FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

EXCURSION -序-

昨日のセミナー(私は懇親会のみ参加)に続いて
翌日(今日)は、EXCURSION(エクスカーション)に参加しました。

EXCURSION(エクスカーション)と言うのは
従来の見学会や説明を受けるタイプの視察とは異なり、訪れた場所で案内人の解説に耳を傾けながら参加者も意見を交わし、地域の自然や歴史、文化など、さまざまな学術的内容で専門家の解説を聞くと共に、参加者も現地での体験や議論を行い社会資本に対する理解を深めていく「体験型の見学会」
だそうです。


集合して、OSAKA RIVER CRUISE (水上バス)に乗船です。
淀屋橋のたもとから出ますが、途中に3ヶ所「船着場」があり、そこで降りる事も可能です。
私たちは、淀屋橋へ戻ってくるコースでした。

アクアライナー
水都大阪
川沿いに、たくさんの高層ビルが立ち並びます。


アクアライナー
中之島公園の東端には「大噴水」ができています。
30分おきに噴水が放水されるみたいです。
良いタイミングでした。


アクアライナー
さて、水上バスこと「アクアライナー」ですが
満潮時に、橋桁の低いところを通過するときがあるので、元々平べったい作りですが、更に、30cm屋根が低くなるギミックを搭載しています。
この写真でも、柱が壁の中に沈みこんでいるのが分りますでしょうか?
写真左が、低いとき。右は通常の状態です。


アクアライナー
支柱も縮みますので、蛇腹みたいなカバーが付いてました。


アクアライナー
分りにくいですが、これは「銀橋」です。
銀橋というのは、桜宮橋の事ですが、銀色の橋であることから「銀橋」と呼ばれています。
なお、設計は「武田五一」なのですが、国道1号線の拡張および銀橋の補修工事のために、北側に新桜宮橋(新銀橋)が建設されました。新銀橋は安藤忠雄の設計で、既存の銀橋に合わせたデザインとなっています。
-wikiより-


アクアライナー
アクアライナーの姿です。
我々を降ろして、次のクルーズに出発したところです。



続きます。


序破急(じょはきゅう)とは、日本の雅楽、能楽など日本の伝統音楽から転じて、連歌、蹴鞠、香道、剣術、抜刀術、居合道など芸道論で使用されることばである。さらに、文章構成などにおける三段構成を指す概念としても用いられる。
現代日本では、物語などにおける四段構成(“起承転結”)に対する三段構成を指す概念として用いられ、舞台の“三幕構成”などの類似語として使われることがある。また、起承転結とともに小中学校の作文技法として使われる。
-wikiより-


すいません。
単に、先日、「エヴァンゲリオン -破-」を見たというだけのことです(汗)




関連記事
  1. 2011/08/28(日) 21:08:28|
  2. DA18-135mm WR
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2
<<EXCURSION -破- | ホーム | ANTICA OSTERIA Dal POMPIERE 再び>>

コメント

アクアライナー…

2度ほど乗ったことがあります、
川から見ると違った大阪に見えますね、
屋根が下がる仕掛けは面白いです、

こんどは、水陸両用バスにも乗ってみたい、
大阪ダックツアーというそうです…
  1. 2011/08/28(日) 23:59:57 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

屋根の上げ下げ

今日の水位では、屋根の上げ下げは不要だったはずなのですが、時間つなぎのためにやっていたのではないかと思ってます。屋根の上下する間は景色なんかあまり見てませんからね(笑)
でもって、更に、掴みはオッケーという事で。
一石二鳥なのではないかと思ってます。
  1. 2011/08/29(月) 00:30:41 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: