FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

アメリカザリガニ

久しぶりに見ました。
赤い姿

アメリカザリガニです。

アメリカザリガニ
グロテスクと言われてもしょうがないですが。
アメリカザリガニはその名のとおり、ミシシッピ川流域を中心としたアメリカ合衆国の南東部を原産とする外来種です。


アメリカザリガニ
日本に移入されたのは1927年(昭和2年)で、ウシガエルの餌用として神奈川県鎌倉郡岩瀬の鎌倉食用蛙養殖場に20匹持ち込まれた。その後、養殖池から逃げ出した個体が1960年頃には九州まで分布域を広げたそうです。


アメリカザリガニ
外敵に対しはさみで威嚇するなどの習性から子どもたちの水辺での遊び相手である。
-以上 wikiより-

しかし、どぎつい色ですね。
茹でてないのに、真っ赤です(笑)



オマケは、キセキレイ
丸々と太って見えます。

キセキレイ
レンズ内手振れ補正の効果も顕著で、写していて楽しいです。



TAMRON A005 70-300VC



関連記事
  1. 2010/11/05(金) 20:10:10|
  2. TAMRON A005 70-300mmVC [EOS]
  3. 関連するタグ キセキレイ
  4. | コメント:10
<<第82回 菊花展 | ホーム | 稲木>>

コメント

子供の頃・・・捕まえたなぁ、アメリカザリガニ(笑)
毎日、近くの小川に出かけて行ってはバケツに満杯に捕まえてきては家に持って帰った。
なので大きなタライに山盛りに・・・^^;
結局、皆、死んじゃって悪臭が凄くなっちゃうんですけどね。(汗)
で「もう、家に持ってきてはダメ!」と親に言われて、それからは川原で爆竹で爆破。
今考えるとなんとも残酷なことをしていたものです。
(汗)
あぁ、お許しください。アメリカザリガニさま。^^;
  1. 2010/11/06(土) 07:15:49 |
  2. URL |
  3. くりまんじゅう #A1vz8dvw
  4. [ 編集]

最近あまりみなくなりました。

アメリカザリガニと言えば、子供の友達と言うか、結構虐待されていましたけど。
実家のあたりは田圃とか無いので、公園に釣りに行った記憶はあります。
関西だからなのか、ヤマトザリガニは記憶にないです。
この、赤い、毒々しい色はすごいですね。
久しぶりに見たので、つい撮ってしまいました。
  1. 2010/11/06(土) 09:38:20 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

幼少期には山間の冷たい小川とか沼地に行くとニホンザリガニを見た記憶も残ってますが、アメリカザリガニが爆発的に増えてからは、まったく見なくなりました。
逆にアメリカザリガニはそれこそどこにでもいました。
網ですくったり、わざわざスルメで釣ったり・・・
で、脱皮するんですよね。
脱皮直後のフニャフニャの殻の感触が指先に残っています。(汗)
  1. 2010/11/06(土) 10:22:29 |
  2. URL |
  3. くりまんじゅう #A1vz8dvw
  4. [ 編集]

外国では食べるそうですが。

日本では食べる人は居ないでしょうね。なんとなくですが。
最初が20匹というのが笑えます。
畔の一か所に、バラバラ死体を多数発見したのですが、さて、サギか何かに餌にされたのかなぁ?
最近の子供はザリガニをばらして遊ぶ事はしないと思うのですが。
面白いように釣れるのですよね。
外来種は貪欲なのか??
  1. 2010/11/06(土) 10:47:05 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

くりまんじゅうは食べました。(笑)
父親がかなりマニアックに猟をしていたので、食べたと言うより分からずに色々と食べさせられました。
キジ・山鳥・コジュッケイ・山鳩などは当然として、その他にも川魚やイナゴ・蜂の子・蛙・サワガニ、そしてザリガニなども・・・(汗)
山菜は食べたけどキノコ類は「深すぎて分からん」といいこれはアンタッチャブル。

でも、すべて自然の中にいるやつだけでした。
田んぼとかは農薬が蓄積している可能性があるし、近郊にゴルフ場が出来てからは、まったく食べなくなってしまいました。
まぁ、「うまい」と思ったものはなにもありませんでしたが・・・
あっ、一度、どこかのフランス料理屋さんで「ザリガニ」料理(養殖)を一度いただいたことがあります。
まっ、小さい海老って感じですね。^^;
なんかソースの味が強くてそれ自体の味はよくわかりませんでしたが・・・
  1. 2010/11/06(土) 10:59:29 |
  2. URL |
  3. くりまんじゅう #A1vz8dvw
  4. [ 編集]

食べたですか!

大学の時に友人が親子で猟をやってまして、雉は旨いと言ってましたが、お相伴にあずかった事は無かったです。
雉の出るポイントは知ってますが、もっぱら写すのみですけど。
その近所で「雉肉あります」という看板が気になているのですが、まだ買った事無いです。
天然のカモは蓼科で食べましたが、すごい油で(笑)
ロブスターはフィッシャマンズワーフで食べた事あります。おっと、伊勢海老もロブスターの仲間でしたね。
  1. 2010/11/06(土) 12:06:50 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

キジ肉は独特の風味です。
良く言えば、野趣溢れるというか、油分は少ないのですが、旨みが強い。
でも、悪く言えば、硬くて臭みがあります。

あっ、セッターとかポインターなど猟犬飼ったら如何でしょうか。(笑)
そして山に猟師ならぬ写師として入る。
ポイントしている犬に、「ゴー!」という掛け声でばっちりと追い出してくれます。
それを散弾銃じゃなくカメラで撃つ。
広角なら散弾銃。望遠ならライフル。
日の丸構図なら満点です。(爆)

しかし、いつまで引っ張るやら>じぶん^^;
  1. 2010/11/06(土) 14:51:55 |
  2. URL |
  3. くりまんじゅう #A1vz8dvw
  4. [ 編集]

ゴルゴ13

お付き合いありがとうございます(笑)
えっと、その知人の話ですが
散弾だから当たるけれど、ライフルは絶対無理!
ゴルゴ13ぢゃ無いから...と申しておりました。
彼の家には、22口径のライフルも有ったようですが、当たりっこないと申しておりましたね。
なので、AFとはいえ、400mm超で、追い出した鳥を撮るのは不可能では無いかと?
手持ちだから、手ぶれ補正レンズに変えねばなりませんしだいたい、犬の散歩は誰がする?
近所に放しても良い里山はありません(笑)
  1. 2010/11/06(土) 15:23:14 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

是非、写師会のゴルゴと呼ばれるように精進してください。(笑)

散弾銃にも最大は一発弾と呼ばれる単体弾(スラッグ弾)があります。
こいつは弾が1発だけなので当然散弾しません。
熊などを猟する時に使用します。
しかし、父親なども申してましたが、当たる気がしないそうです。

が、しかし、そこを手持ち400mmをMFでど真ん中ジャスピンで撮る。しかも、しっかりと訓練された犬を連れて山に入る。
まさに「カッコイイ!」です。(笑)

まずは猟をする方とご一緒に山に入られたが如何でしょうか?
  1. 2010/11/06(土) 19:02:37 |
  2. URL |
  3. くりまんじゅう #A1vz8dvw
  4. [ 編集]

熊打ち

当たるか、当たらないかでは無くて
数打たねばなりません。

さて、明日は久しぶりに鳥見

しかし、ロッテvs中日戦を見ていたので、更新が遅くなってしまった。
  1. 2010/11/07(日) 00:00:15 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ シジュウカラ キビタキ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: