FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

待望のアオバト

りかゆんの見たい鳥の上位にいるのが『アオバト』なのです。
アオバトが大群で海水を飲みにくるところがあるそうで、密かにあこがれているのでした。
そちらは遠いのでなかなか行けませんが、アオバトが居るというポイントには時々出かけます。

ということで、今回もアオバト目当てで、ちょい遠征です。
ここへ来るのも二度目なのですが、前回は見ることができず。

この日も、見当たらないので別の場所を回って帰ってきたら、鳥見の方が「あそこに居ますよ」と教えてくれたのでした。
いつものように、他力本願です(汗)

この場所は立ち入り禁止なので、これ以上近寄れません。
時々降りてきて、えさを探すみたいなのですが、枝の間にかろうじて見えました。

アオバト
遠いです。
少し下にもう一羽居るみたいですが...

なので、ぐるっと回って、見えるところを探しましょう。


アオバト
ここからは、割とよく見えます(遠いですが)
8羽ぐらい見えます。


アオバト
あまりトリミングもできないので、スコープを取りに行ってきました。
900mm→1600mmです

しかし、すっかり寝てますね。ぜんぜん動きません。


アオバト
動かないので、逆にゆっくり見ることができました。


アオバト
アオバトって、日本と台湾と中国にしか居ないのですよね。


IMG_9400aobato.jpg
最後まで降りてきてくれませんでしたが、とりあえずゆっくり見ることができました。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン(上2枚)
ED82+MCアタッチメント+EOS40D



アオバト(青鳩・学名Treron sieboldii) ハト目ハト科アオバト属
本州、四国、九州で繁殖する留鳥。北海道では夏鳥、南西諸島や台湾、中国では冬鳥
全長33cm。名前の通り全体的にオリーブ色だが、オスは頭から胸にかけてが黄色、腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。一方メスはそれらの箇所もオリーブ色である。虹彩は青色。
広葉樹林や針広混交林を好み、単独~多い時は10羽程度の群れを作って行動する。
例えば小樽市や神奈川県大磯町の海岸などでは、海水を飲む行動が頻繁に観察されている。塩分を補給する目的があると言われているが、詳しいことは分かっていない。
「オーアーオー」等と聞こえる独特の声で鳴く。
-以上wikiより-


関連記事
  1. 2011/03/06(日) 23:03:06|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ アオバト
  4. | コメント:2
<<さて、困った! | ホーム | モズ&モズ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/03/11(金) 20:53:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

5月から10月

カギコメさま
コメントありがとうございました。
アオバトは、だいたい5月から10月に海水を飲みに飛来するのだそうです。(最盛期は7月から8月)

http://www.hirahaku.jp/hakubutsukan_archive/seibutsu/00000059/77.html
不思議な習性ですね。
私も一度見てみたいです。
  1. 2011/03/11(金) 22:26:18 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: