FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

BUTU-YOKU

先日、PENTAX K-5が発売になりました。
*istDを買って、もうしばらく使うはずだったのですが、K10Dにボディ内手ぶれ補正が付いたのと、りかゆんが写真を始めようかというので、買い増しをしたK10Dです。

その後も、K20D、K-7をスルーして、この度 K-5が出ました。
もちろん、新製品の方がいろいろと良くなっているのですが、K10Dが故障して使えない訳ではないので、買い替えねばならない理由は特にありません。
『後ピン症状』も調整に出して改善しました。

この件については少し嫌になってまして、修理費を元手に(?)安くなっているK-7を購入するというシナリオも頭をよぎったのですが...K-5発表の噂もありましたし、とりあえず1万円ぐらいで修理ができたので、修理して様子見と言う事にしました。

発売当初のK-7をスルーと決めた最大の理由は、高感度耐性が思ったより向上していなかったこと。


標準域のレンズを使った夜景以外の風景撮影やポートレイトでは、ISO1600以上に上げる必要性はあまり無いと思いますが、手持ちで夜景を撮るとか、暗いライブ会場で撮るとか、暗い体育館でスポーツを撮るとか、そういう事をしようとすると、感度を上げても画質の劣化が少ないボディは(鳥以外が対象でも)魅力的なのです。

スポーツ撮影はやらないのですが、それ以外は時々やるので、ISO6400とか12800とかが使えるカメラは欲しいです。

りかゆんの、α550がうちのカメラでは一番高感度に強いですが、普通に何も考えずに使えるのはやはり ISOオートの上限であるISO1600です。3200は使いますが、6400と12800はできれば使いたくない感度になります。
それでも、F8のREFLEXレンズをメインに使うりかゆんには、自動でISO1600まで上がって 1/500秒をキープしてくれるα550は強い味方です。
と言っても、せいぜいアドバンテージは1~2段なのですが。

EOS40は、K10Dより高感度に強いですが、それでもISO1600はあまり使いたくないです。
K10Dに至っては、できればISO800までで使いたい。
新製品のたびに、一段一段高感度の階段を上がっていて、
常にEOSがリードする構図でしたが、少し傾向が変わったのが、K-5なのです。
天下のCANON がこのままで済ませる訳は無いと思いますけど。

使っていないので何ともですが、K-5では ISO6400~12800も(場合によっては)許容範囲みたいです。
設定上は、ISO51200で撮ることができます。


高感度と言っても、1/1000秒で止めるために上げるISO3200と、1/15秒より遅くしたくないために上げるISO3200は違いますので(露光時間が長引くほどノイズが乗るように思います)同列には考えにくいです。

ダイナミックレンジが狭くなる事を承知で(シャッタースピードを稼ぐために) -1EVぐらい補正をかけて、ISO1600と1250を行ったり来たりしながら、1/10秒のシャッターを押す時に、被写体に「動いてくれるなよ」と願う瞬間の気持ち(手ぶれ補正があっても、被写体ブレは避けられません)

もし「ISO6400でイイか」ぐらいになればずいぶんと楽に撮影できるなと思う訳です。


そもそも、撮影機材を入れ替える(もしくは増やす)という事に関するモチベーションは、機材を変える(増やす)事によって、撮影のチャンスを増やす事ができる、撮影の質を向上させる事ができる(かもしれない)というのが有るからですね。
もしくは、もっと気持ちよく押せるようになるか?

現在、PENTAXとEOSマウント(さらにαとOLYMPUSも)を使い分けていますが、逆に執着無く機材選びに専念できるような気がします。

そんな訳で、K-5購入に向けて気持ちが盛り上がっている、この頃です。

ボサノバの夜
在庫から「ボサノバの夜」別カット(2008年11月)

PENTAX K10D TAMRON A09 28-75F2.8
33.00 mm(換算:49 mm)
1/13s F2.8 ISO1250 -0.70EV

主な被写体が止まった瞬間...
でも、pandeiro のトクさんの手はぶれてますね(笑)



K-5の最大の難点は「連写速度」ではなくて、連写枚数。秒7コマが生かせません。
何度か EOS40Dで、バッファフル(JPEGで60枚)を経験している身としては、現状30枚でバッファフルになる仕様はマイナス点です。(なんか早々とファームアップで、枚数が増えるアナウンスがあるみたいですが)
チャンスにはたくさん押しますので、押せなくなるのは辛いです。SDカードはCFより書き込み遅いし。

鳥用の主力レンズが手元に無い事もあって(通常のAFレンズは製品としてもごく限られます)
今のところ、PENTAXで鳥と言うのは、あまり考えてないのです。



K10D+TAMRON A09


関連記事
  1. 2010/11/01(月) 22:46:02|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:6
<<続 BUTU-YOKU | ホーム | A005試撮>>

コメント

レンズ固定

メーカーにより得意不得意があるので、高い高級機1台持つよりも、メーカーバラバラの普及機が色々あった方が融通が利くかもしれません。

宝くじでも当たれば話は別でしょうけどねぇ~。全メーカーのフラッグシップ収集するとか。
でもどれもこれも重たいから、結局持ち歩かないかも。(笑)
  1. 2010/11/02(火) 13:59:32 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

Nikon買っときゃ間違いない?

オールマイティで、外さず、信頼が置けると言えば、Nikonですねぇ。面白味が無いとか、個性的なというのは少し違いますし、間違いないレンズは高いです(重いのもあるけど)
お金の問題は、人それぞれですし、是非欲しいとなればなんとかなるものですが、『必要十分』というのが好きで、目的に合致する機能を絞り込んでいくと、なんか知りませんが機材が増えてます。安物買いの銭失いと言う指摘も成り立ちますが。
実は、スイートスポットを狙ったはずが、自分自身がぶれているので、しばらくしたら自分から外して居るような気もしますし。
  1. 2010/11/02(火) 16:43:36 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

う~ん、この辺確かに難しいですよね!
ある人が言っていましたけど、最初からメーカーの高機種を購入して撮れる写真は当たり前すぎて面白くない・・・
ギリギリの線でもがき苦しむので、工夫を重ねて面白いのだと・・・ (^_^;)
確かに安物買いの・・・ は遠回りかもしれませんけど、もがいた分だけより多くの知識を知る事になり、結局そういう事が楽しかったりもする! なんて事ですかね・・・ 初めから100%の写真を撮らなければいけないプロと違って、私たちは色んな意味で楽しめば良いと思う今日この頃です。 (^^ゞ
  1. 2010/11/02(火) 21:04:18 |
  2. URL |
  3. pasoshin #TkNyZynM
  4. [ 編集]

あくまでも私の所感

Canon> 5D MarkIIは銘機だし今は値下がりしてるし魅力的。F4通しとかの竹レンズが揃っているので羨ましい。7Dはちょっと高価。今後ミラーレス市場に乗り込むとするとKISSと60Dの立場が微妙。

Nikon> 性能文句なしのナノクリレンズが中間レンジまで採用されたのは魅了的。(今までは高価で手が出なかった) DXフォーマットはすごく熟成されているが、少しモデルを整理した方が良いのでは?
FXフォーマットはプロとハイアマ用に割り切った??

PENTAX> K-5はツボを得ていると思う。K-xとK-rは一本化した方がコスト削減できるのでは?
645Dはあの解像力を生かせるレンズが揃うかどうか。まぁ本体にしろレンズにしろ私の購入範疇を超えてマス。

SONY> 目を見張る先端技術により魅力的な製品出してはいるが、裏を返せば「過渡期」的な技術の様な....一眼レフ市場ではどう転んでも2強に勝てない。覇者に成れそうなミラーレス市場だが、本体とレンズ群を次々と投入しαショックを起こしたミノルタ時代と比較すると、レンズも本体もスピード遅すぎる製品投入ペース。
このままだと、ミラーレスも2強に追いつかれます。

...何かどれ買っても不安だなぁ。(笑) どうせなら際物に行ってみましょう!
ライカか、フォビオンか、逆輸入サムソンか....。マミヤ、ハッセル、ローライも凄いぞ(高いぞ)!
(※都合によりフォーサーズ陣営は割愛しました...>どんな都合やねん?)
  1. 2010/11/02(火) 21:14:48 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

隙間狙い?

パソシンさん
パソコンも、Win95少し前から使ってますが、あの頃は誰も教えてくれる人が無くて、いろいろ苦労しましたが、その分くだらないことも含めて、知識も増えました。
メーカーサポートとか気にせず廉価なパソコンを買ってます。何とかなる気がして。
「あれはいまいちだった」と言えるのは、それを知っている人の言葉。受け売りとは違うものがあります。
500mmとか欲しいけど、あの重さは耐えがたいと思ってしまいます。ゴヨンゴだったら少しは軽いのかな?でもテレコン付けてAFできるF4は譲らないでしょうね。αはF4.5でも1.4xテレコン付けてAFできるはずなのですが(中央一点)
F8でAFできて欲しいですが、駄目ならMFでも良いかな?と思う今日この頃です。
いろいろと、ストレスが無い撮影が理想です。
  1. 2010/11/02(火) 21:36:04 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

スナップ

たじたじさん
スナップを取り続けている人のBlogを拝見すると、すごく良い構図で撮っておられます。ほんの1-2年で驚くほど上達されている。
特に、自然ではなくて、街中とか人工物混じりのスナップは見たこと無い構図で切り出してくれます。
永らくそういうのから遠ざかっているので、すっかり腕が落ちてますね(もともと無いのに)
機材はナンだって良いのかも知れません。
気持ちよく押せればね。
  1. 2010/11/02(火) 21:49:01 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ エナガ シジュウカラ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: