FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

EOS KISSで少年野球を撮る。

ほぼ、運動会撮影と同様の例題かと思います。

似ていて非なるモノとしては、体育館でのバレーとか剣道とか、あるいは幼稚園児のお遊戯会であっても『屋内』で動くものは難易度がすごく高いですが、屋外は光がたくさんあるので(曇りでも)ずいぶんと楽です。

最初に断わっておくと、私はEOS KISSは持ってないので一般的な話になるのと、『シーンモード』というのを理解してないので、そちらには触れません。
シーンモードも便利らしいですが、融通が効かない時があるらしく(最大公約数的設定)最初から絞り値とシャッタースピード、ISO感度の設定を理解する方が早いと思ってます。

通常、風景とかスナップ(4-5人の集合写真)とかの場合、相手はじっとしているのでプログラム(P)モードで、AF-S(シングルAF)で撮れます。
レリーズ半押しで、AFが合うとピピッと音が鳴りますね。そのまま押しこみます。

相手が動いている場合(移動している場合)AFで追いかけねばなりませんので、AF-C(コンティニアスAF)に変更します、AF-Cはレリーズ半押しの間中AFが追いかけ続けますので合焦音(ピピッ)は鳴りません。
ここというところで、レリーズを押しこみます。AFが早くないと合焦していない場合がありますが『歩留まり』だと思って諦めます。(ボディとレンズを高性能なモノに変えると歩留まりが向上するかもしれません)


まずカメラの基本設定ですが、
画素数は『最大』(ラージサイズ)で、精細さは『最高かひとつ下』ぐらいにします。
当然 『JPEG』です。
画素数を最大にするのは、トリミングに耐えるためと、大きめのプリントに備えるためです。逆に画質は、最高画質とその次の差はプリントしてもあまり変わりませんが、ファイルサイズは結構違います。

屋内の人工光線ではホワイトバランスが微妙な事がありますが、屋外は問題なくオートホワイトバランスでOKでしょう。RAWで撮る必要はありません。RAWで撮ると連写枚数と最大撮影枚数にしわ寄せがきます。
撮影(連写)モードは、最速連写にします(あとから不要なモノは消せても、撮って無かったモノは残せません)一日何枚ぐらい撮るかを考えてメモリカードを(予備1枚を含めて)用意しておきます。
JPEG一枚で最高画質でも 5-8MBです。RAWなら15-30MBかな?調べて下さい。

まぁ、最近はSDカードが安いので、JPEGなら8GBを2枚ほど用意すれば問題ないと思います。8G+4GBでも良いと思います。CLASS4か6以上ぐらいの速度のカードにしておいた方が、連写時のバッファフル(瞬間的にシャッターが押せなくなる)からの復帰が早いです。
KISSの連写速度でJPEGなら、最高性能のカードにする意味は無いと思いますが、速くて困る事は無いです(お値段が高いだけです)
2枚用意するのは、突然認識しなくなったときに入れ替えるため。
あるいは、前のデータを消さずにいてメモリが一杯になってしまったりしたときの予備です。

一眼デジカメには、一時保管用のメモリがあって、そこへ何枚分かを記憶して、随時メモリカードに書き込んでいきます。上位のボディはこの一時保管用のメモリも大きい訳で、何十枚分も溜めておけるので、バッファフルになりにくいです。


次にレンズですが、普通グランドで撮る場合でも、300mm(35mm換算で450~480mm)で良いと思うので、CANONの場合純正のEF-S55-250か、今ならTamronのA005(75-300VC USD)が良いと思います。
EF-S55-250mm F4.5-5.6 IS II が出るみたいですね。光学性能は変わらないという話なのですが。
もちろん、CANONの高級レンズ、70-200F4L(F2.8L)とか、75-300Lとかもあるのですが、お値段の差ほどでき上がりに差は無いので、とりあえず上記のどちらかを揃えて下さい。
すでにWズームで55-250はお持ちかもしれませんけど。
CANONは手ぶれ補正機能がレンズ側に付くので、IS(イメージスタビライザー)付きは必須だと思ってください。その代わり、300mm程度までなら三脚も一脚も不要です。
望遠が足りない場合でも、あるていどトリミングで対応できます。


さて、慣れるまでの撮影は、まず歩留まり(ピントが合っている成功写真の比率)を上げることを第一に考えます。
1)少し遠目から望遠で撮影する方が至近距離から撮影するより歩留まりが上がります。
これは、AFによるレンズの繰り出し量が遠距離の方が小さい(AFが合うまでに時間が短い)からです。

2)次にこれがベストだという構図より少し引いた(周りを入れた)構図で撮って、必要ならトリミングをすることを考えます。(腕が上がればトリミングの量を減らせるように努力します)フレームアウトも起きにくいです。
最近の高画素デジカメは、少々トリミングしてもA4ぐらいにプリント可能です。
自分でプリントするなら、プリンタ付属のプリントソフトでトリミングも自由にできます。
AF-Cの場合、撮る直前にピントを合わせるよりも、少し前から追いかけるようにする方がピントが合いやすいです。そして多めに押す。

3)次は AFポイントですが、慣れるまでは『中央一点固定』が分かりやすいでしょう。
とにかく『対象を中央に入れて押す』です。
AFポイントをオートにしておくと、意図しない処へピントを持っていかれる事があります。
胸とか、背中とかにフォーカスポイントを持っていって、押す。
構図が窮屈になる場合があるので、少し広めに写しておく。
帰ってから構図の勉強をしつつ、トリミングして仕上げる。
という流れです。

最初は撮影練習も必要で、自分のお子さんが出ていない試合(あるいは練習時間)で、想定したシーンを何枚も撮ってみて、どういう結果が残るかやってみます。
画像には『EXIF情報』が残るので、どれぐらいのシャッタースピードだとブレるのかとか、失敗作にこそ上達への情報が隠されています。

パソコン上でもEXIFの確認ができるビューワが良いでしょう。
カメラに付属のソフトでも良いです。
考えながら撮らないと、上達しません。
デジカメは、すぐに確認できるのが良いですね。


屋外で、動くモノを止めて撮るのですがら、シャッタースピードは1/1000秒ぐらいで良いのではないかと思います。
1/500秒では動きが早いと流れます。1/1000秒でも足りないかもしれません。
対象がピッチャーなのか、外野なのか、内野なのかにもよりますね。

1/1000秒にするには、「シャッタースピード優先」モードを使います。
フィルムのころは制約もも多かったですが、今はISOオート(感度自動)があるので、明るさが足りない場合は自動でISOを上げてくれるので大丈夫です。
屋外は意外に明るいですから。
シャッタースピードを上げれば、手ぶれの防止にもなるので良いです。
最近のデジカメは、ISO800や1600ぐらいでもそれほど荒れませんので、思い切ってISOを上げて撮る方が歩留まりが良いと思います。

また望遠レンズの場合は、あまり「絞り値」を気にしないくても良いと思います。
絞ればピントの合う範囲が広くなりますが、もともと望遠レンズだと期待できません。

あと、顔が暗く写る場合は、露出補正で少しプラス(+)に補正します。
真っ白のユニフォームだと、マイナス補正(-)した方が良い時がありますが、とりあえずは考えないでも良いと思います。

たくさん撮って、何が意図と違うのかとか、いろいろ試してみるのが良いと思います。

ちなみに、私自身は子供がインドア派だったので(笑)運動会ぐらいでしかそういう撮影はやった事ないのです。
当時は、りかゆんのE-510+75-300ズーム(換算で140-600mm)で良く撮りました。
今なら、EOS40D+A005かな?
もう、そういう撮影はしないと思いますけど。


*

さて、ご本人から、やはり55-250はお持ちという連絡が有ったのですが
250mmでは足りないというご意見みたいです(特に外野の撮影)
250mmで足りないと感じるなら、300mmでも大差ないでしょうから、75-300に入れ替える意味はあまりありません。
となると、禁断の超望遠の世界へ突き進む訳です(笑)

たぶん、400mmなら充分だと思いますので、SIGMAのAPO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM (キャノン用)というのが第一候補で、次はやはり純正の EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMなのですが、お値段が全然違います。
重さの事、とり回しの長さもあって、SIGMA150-500より120-400をお勧めします。望遠端が明るい事と、500mmは要らないと思うからです。

お値段的には純正だと、kakaku.comで17万超、SIGMAだと7.5万ぐらい。
純正の100-400は良いですが、設計が古いレンズなので、手ぶれ補正の効きなどもSIGMAの方が上だという話もあります。
画質は若干純正有利ですが、差はあまり無いでしょう。だいたいお値段が2倍強ですしね。SIGMAは超音波モーター(HSM)でAFも速いです。

ただし、120-400で 1.75kgあります。手持ちで撮れますが、一脚が楽だと思います。
モータースポーツの方も一脚がメインみたいですよ。
鳥屋は三脚派が多いですが。

どれだけ突っ込むかなのですが、とりあえずはトリミングでしのぐというのが上策でしょうね。2Lぐらいまでのプリントなら、けっこうトリミングには耐えますよ。
テレコン(リアコン)はダメです。
テレコンを使うなら、300mm単焦点に1.4xを使うぐらいです。
ズームレンズにテレコンなら、トリミングの方が上だと思います。だいたいAFにならないというのが致命的です。(1.4xのテレコンでもマスターレンズのF値がF4以下でないとAFが動きませんし、AFスピードも半分になります)

TamronA005(75-300)が4万強のようなので、55-250をお持ちで、その上を狙うなら120-400へ行った方が良いと思います。
結局望遠が(まだ)足りないという事になると思うので。

そこまで投資する気が無いなら、トリミングでしのぐのが上策です。
トリミングの場合、出来るなら、少し絞った方が画質が向上します。

超望遠撮影は楽しいですよ。
次は連写が速いボディに変えたくなるかもしれませんが...

たくさん撮ってあげてください。





関連記事
  1. 2011/06/16(木) 11:33:47|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2
<<偶然カワガラスを発見 | ホーム | 原生林 II>>

コメント

鳥より簡単?…

> もう、そういう撮影はしないと思いますけど。

いえいえ、はりーさんも孫ができたらw
 
  1. 2011/06/16(木) 20:53:41 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

鳥より簡単(笑)

孫ですかぁ?
何せ、うちには愚息が2人ですから。
期待できませんが...

その日が来たら、サンニッパズームにテレコンでも買いましょうかね(笑)
  1. 2011/06/16(木) 22:02:24 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 キョウジョシギ キアシシギ トウネン シロチドリ アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ コゲラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: