FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

α中級機 出ました

SONYから、DSLRボディの α77と α65が発表になりました。
特に新機材が欲しい訳ではないのですが、りかゆんの α550の後継機になりますので、機材の進化は確認しておかねばなりません(笑)

実際には、α65とα77は、α55の後継機になります。(α550は、ペンタミラー搭載の普通のエントリーDSLRでした。ライブビュー時にもペンタミラー部のAFセンサーを使った位相差AFが可能だっただけです)

α55はだいぶ前にご紹介しましたが、トランスルーセントミラーテクノロジーと言いまして、ハーフミラーを使って AF測距用の光を分離することでコントラストAFの遅さを補うアイデア。
高速な位相差AFとミラーの上下動(クイックミラー)を不要にすることで、コストダウンと高速連写を実現したのです。
α55の直接の子孫であるアッパーエントリークラスの α65と、中級機クラスのボディのα77というラインナップになります。
(中級クラスのボディというのは、この場合、マグネシウムのボディシェル、デュアルコマンドダイヤル、上部サブ液晶等を指します)

りかゆんは、ほぼ鳥しか撮らないですから、多彩な撮影のための中級機ボディよりも軽量ボディの方が有利なので、ターゲットは α65という事になります。
大前提は、「REFLEX500mmF8 が快適に使えるかどうか?」という点を中心に検証してみましょう。

α65
α65(ボディ)です


ざっと、仕様を見てみましょう。

撮像素子は APS-Cサイズで、約2,430万画素
イメージセンサーシフト式のボディ内手ブレ補正
ISO感度 ISO100-16000
動画記録方式 AVCHD(Ver.2.0)/MP4
EVF 0.5型XGA OLED
背面モニター 3型ワイド約92万ドット(バリアングルチルト可動式)[α77は3軸チルト可動式]
最高シャッター速度 1/8,000秒
連写性能 約10コマ/秒 [α77は 約12コマ/秒]
GPS機能搭載
132.1×約97.5×約80.7mm 約622g [α77は 約142.6×約104.0×約80.9mm 約732g]

撮影素子や画像処理エンジンは同じ(連写速度が違いますが)ですが、ボディの大きさ重さは若干違い、重さで約 110g違います。
EVFは 0.5型有機ELで、総ドット数は235万9,296ドット。
倍率は約1.09倍(50mmレンズ装着時)。アイポイントは、接眼枠から約22mm。
α55のEVFより約10倍の高コントラスト化が可能になったそうです。

トランスルーセントミラー技術では、撮影素子で拾った画像を直接EVF(ファインダー)で見ることになります。
ペンタプリズムもペンタミラーも必要無いのでコストダウンが可能になりますね。
もちろん、タイムラグのあるようなEVFではダメですけど、そのあたりの技術はまだ伸びしろがあるので、α55発売より約一年分の進化を確かめる事になります(α55でも特別に困りませんでしたけど)

EVFの利点は(コストとの兼ね合いになりますが)ファインダー倍率が簡単に確保できますし、逆光時等に露出補正が容易になります(ホワイトバランスもかな?)
「α900に匹敵する見やすさ」というのには、大いに期待したいです。

α77は11点クロスの19点AFセンサーですが、α65はα55と同等の3点クロスの15点AFセンサーとなっています
実は、りかゆんの REFLEX500mmは中央一点しかAFが利きませんので関係ないとも言えますが。
(ふたを開けたら、今回のAFシステムから REFREX500でAF利かないとか言う落とし穴が無いことを祈ります)

α65はα77に対して、外装はエンジニアリングプラスチックで防塵防滴処理はなし。
逆にα77はマグネシウムボディと、防塵防滴処理という事ですね。
その分お値段も ボディのみ15万円と言われるα77に対して、α65は95,000円ぐらいが売り出し価格のようです

α77と65の外観上の一番違いは、3軸背面液晶でしょうか?(大きさ重さもですが)
当然ライブビュー時でも普段の撮影と同等のAF速度ですからストレスは無いわけですが、
りかゆんの撮影スタイルでは背面液晶を見て撮影することは滅多に無いと思います。
もちろん、動画も撮りません(汗)


最大の問題は「α550から買い換える意味があるか?」と言うことなのです。
重さは、599gの α550に対して α65で622gと α65のほうが若干重い程度。
α550の ISO200~12800に対して、ISO100~16000ですが、まぁ ISO1600までぐらいのα550に対して、どれほど進化しているのか?
画素数は1420万画素に対して2,430万画素と大幅UPしてますので、トリミングに耐える反面、1枚の画像サイズは相当大きくなりそうです。
撮影素子の微細化による、高感度ノイズに弱そうな素性が技術の進化でどれほど改善できているか?

画質は実機が出回ってからですが、ファインダーが見やすくなっていそうな予感がするのと、AF性能がUPしていることを期待したいです。
EVFならではの、「拡大してピントを追い込むギミック」とか、そういうのもあるかもしれません。




α65
α65 背面


α65
α65 上面
α77は、上面にサブ液晶がありますが、α65は『アッパーエントリークラス』なので、省略されてます。


α77
これは、上位モデルの α77
基本的には似たような外観です。


α550
こちらは、現在現役の α550です。


最大の問題は、やはりお値段と高感度耐性でしょうか?
K-5並みに、ISO6400とかが使えるようなら、買い替えの意味もあるのですが
同じSONY製CMOS技術とはいえ、1628万画素のK-5に対して 2,430万画素ですからねぇ。
同等と言う訳にいかないでしょうね。
トランスルーセントミラーで(若干ですが)入力光が減るので、それもマイナス要因と言えます。

このあたりは、実機が発売されて、買った人の話を聞くのがいちばんですね。


エントリークラスが NEXシリーズ(ミラーレス機)へ流れると考えると、
既存のαレンズユーザーは、やはり上位機の α77ばかり買うのではないか?と想像します。
α700以来の久しぶりのAPS-C中級機ですから。

うちは、不良ユーザーなので、あまり胸がときめきませんけど(笑)

そうすると、α65が値崩れして安くなるのではないかな?
ちょっと見通し甘いですかね?


全く買う気無しと言うわけではないですが
用途が限られるので、飛びつくほどのアドバンテージは無いでしょう。
(もちろん、うちの場合ですが)


買った人の話を聞いて考えたいと思います。



関連記事
  1. 2011/08/24(水) 22:08:24|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4
<<大蔵海岸 俯瞰 | ホーム | 地蔵盆の夜>>

コメント

α77の

ズームキットが\208,000。よくよく見たらF2.8通しの16-50mmが付いていました。それだと安いんじゃないか。。。と思った。
まあ中身はタムロンでしょうけど、つられて各社F2.8通しが安くなれば良いかもしれない。買えんけど (涙
取り敢えず、やる気まんまんのようですね > SONY
  1. 2011/08/25(木) 18:18:00 |
  2. URL |
  3. Toki #UIlSnlZk
  4. [ 編集]

1200万画素で1000mmレフレックス

新NEXで採用されたピーキング機能は付いているのでしょうか?EVF自体はかなり進化しているそうですね。α900ユーザーとしては...フクザツな心境です。(笑)

ネット上の前評判を見ると、APS-C最高の高解像度により、高感度におけるノイズ処理は「のっぺり君」みたいですが...。ほぼ常用感度しか使用しない私は問題としませんし、スマートテレコン(x1.4, x2.0)でも1200万画素残るのは魅力。

好き嫌いは分かれるとは思いますが、CanonやNikonに対抗するために、センサ&液晶メーカーとしての利点を最大限に発揮した製品だと思います。SONYらしくて良いと思いますよ。
  1. 2011/08/25(木) 19:19:21 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

安いほうのズーム

α65に付いている標準ズームは、+5000円でした。
実は、りかゆんのα550買うときに、+5000円ぐらいだったらキットでとお願いしておいたら、キットの方が5000円以上安かった(笑)
16-50mmはたぶん、タムロン謹製でしょう。いや、タムロンが悪いわけではなくて、純正なのでレンズ補正ができるわけです。
ネットの噂では、すごいのが出るという話だったのですが、すごいのは画素数だけみたいです(汗)
  1. 2011/08/25(木) 20:05:46 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

塗り絵

出荷前サンプルなので、なんともですが
拡大すると見事に塗り絵です。
高感度期待の入れ替え希望なので、見送りの公算が高くなりました。それとも、それを上回る画素数なのだろうか?
撮影時の気持ちよさはUPしていると思いますけど。
  1. 2011/08/25(木) 20:09:30 |
  2. URL |
  3. はりー #v5.i7xGY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: