FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

EOS vs Q

鳥もいないので、機材の比較をしてみました。
とりあえず、先日買った、Q用のマウントアダプタに、フォクトレンダー(Voigtländer)180mmF4を付けると、換算990mm F4(180×5.5)
常用の、EOS40Dに、EF400mmF5.6L+1.4xテレコンだと、換算896mm F8(400×1.4×1.6)
一割ほど違いますが、似たような焦点距離になります。
あまり厳密ではありませんが、同じ距離から撮ってみました。

とりあえず、単純にリサイズのみ

EOS40D
こちらが、EOS


PentaxQ
こちらが、Qです。


EXIFですが
■ EOS
絞り値: f/8.0
露出時間: 0.0016 秒 (1/640)
ISO 感度: 400
露出補正値: -0.33 EV

■ Q
絞り値: f/0.0(F4です)
露出時間: 0.0016 秒 (1/640)
ISO 感度: 125
露出補正値: -0.70 EV

偶然シャッタースピードが同じですが、他はいい加減ですね。
本当にいい加減な比較ですいません。
どちらも三脚使用です。

Blog用に縮小する限り、あまり差は無いようですね(明るい場合)
当然、Qの CMOSは、1/2.3インチしかありませんので、高感度になってくると劣化が目立つと思いますが
フォクトレンダーは、180mmでF4なので、2段ISOを下げる事ができます。

よくがんばっていると言うべきでしょう。
SONYから、積層型CMOSセンサーが発表されましたが、そういうのが次期Qに乗ればさらに高ISOで、高画質を維持できるかもしれません。

合成
どちらも、マニュアルでピントを合わせたので、Qのほうが甘いみたいですが
やはり、被写界深度は、EOSのほうが浅いのが判ります(F値はEOSのほうが大きいのに)

あまり厳密な比較ではないので、意味ないですが
使っている身としては、いちおう比較しておきたかったわけです。

ただし、撮っている間は圧倒的にEOSのほうが快適ですし
持ち運びは、圧倒的に、Q+フォクトレンダーの方が軽くて小さいです。
実際、Q+フォクトレンダーのセットはリュックに放り込んでましたから。


そのうち、M★300F4(換算1650mm)と、ED82+EOS(換算1600mm)で比較してみたいと思います。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン
PentaxQ+Voigtländer180mmF4




関連記事
  1. 2012/01/25(水) 23:01:22|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2
<<5,500mmに挑戦 | ホーム | MonoColorme Free>>

コメント

あきらかにeosが勝っていますね!

一番下の写真ですが、右の写真はなんかぼやーっとしている印象があります。
ダイナミックレンジの差でしょうか?
撮像素子の大きさが違うから、これくらい違っても文句いえないなー。(^^;)
  1. 2012/01/26(木) 13:38:15 |
  2. URL |
  3. うら #NZykKFYY
  4. [ 編集]

負けてもらっても困るのですが(笑)

私の場合、だいぶひいき目で見ていたので、悪くないかな?と思ってました(確かにぼやっとしてます)
だいたい、3.5倍ほどCMOSの大きさが違いますから(レンズの性能はともかく)
レンズも、AFとMFとはいえ、10倍ぐらいお値段違いますし(笑)
総重量では、1/3以下です。
  1. 2012/01/26(木) 14:13:01 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ タゲリ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ コゲラ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: