SONYもPanasonicも業績大赤字ですし、RICOHも希望退職者募りました。どこも大変そうです。

いたずらにカテゴリ増設は良くないかも~とはいえ、ミラーレスもKマウントに統合させた戦略が吉と出るかどうかは、数年経たないとわからないかもしれませんが。
  1. 2012/02/05(日) 22:02:49 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

良く知りませんが。

PENTAXは、HOYA傘下の時に解雇した技術者を再雇用するという噂が出てました。
本当なら、うれしい事です。
大丈夫なんでしょうかね??
  1. 2012/02/05(日) 23:42:35 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヒレンジャク ミコアイサ セイタカシギ ハジロカイツブリ コゲラ ルリビタキ オシドリ スズメ アトリ シロハラ ビンズイ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カワアイサ ジョウビタキ クロジ カヤクグリ エリマキシギ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キアシシギ キョウジョシギ シロチドリ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) イカル モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ オジロビタキ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ エナガ キビタキ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: