FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

今日も雨

日曜でしたが、今日も雨でした。
時々雨は止むのですが、今にも降りそうな天気では鳥見には行きにくいです。
やはり、天気が一番

さて、引き続き在庫生活なので、また平日に何か撮る算段をしなければなりません。
思いつくのは、某公園のアオバズクかなぁ。
行って来ようと思いますが、果たしてどうなるか?

と言うことで、今日は雨なので
紫陽花でも

在庫はまだまだあるのですが。
今回は、ドアップ系を

紫陽花
虫がらみは、他にもあるのですが。


紫陽花
寄って撮ると、背景のボケが大きくなります。
まぁ、30mmレンズなので、比較的ボケ具合が穏やかではあります。


紫陽花
開放(F2.8)から一段絞って、だいたいF4で撮りました。


紫陽花
やはり、お花マクロは、しべにピントですね。


紫陽花
厳密にチェックしてないのですが、F4まで絞ると、玉ボケは少し角ばってしまいますね。
ネットで見たところでは、F4に絞ってもまだ口径食は出るそうなので、そういう意味では廉価レンズの範疇を出ないレンズではありますが、お安くて、軽くて、そこそこなので良いと思いますけど。


紫陽花
このレンズにしては、珍しく前ボケになっています(笑)


少し前になりますが、写真家の田中氏のブログ thisistanakaを読んでいたら
円形絞りはミノルタの特許で、それが先日切れたのだそうです。
Nikonとかにも円形絞りは有るのだけれど、これはミノルタとは別方式なのか、クロスライセンス等によるものなのかは知らないと書いてありました。
先日からPENTAXにも、DA★55やDFAマクロ100等に円形絞りが採用されたのですが、そう言う背景があったのかと思われます。

そもそも円形絞りというのは、絞り羽根の形状を工夫して、少し絞った状態でも円形になるよう作られています。
普通、6枚羽根なら絞ったら六角形になるわけ。
普段は開放で、撮影の瞬間だけ絞り羽根を動かさなければならない近年のレンズでは、絞り羽根は9枚程度が限界のようです。
プリセット絞りが常識のOLDレンズの場合は、JUPITER-9 85mm/F2 のように絞り羽根が15枚でより円形に近く作る事もできた訳ですが。

当然、開放は円形になるのですが、開放故に口径食が出て周辺のボケ玉がレモン型になります。
これを回避するために絞るとボケ玉が多角形になると言うジレンマ。
なので、開放から1-2段を円形絞りになるようにしてやると口径食が出なくて、ボケ玉も円形になるという絞り値を探せるかもしれないわけです。
と言うのは、口径食は中間のレンズ構成とかによって発生したりするので円形絞りなら全部OKという事でも無いみたいです。


関連記事
  1. 2010/07/11(日) 23:07:04|
  2. DT30mmF2.8MACRO[α]
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
<<アサザとコウホネ | ホーム | Krispy Kreme Doughnuts>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オグロシギ エリマキシギ ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ シロチドリ キアシシギ キョウジョシギ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ シジュウカラ エナガ キビタキ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: