FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

野鳥じゃ無いのですが

淡路の『イングランドの丘』へ行ったのは、温泉&ランチのついでの事でした。
予備知識としては、コアラが居ると言う事ぐらい。
まぁ、淡路は近くて遠い(県内の)離島なのです。

ホテルのチラシに、メンフクロウの事が書いてありました。
まだ生後間もないのだそうですが、今だと半年ぐらい。
イングランドの丘は、冬場(12月~2月)は入場料が半額とのこと。
HPで、オシドリの壁紙を配布していたので、オシドリも居るかも?

義母が、画像ではなくて『オシドリ』を見たいと言っていたので、見られたらラッキーと言う程度で行く事にしました。
近いですし。


モモイロペリカン
コアラ舎へ行ったら、すぐ横にでっかい鳥
どうやら、モモイロペリカンです。

ペリカンはちゃんと見るのは初めて。
なんと、子供ぐらいの大きさがあります。
こんなのが、何千羽も飛んでいるのは壮観でしょうね。
アフリカとか行きたいものです。


ワラビー
ペリカンの横はエミュと、ワラビー
ワラビー可愛いです。

エミュは、ダチョウより小さいとは言え、鳥としてはでかいです。
鋭い赤い目

頭をぐるんぐるん動かすので望遠で追いかけるのが大変。
と言う事で、画像はなし(汗)

*

今回、TAMRONのA005 70-300VCを持参しました。
そもそも、このA005は『動物園用』に投入したレンズ。
野鳥には短い300mm(EOSで換算480mm)までのズームは、動物園では取り回しが良いかな?と思って購入したものです。

多くの人は『運動会用』のレンズとして購入されるかと思いますが、うちはもう運動会はありませんから。

EOS用なら、定番は70-200F4Lなんでしょうが、あまりにも定番なのとお値段が結構高いのでこちらにしました。
本格的な、VC(レンズ内手ぶれ補正)レンズを買ったのはこれが初めて
わずかな作動音と共に、ゆれていたファインダーが張り付きます。
今回、動物園デビューです。

距離は2~10mぐらい。ちょうどこのレンズの範囲内です。
まぁ、200mmでも良かったかな?という距離です。
疲れますが、追いかけながら「シャッターを押しまくる」のは楽しいですよ。

皆さんも望遠レンズ持って、動物園へ行ってみましょう。

野鳥園と言っても、十数種
そんなに規模が大きくありません。

ロウバシガン
このこは、ロウバシガン
モモイロペリカンの近くにうずくまっていました。


コアラ
ようやく、コアラです。
コアラはガラス越しだったので、写真はいまいち。


ハリスホーク
ハリスホークの「アリスちゃん」


メンフクロウ
メンフクロウの「フーちゃん」はお散歩中でしたので、檻ナシで見ることができました。


ショウジョウトキ
トキはトキでも、ショウジョウトキ
すごい色ですね。


ホロホロチョウ
ケニア・カンムリ・ホロホロチョウです。


シロクジャク
シロクジャクの頭は派手ですね。


カンムリヅル
カンムリヅルは一番派手かも?


アフリカクロトキ
黒いお顔の、アフリカクロトキ


キンケイ・ギンケイ
キンケイとギンケイは、本当に綺麗です。
エジプトの王家の人達みたいですね。


アメリカオシドリ
アメリカオシドリは、日本のこに比べても、さらに派手です。


オシドリ
この中で、本来日本に居るのは、オシドリぐらいかな?
アメリカのこに比べたら地味に見えますね。


アカハシハジロ
最後は、アカハシハジロです。
大阪のおばちゃんみたい。

他にもいるのですが、まぁこの辺で。




TAMRON A005(70-300)VC USD +EOS40D




関連記事
  1. 2011/01/06(木) 21:01:04|
  2. TAMRON A005 70-300mmVC [EOS]
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2
<<オシドリ三昧 | ホーム | 日帰り温泉&ランチ>>

コメント

アフリカクロトキ…

シドニーの公園に、ハトやカラスみたいにたくさんいた鳥に似てます、、
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/21/5b/dbf5eb8e7bce2b61bb5914f4dd734156.jpg
  1. 2011/01/07(金) 20:47:04 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

そっくりというか、そのものでしょう。

トトロ先生、ビンゴ!ですね。
と、思ったのですが、亜種オーストラリアクロトキが正解でしょう。
亜種アフリカクロトキと、亜種クロトキは同属なので、まぁ同じとも言えます。
エジプトで書記と学芸の神トートの化身とされていたトキはアフリカクロトキであるとされています。

先日、大変珍しいといった「ホシムクドリ」も、アメリカかどこかでは、山ほど居るとか言ってました。
ところ変れば...みたいなところはあります。
  1. 2011/01/07(金) 21:59:06 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ エナガ シジュウカラ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ オオハシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: