FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

Translucent Mirror Technology

α55

α550の後継機らしき新型DSLRがSONYより発表されました。

α550は、りかゆん用に考えた『新主力望遠』のReflex500mm用に調達したボディ
世界で唯一の『オートフォーカス反射望遠レンズ』を使えるのは、現行ではSONYのαマウントのみ。
(そのレンズも先日ディスコンになってしまいましたが)
最初、SONYで一番安いボディにしようかと思っていましたが、α550が高感度に強いという事で奮発して買ったもの。
実際、F8と暗めのレンズには、ISO1600まで自動で感度UPしてくれるα550は正解だったと思っています。

さて、こんどのα55(〃33)ですが
またしても、アッパーエントリーモデル?みたいです。

世界最速『AFでの秒10コマ』を誇ろうが、ダイヤルが1個しか無いボディはやはりエントリーモデルに分類されるのでしょうね。

まぁ、少し毛色の変わったモデルなので、そのあたりに注目した方は買いかもしれません。

α55の一番の特徴は、レフレックスミラーが透過型で動かないこと(Translucent Mirror Technology)
ペンタミラーが無くて、ファインダーは144万ドット相当のEVFになること。

EVFは、視野率は100%、倍率は1.10倍。アイポイントは約10mm
当然、露出補正やWBも反映されます。
表示倍率も α55は7.5倍と15倍を選択して精密なMFも可能になります。

レフレックスミラーが動かないので、シャッターを押したときのミラーショックは皆無です(シャッターユニットはあるので、シャッター幕のショックは残ります)
ミラーが透過型という事は、ゴミ問題は発生しないという事でしょうかね?
アンチダスト機能は付いているようですが。

また、ペンタミラーの位置に測距点数15点のAFセンサーを持つので、ライブビュー中でも位相差AFが可能ですから、ライブビューでも爆即AFという事になります(コントラスト検出方式は遅いですから)
ミラーのあるミラーレス機みたいな感じです。
このあたりは、いかにもSONYですね。

α55の方は、二軸可動背面液晶で 3型92万画素(縦位置でのライブビューもやりやすくなりました)
世界最速のAF追随10コマ/秒連写(α33は7コマ/秒)
シャッタースピード 1/4000秒
α55は約1,620万画素、α33は約1,420万画素で、α55のは新型ですね。
おそらくこの新型素子が、ペンタの K-5にのることになるのだと思います。

感度は、AUTOでISO100~1600、拡張で最高 ISO 25600まで
動画もAVCHD:1920 x 1080、MP4:1440 x 1080
ステレオ内臓マイク、外部マイク端子有りです。

これで、441g(バッテリーとメモリ込みで500g)は軽量ですね。
約124.4(幅)x 92(高さ) x 84.7 (奥行き)mm

ペンタミラーが不要なのと、レフレックスミラーを動かす機構が不要なのが軽量化の要因でしょう。

他にも
連写した画像を合成して低ノイズの画像にする「マルチショットNR」
6コマの画像を重ね合わせる「手持ち夜景」
最大6EVのオートHDR
アスペクト比は、3:2または16:9
スイングパノラマ(ワイド/標準)や、3Dスイングパノラマの撮影も可能です。
α55には、本体にGPS機能を(一眼レフでは)世界で初搭載
と、いろいろ機能のてんこ盛り状態です。

『Translucent Mirror Technology』と言うのは、ある意味逆転の発想ですが
カメラ屋ではなかったSONYだから出てきた発想なのかもしれません。

が、しかし。
ミノルタ時代から世界最高水準であったファインダーの製造技術を捨ててしまうことになるのでしょうね。
まぁ、コストダウンには一番なじまない部分でもあるみたいですが。

*

結論ですが、うちの場合は、動画を撮らないならスルーでしょうか(笑)



α55
小さくて、軽いのは良いですね。
可動液晶は、やはり二軸が便利です。


α55
EVFのためか、ファインダーが出っ張ってますが、これが結構見やすいのです。
α550のは引っ込んでますので、見にくいのですよ。


開発者インタビューとかは、ここ


【追記】
海外ではα550の正常進化型というか、撮影素子とAFセンサーのみリプレイスした機種
「α580」と「α560」が発表されたみたいです。

撮影時にミラーを上下する必要は無いのですが、センサーを直接クリーニングするためにミラーを上げる事は可能だそうです。
また、ミラーには汚れが付きにくい処理を施しているという事です。


うちの場合はスルーという件を少し補足しておきますと
α550には、9割まで Reflex500mmが付いています。撮るものは鳥(使うのはりかゆん)
そういう状況なので、予算の事はともかく、買い替える理由があまり無いという事です。
感度が少しUPしていますが、常用感度のISOオートは同じ~1600までですし、コマ数は5→6というのが実質のUPでしょう。ミラーショックは無くても、ミラーレス機のシャッターショックが大きいのは既知の事実なので、あまり変化は無いかな?とか思います。
飛び出しとかで、10コマが使える可能性は残りますけど。
AFが速くなっているかも?と言っても、そもそもレンズのAFが速くないので変わらないでしょう。
ゴヨンとかを買い足せば差が出るでしょうが。
これは「下種の勘繰り」かもしれませんが、ミノルタ時代から、Reflex500用にも調整したAFセンサーを使っていましたが、先日そのレンズを(ひっそりと)ディスコンにしました。
そして発表した新型ボディなので、もしかしたらAFでReflex500には不利になったかもしれないかな?とか。
実機が無いので、なんとも言えないことばかりですけど。

α550と、α55を並べてどっちを買うかと言われたら、やっぱりα55でしょうね。
画素数が増えたのが、ちょっと困った事ですが。




関連記事
  1. 2010/08/24(火) 21:08:24|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:8
<<α550でウミネコ | ホーム | Jetski>>

コメント

エントリー機で

こんな尖った機種出すところがSONYらしい。
問題は、さらにカテゴリー分けが難しくなった?

ミラーレスではない。でもミラーは動かない。
しかもAFの為だけにあるミラーの存在。
というかほとんど透過しているのだからガラスなのか?

動画でも位相差AFなのでしょうか?よくわからん....。
  1. 2010/08/25(水) 01:04:52 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

動画も位相差AF

確か、動画でも位相差AF可だったと思います。
ズームも電動だという事無いのですが。
しかし、そうなると先日出た動画専用機(Eマウント)よりもAFに関してはアドバンテージがあるような?
古い話ですが、CANONのペリクルミラー機を思い出しますね。ハイエンドだったから触ったことも無いですけど。
うまく、ミラーレス機用の部品を使いまわしたと思いますよ。EVFとか。
  1. 2010/08/25(水) 09:05:15 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

NEXより上でしょう

原理的にはコントラストAFより優れている...ハズ?

フジフイルムが位相差AFをイメージセンサに組み込むそうですが、連射記録している間もAF追尾してくれるかどうかですね。その点、センサと分離させたSONY方式の方が有利かどうか。

まぁフジはコンデジ中心ですので、センサ組み込みの方がコストも抑えられてコンパクトだし。
AF性能と連射で報道関係に根強いキヤノンと勝負する気は無いでしょう。

昔のフラッグシップ機はファインダー交換出来ましたが、α900後継機は、レフボックスごと交換出来たら、おもしろいかも。
(1)Translucent Mirror Technology+EVF
(2)従来のミラーボックス+光学ファインダー

でかくなるからダメか....。(笑)
  1. 2010/08/25(水) 13:11:47 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

ミラーの反射率

ミラーBOXを取り換えるアイデアは面白いと思いますが、レフレックスミラーの透過率を変えないとダメでしょう。
この透過率なら、ファインダーに直接写る像は、透けてしまってほとんど何だか判らないと思いますよ。
透過率を下げれば、今度はミラーアップが必要になりますね。
あちらを立てれば...となるのでは。
  1. 2010/08/25(水) 14:36:52 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

全力でスルー?

ふむふむ、では透過ミラーの前側に通常のクイックリターンミラーを配置するとか。
光学ファインダーなのですが、ミラーアップするとミラー裏側にAFセンサーがあり....てな感じで。
まぁ二兎を追う者は一兎をも得ず的ですけど。

でもα55は、EVFと連射時のAFが良かったら全力でスルーした方が良いでしょう。迷いがあったらポチッと行きそうです。
  1. 2010/08/25(水) 23:34:55 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

欲しいものは手に入れよう(笑)

止めたりしませんし、手に入れたからといって非難したりしませんから。
そんなに気張らなくても、二度とない人生ですし(笑)
倍率1.1倍と言うのはいいですねぇ。
Distagon T* 24mm とセットでいかがですか?
α900メインで、α55でも使えますよ。
  1. 2010/08/25(水) 23:47:23 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

あはは

私は大丈夫ですよ。MFで一枚ずつ確認しながら撮る被写体なので。

頂いたお言葉はそっくりそのまま、はりーさまとりかゆんさまにお返ししましょう。
店頭で現物を連射しないように心がけましょう。物欲は一度わき上がると、しばらくは抑制出来ても消去は困難です。

以上、経験者が語りました。(笑)
  1. 2010/08/26(木) 12:53:04 |
  2. URL |
  3. たじたじ #-
  4. [ 編集]

連写の魅力

確かに、K10Dメインだったころ
こっちが、カシャ、カシャ、カシャと撮っているときに、隣で、タタタタタタッと言う音を聞いて『少しショック』だった頃を思い出しました(笑)
6コマも8コマも10コマも同じですよ。
AF追従はまだまだC、Nの方が上でしょう。
7Dと1D3でも違うそうですから。
60D出ましたね(笑)
  1. 2010/08/26(木) 13:51:15 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: