FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

別府へ (4)

まだ帰るまでには時間があるというので、臼杵(うすき)の石仏を見に行くことにしました。
これは、下関メンバーのご推薦なので、予習はしていません。

臼杵の石仏(磨崖仏)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われています。
その規模と、数量において、また彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群であり、平成7年6月15日には磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に指定されました。
その数は、60余体にもおよび、このうち59体が国宝となりました。
石仏群は4群に分かれ、地名によって、ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏)、同第2群、山王山石仏、古園石仏と名づけられました。
-以上、公式HPより-

臼杵の石仏
公式HPより地図をお借りしました。
石仏群は、四箇所に分かれています。

国宝に指定されてから、風雨を避ける屋根が付けられました。
磨崖仏なので、屋根は崖にへばりついたようになっています。

臼杵の石仏

■ホキ石仏第二群(ほきせきぶつだいにぐん)
2龕(がん)からなり、第1龕には阿弥陀三尊像が見事な技術で掘り出され、その堂々とした軀体、中尊と両脇侍のそれぞれに異なった豊かな表情など、まことに見事な磨崖仏です。
第2龕は、「九品の阿弥陀」と呼ばれ、比較的小さな仏像が彫られています。
※ ホキとは、「がけ」という意味の地名です。


臼杵の石仏
阿弥陀三尊像(ホキ石仏第二群第一龕)


臼杵の石仏
地蔵十王像(ホキ石仏第一群第四龕)

■ホキ石仏第一群(ほきせきぶつだいいちぐん)
平安時代から鎌倉期に至るまでの磨崖仏が20数体並び、まさに壮観です。4つの龕からなり、第1龕は、如来坐像3体と菩薩立像2体、第2龕は阿弥陀如来坐像、薬師如来坐像、如来坐像の3体、第3龕は大日如来像ほか4体、第4龕は地蔵菩薩半跏像並びに十王像の11体です。


臼杵の石仏
山王山石仏(如来坐像)

■山王山石仏(さんのうざんせきぶつ)
中央に丈六の如来像と左右に脇侍の様に如来を刻む三体の如来像で構成されています。仏像の顔は輪郭が丸く、目鼻はこじんまりとして童児のそれをおもわせ、今にも語りかけるような口もとなどは、邪気のない純真無垢な童顔そのものです。通称「隠れ地蔵」と言われています。


臼杵の石仏
ホキ石仏第一群の屋根です。


臼杵の石仏
■古園石仏(ふるぞのせきぶつ)
古園石仏は、大日如来像を中心とする曼荼羅を構成し整然とした陣容をそなえる、臼杵石仏の中心的存在。通称古園十三仏とも、大日山石仏とも言われています。特に中尊の大日如来は日本の石仏の中でも最高傑作の一つといえます。
- 高く秀でた眉、切れ長の伏し目に端正な顔、ほのかに紅を刷いた唇にあたたかい御心が通う。-
きわめて端厳な相好ですが、ゆたかな両頬や、ややとがった二十頤、切れ長の伏し目など幽玄で神秘的な雰囲気がただよいます。
制作年代は、平安後期を下らないと言われています。崩壊破損が甚だしかったのですが、修復工事(S33~)により平成5年8月25日には中尊大日如来の仏頭が復位され、昔日の荘厳な姿に復旧しました。

■以下は、公式HPより転載
詳しくはここをご覧ください。

順路に沿って回ったのですが、後からみると、どれがどの石仏やら??
パンフレットと公式HPと見比べながら、解説を流し込んでみましたが、間違っていたらすいません。

千年以上経つので、だいぶ劣化が進んでいる仏様もありますが
わずかに残る彩色やら、その穏やかなお顔を見ていると、すごく癒されます。
遠いので、次に見に来られる時が有るかどうか分かりませんが、また見に来たい仏様でした。


K10D+FA43F1.9Limited



関連記事
  1. 2010/11/25(木) 23:11:21|
  2. FA43 F1.9 Limited
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:10
<<別府のおみやげ (5) | ホーム | 別府へ (3)>>

コメント

石仏

そうそう、大日如来像の土鈴(おみやげ用)を
作るバイトやってました。

やはり一度お目にかからねば・・・。
  1. 2010/11/26(金) 17:24:19 |
  2. URL |
  3. モー #-
  4. [ 編集]

見て無いのに?

モーさん
見ずに作っていたのですか?

実は、りかゆんから
「おみやげが待ち遠しいです。石仏のレプリカとか別府のペナントはやめてください」
とメールをもらったのでした(笑)
  1. 2010/11/26(金) 17:32:42 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

みやげは石仏…

むかし、石仏頭の容器にはいった焼酎を、
お土産に買ったことがあるなぁ、、
 
  1. 2010/11/26(金) 22:48:47 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

お味の方は?

トトロ先生
石仏焼酎は、さぞ美味しかったのでしょうね。
三流の焼酎とか入れたら、バチが当たりますものね。
  1. 2010/11/26(金) 22:52:21 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

石仏焼酎…

ずいぶん昔のことなので、味のほうは忘れましたが、
容器のほうは、しばらくテレビの上のに飾ってあったような……

いつのまにか、どこかへいってしまったようです、、バチが当たるかな(汗)
 
  1. 2010/11/27(土) 17:53:53 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

TVの上

王道ですね。
でも、最近の薄型TVは上に何も載せることができません。
  1. 2010/11/27(土) 18:40:28 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

薄型テレビになって…

旅の土産品も、子供や孫の写真も、引出物の時計も、何にも置けなくなってしまいました、
お茶の間文化のひとつがいまや風前の灯火です、

いろいろ飾っておきたい人のために、こんなものがありました(笑)
http://shiawasetime.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/08/05/l5.jpg
  1. 2010/11/28(日) 09:25:35 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

何故か?

あれだけ薄くなっても、壁掛けTVというのはあまり聞かないですね。
未来の家電では、壁掛けTVと言うのが一番希望者が多いと思ったのですが。
DVD(BD)が薄型では無いからでしょうか?
  1. 2010/11/28(日) 20:46:48 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

未来の家庭…

壁と一体化した大型画面のテレビの前で、
お父さんとお母さんはワインを片手に映画を楽しみ、
かたわらには子供たちと大型犬が寝そべっている、、
あこがれますね(笑)、、

現実は、薄型テレビは買えたけれど、
わが家の石膏ボードの薄い壁には、強度不足で取り付けられない(寂)、、ってとこかなぁ、、
 
  1. 2010/11/29(月) 21:56:13 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

現実には...

核家族と個食で、団欒と言う言葉は死語になり...
各自、スマートホンでワンセグを観る?

磯野家のような団欒はどこへ行ったのでしょうか?

関係ないですが、本屋で
「波平の遺産は、どうなる!? 磯野家の相続」
と言う本を見つけました。
  1. 2010/11/29(月) 22:04:28 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: