FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ホオジロガモ

初鳥見、後半戦は場所を 湖へ移動です。
結構大きな湖なので、近くへ来てくれないと、豆粒ほどにしか見えません。

最初に行ったあたりには、普通のカイツブリと、カンムリカイツブリしか居ませんでした。
しばらく捜したのですが、見つからないので移動です。

向こう岸へ移動したら、鳥見の人を見かけたので、情報収集です。
すぐそこに居ますよ...というので、さっそくカメラを出して撮影

少し撮れたのですが、K10DにED82+MCアタッチメントで撮ってましたので、残念な結果に。
と言うのは、最初 ISO800固定で撮っていたのですが、結構明るかったので、ISO AUTO(100-800)に変更したら
1500mm相当なのに、1/100秒以上のときに自動的にISOを下げてくれるのでした。
おかげで、1/100秒 ISO160とかでの撮影になってしまって
機材ぶれか、被写体ブレで、いまいちな結果を量産してしまいました。
K10DのISO800はあまり使いたくなかったのですが、ブレブレ写真よりはISO800の方が良かったです。

微妙なブレは、機材の背面液晶では確認できません。


と言う事で、今日撮りなおしに出かけて来ました。

今日は、同じ ED82+MCアタッチメントですが、ボディをEOS40Dに変更です。
K10Dよりは、EOS40Dの方が、高ISOで綺麗です。
今日の方が、お天気も良く明るかったです。
その代わり、逆光ぎみだったのですが。

ホオジロガモ
手前が成鳥の雄で、向こうが雌か若です。


ホオジロガモ
これは、雄以外の3羽
全部で4羽の群れみたいでした。


ホオジロガモ
クチバシの先がオレンジなのが、成鳥の雌です。


ホオジロガモ
雄は、背中以外は結構白い鳥なんですね。


ホオジロガモ
頭、でかいです。


ホオジロガモ
ホオジロガモと言うのを知らなくて、知人に教えてもらってから、図鑑で確認したような事です。

カモは種類も多く覚え切れません。

ともかく、ホオジロガモは初見でしたので、撮りなおせてよかったです。



EOS40D+ED82+MCアタッチメント


ホオジロガモ (頬白鴨、学名:Bucephala clangula) カモ目カモ科
全長はオスで約46cm。雌雄とも他のカモ類と比べて、体の割りに頭部が大きく見える。雄は頭部が緑色の光沢のある黒色で、顔の前面に丸い白斑がある。背は黒く、胸、腹、尾羽は白い。雌は頭部と背は褐色で、体下面は灰褐色。顔の白斑はない。
-wikiより-


関連記事
  1. 2011/01/03(月) 22:01:03|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホオジロガモ
  4. | コメント:0
<<カケスとオシドリ | ホーム | 新年 初鳥(撮り)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キョウジョシギ キアシシギ シロチドリ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ シジュウカラ キビタキ コゲラ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: