FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

B2 実戦投入

さて、先日のクロツラヘラサギで実戦投入した、BENRO B2 です。
いつもの三脚から、ジンバル雲台を外して、B2雲台を使ってみました。

B2雲台
B2雲台も、アルカスイス互換のクイックシューですから、EF400mmがそのまま付きます。

B2雲台には、3つのダイヤルが付いています。
1. 搭載機材に合わせて動きの固さを調整する独立したテンションコントロールノブ
2. ベース部の回転機構ノブ
3. メインの固定ノブ
の3つになります。

1. でも、2. でも、ボールの固定圧を制御できるみたいなので、テンションコントロールは一定にして、メインノブだけで、位置決めという事だと思います。

テンションコントロールノブを少し緩めておくと、固定したまま動かすことができます。
(表現わかりにくいですが)
機材の重量に合わせたテンションをかけつつ、動かす事が可能なのです。
微調整に便利ですが、一眼レフの場合はともかく、2000mm超のデジスコや、Q+アダプタなどの場合の微調整がどんな感じなのか確かめたかったのですが、アダプタを忘れたので、そのあたりは確認できませんでした。

900mm程度の一眼レフで使う場合は、水平が出しにくいぐらいで、割と融通がきいて良いです。
では、ジンバル雲台より上かといわれると、疑問符が付きますが。
だいたい、素早い動きには無理があるかもしれません。
ただ、「動かしてはノブを締める」と言う動作は無くてもOKです。

耐加重20kgの B2でも、EF400ぐらいなら十分止まります。
傾けて固定しても(増し締めしなくても)お辞儀することとかはありませんので、不便は無いです。

レンズ2kg超のサンニッパクラスだとやや不足かもしれませんが(そういうレンズが今手元に無いので確認できませんが)
お値段もあまり変わらないので、その場合は B3のほうがよいかもしれませんね。


B2&SBH-320雲台

手持ちの、SLIK SBH-320と比べてみました。
SBH-320も、耐加重7kgの中型ボール雲台になりますが、こいつはノブを緩めると、すぐにカクンとお辞儀をしてしまうので、ノブを操作するときは、常にカメラ本体を支えていないといけません。
それでも、軽いノブ操作で固定できるので、標準レンズ程度の一眼レフなら充分なのですが。




PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME




関連記事
  1. 2011/11/23(水) 23:11:23|
  2. その他の撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
<<スマートコンバーター専用機 | ホーム | 飲み会で眠いです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: