FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

K-5の設定

K-5の設定をいろいろやってます。
K10Dの頃とは設定できる項目が段違いに多くなっていて、全く別物です。

プログラムモードでお任せで撮るのであれば、エントリーモデルもミドルクラスも変わらないのですが、好みの設定で撮りたい場合は、やはりエントリークラスではできないことが多いですから。

さて、普段は絞り優先オートで、AF-Sで撮ってます(EOSはAF-C)
調べたら AF-Sでも「レリーズ優先」と「フォーカス優先」を選択できました。
絞りを選んだら、あとは露出補正をいじるだけです。

前ダイヤルには絞り値を、後ダイヤルには露出補正を割り当てています。
ISOはオートで最低感度から3200までを選択(ISOは早めに上がる設定です)
当然、手振れ補正はON

純正レンズの時は、倍率色収差補正と、高感度ノイズリダクションをオートにしてみました。
背面のAFポイント移動ボタンは中央のOKボタン長押しで、ダイレクトにWBや連写設定等のコマンドボタンと入れ替えです。
WB等を設定して、実際の撮影時はAFポイントの移動に使います。


さて、鳥用の『ED82スコープ+MCアタッチメント』の設定を、ユーザー設定(1)に入れました。
ユーザー設定は5つ登録できます。
ダイヤルで設定して、メニューで1~5を選ぶのですが、1~5に名前を付けておくことができます。
USER-1 には、ED82と名前を付けました。

さて、ED82の設定ですが、基本は絞り優先オートです。
立ち上がりから、露出補正を-1EVにしてあります。
諸収差補正はOFF、高感度ノイズリダクションもオートで。
ISOは固定で 1250にしておいて、後ダイヤルでダイレクトにISOを変更できるようにしてみました。

というのは、ED82の場合は F13程度に固定されてしまって、絞り優先でありながら絞り値を変更することができません。
明るさによってシャッタースピードが自動で変わりますが、ISOを変更することである程度制御する事ができます。
ISO1250からでも、6400まで上げる気なら2段強は上げられます(さらに上げる事も可能ですし)
シャッタースピードの値を見ながらISOを調整してそこそこのシャッタースピードになるようにするわけです。
たとえば、ISO1250のとき、1/125秒なら遅いのでISOを上げないといけません。
ISOオートにしないのは、レンズ情報が伝わらないので、普通に1/60秒とかになってしまうからです。
なので、シャッタースピードの値を見ながら、ISOを変えつつ撮影してます。
オートパワーオフから復帰すると初期設定に戻るので、ISO1250でやってました。
明るいともっと低ISOでいけますが、気付かずに遅いシャッターで切らないようにしてみました。


ということで、ED82の設定を試してみました。

コチドリ
干潟のコチドリです。
遠いので小さいです。


コチドリ
あまり変わったこは居ませんでした。


コチドリ
やはり、干潟のほうがシギチに似合いです。


コチドリ
ちょっと近かったですが
とにかく、速く動きます。


不明
さて、このこが不明です。
同じポーズで2枚だけ押せましたが、それだけ。
アオアシシギ?
ハマシギにしては、クチバシの感じが違います。
さてさて??



ED82+MCアタッチメント+K-5




関連記事
  1. 2011/04/07(木) 23:04:07|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ コチドリ
  4. | コメント:0
<<ストラップ | ホーム | ムスカリと芝桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ エナガ シジュウカラ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ オオハシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: