FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

NikonカメラアタッチメントMC

NikonカメラアタッチメントMC「キヤノンEOS」用です。
先日から、実戦投入しているのですが、詳細をまとめておきます。

こんなモノが有ったんだ...と言うのが、最初の感想。
カメラアタッチメントMCと言うのは、Nikonのフィールドスコープに一眼レフを取り付けるための機材です。
うちにあるNikon ED82とかを一眼レフ用 超望遠レンズにしてしまおうという都合の良い機材です。
問題は、マニュアルフォーカスになることと、F12.2と言われる暗さ。

マルチマウントになっている現状でも、うちにNikonのカメラはありません。
なので、一時期真剣にNikonD40とかの中古を買おうかと思ったこともありましたが、止めた理由はやはりその暗さ。

EOS40Dを買ったときも、マウントアダプタ経由でNikonのレンズは付きますし、アタッチメントMCでは、D200orD300以外はCPUが無いレンズだと自動露出が利かないですが、マウントアダプタを経由してもEOSでは絞り優先で撮影できるみたいです。
ちなみに、新型のFSA-L1 と言うカメラアタッチメントは、CPU内蔵なのかD40とかでも自動露出が可能です(MCより高いですけど)

決め手がなくて、カメラアタッチメントへの思いはお蔵入りしていたのでした。


で、時は流れて...
ふと見た某ショップの中古情報で、FSA-L1 の美品が半額程度で売ってました。
買おうかな?と思って、自宅に帰ると売り切れていました。

もんもんと(笑)ネットを彷徨っていましたら、カメラアタッチメントMC「キヤノンEOS」用と言うの見つけてしまったのです。
え?『EOS用』って?(α用、ペンタックス用、CONTAX用、minoltaMD用 等もありました)

Nikonの正規ページを見ても、そんなモノはありません。
通常のMCより少し高いのですが、問い合わせたら取り寄せになるけど有るという。

半信半疑で注文してみたのが到着したのです。
確かにNikonと書いてある(笑)

カメラアタッチメントMC
けっこう長いのです。


カメラアタッチメントMC
つなぐとこんな感じ。
さらに、この前にスコープを接続します。


マウントのところを触っていると、ぐるぐる回ってマウント部が取れました。
どうやら、ねじ込み式のEOS用マウントをステップアップリングで取り付けてあるみたいです。
Kenkoのレフレンズみたいに、Tマウント?(ねじ込み式※)になっているような感じです。
と言うことは、マウント部は半オリジナルと言うことかな?

カメラアタッチメントMC
分かりにくいですが、Kenkoの 52→58 ステップアップリングがはまっています。


カメラアタッチメントMC経由ですと、ED82+EOS40Dで1600mm相当になります。
普通はコリメート法を使用するデジスコの方が明るくて良いのですが、動きの早いコチドリとかを撮るには不向きなのです。400mmでは短いし。
暗くなるのは 高ISOでごまかそうという魂胆です。

さらに止まりモノだと、LVでの撮影ができます。
LVは、CCD(CMOS)から出てくる絵をそのまま見ることになるので、F13だろうとISOを上げてやれば問題ありません。
拡大してピントを追い込めるでしょう。

LVならα550なのですが、りかゆんの機材を借りるのは最小限にしたいと思って、EOS用を注文した次第なのです。
ペンタ用でも良かったのですけど、K10DだとLVが使えませんので。
心配したカメラの向きも、ネジをゆるめることで回転できるので、横から支えるGH-1雲台でも問題なく横位置で撮影可能です。


最終的に購入に至ったのは、アタッチメントMC以外に必要なモノは無くて、考えたら割と少ない出費で1600mm望遠が
手に入る理屈なので、リスクは承知でいってみようかと魔が差したこと(笑)

その時に考えたのは、普通にNikon用を買うか、EOS用を買うかです。
Nikon用なら、マウントアダプタも買わねばなりませんが、Nikon用の中古レンズとかも使えるようになる訳です。
ただ、これといって買う予定のレンズも無いし、400Lから付け替えるのに、屋外でマウントアダプタを付けたり外したりするよりは、EOS用を素直に買ってしまおうという結論でした。
あまり見たこと無いレアなブツですし(爆)


実際に使って思うのは、結構長いと言うこと。取り回しが面倒です。
やはり暗いので、高ISOに耐えるボディでないとシャッタースピードが上がらなくて、特に日陰とかでは被写体ブレが避けられないこと。
昼でも ISO1600とか常用できないと辛いです。

暗くて、ピントを合わせられないかと思いましたが、その辺は大丈夫でしたが、ISO800ぐらいだと、とにかくシャッタースピードが上がらないので、ブレが押さえ込めません。

きっちりとブレを押さえ込むことができれば、そこそこいけるのではないかと思います。
なかなか道のりは厳しいですが。

実戦投入した感想では、相当じっとしてくれているこでないとLVはダメです。
10倍に拡大すると、目が回るほどぐらぐらゆれて、収まるのに数秒
ケーブルレリーズを使えば押せるかもしれませんが、手持ちで押すのは不可能です。
さわるとゆれますから。

歩留まりが悪いのは承知で使っていけば、適材適所で使い道もあるかな?とか思います。


カメラアタッチメントMC
最後に、フル装備の勇姿を(笑)
長いです(汗)


※Tマウント
口径42mm ネジピッチ0.75mm フランジバック55mm
天体望遠鏡によく使われているマウント
M42プラクチカマウントとは、ネジピッチとフランジバックが違う。

※プラクチカマウント(俗に言う、M42マウント)
口径42mm ネジピッチ1mm フランジバック45.46mm


購入は、テレスコープセンターアイベル
天体望遠鏡とかを主に扱うショップで、三重県津市に店舗もあるみたいです。


撮影は、Nikon P5100


関連記事
  1. 2010/04/05(月) 23:04:04|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:11
<<カワセミ池の住人 | ホーム | 1600mmの誘惑>>

コメント

おはようございます。
その焦点距離にその三脚・雲台でレリーズ撮影ではブレますよね。
私は以前書いてたと思いますがフィールドスコープ+デジタル一眼では一脚を使用してます。
なんでそれでぶれないかと言いますとレンズとカメラを両方とも固定できるからです。
一脚は慣れの問題もありますからその三脚で撮影されるのでしたらレリーズではなく手でカメラとスコープをもち指でシャッターを切った方がはるかにブレはすくなくなります。
私のも1500mm相当f12.5ですが光学ファインダーで何時もピントを合わせてます。
ライブビューでピント合わせはしたことありません。
ファインダーの方がピント合わせやすいと思いますし結局ぶれずに撮りやすいと思いますよ。
  1. 2010/04/06(火) 09:21:55 |
  2. URL |
  3. ken #LkZag.iM
  4. [ 編集]

試行錯誤中です。

kenさん、おはようございます。
ちょっと勢いで買ってみたカメラアタッチメントなのですが、万能とは思いませんが、撮影のバリエーションが増やせるかも?と思うときはあります。
LVは買う前は結構期待したのですが、ほとんど使い物にならないかな?と言うのが結論です。
ビーンズバックの方が良いかもしれません(これもやってないので何ともですが)やはり自分でやってみないと何も判りませんね。
基本、おでこと、左手と、右手のグリップで押さえ込んで撮っています。
デジスコよりは遥かに素早くピント合わせが可能なので(慣れれば?)生きる道はあるかなと思っています。適材適所という事なんでしょうね。
ファインダーが暗くてダメかな?とか思ったのですが、kenさんがF32相当でもちゃんと撮っておられるので、勝手にいけるかも?とか思ったのでした(汗)
  1. 2010/04/06(火) 10:03:47 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんばんは。
僕もこの道を通ってきました。
ニコンとコーワのスコープで撮った写真を取り寄せて検証し、ニコンのED82にF4で撮ってました。
その時はデジタルはなかったので、ISO800のネガにマイナス1補正で撮ってましたが、アタッチメントのレンズ口径が小さいので、周辺光量がかなりおちてました。絞りは開放でf12.8だったと思います。
でも、今のデジタルならあのときよりも、ずっといい結果が得られるでしょうね。
  1. 2010/04/06(火) 21:59:37 |
  2. URL |
  3. ハリアー #b.hdYZmc
  4. [ 編集]

フィルムでしたか

ハリアーさん、こんばんわ
ハリアーさんがフィルムの頃から鳥を撮っておられるというのは聞いたことがあったのですが、これも使っておられたのですね。
取説を見ると、ED78ではF12.8、EDIIIではF13.3と書いてありました。
化石みたいな部品ですが、EOSで使う分には関係ないみたいです。
周辺光量落ちに対しては、APS-C有利ですね。
サブで、ときどき使っていこうと思っています。
  1. 2010/04/06(火) 22:31:25 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ご教示いただければ幸いです

はじめまして。興味深く拝読させていただきました。
Nikon D300sに、このアタッチメントが使えないかと色々調べております。デジタル一眼レフ用としては、FSA-L1があり、このアタッチメントMCセットは、フィルム一眼レフ用となっておりますが、どう考えてもデジタル一眼レフでも使えるのではないかと思って調べておりまして、貴方様の記事を見つけました。
FSA-L1は、絞り優先が使えるようですが、このアタッチメントで露出はどのようになさっているのでしょうか。

  1. 2011/06/14(火) 18:05:52 |
  2. URL |
  3. jun #-
  4. [ 編集]

Nikonの方は...

junさん
D300sの場合、MCアタッチメントでも絞り優先で使えるかと思いますが、露出が安定するのはCPU内蔵のFSA-L1の方だと思います。
Nikonがエントリー機にCPU内蔵でないレンズを使わせないのは、露出が安定しないからだと思います。
FSA-L1だと評価測光も使えると思うので、MCアタッチメントを使う意味は「お値段」だけですね。
うちは、CANONとPENTAXで使ってますので(笑)
それでも、EOS40Dでは-1EVほど、PENTAXでは-0.3EVを中心に状況で補正量を変えてます。空抜けではほとんど絵になりません。
MCアタッチメントは、オールドNikonレンズと同等と考えて、あとは自己責任で使うしかないと思います。
しかし、ED82でさえF13相当は辛いです。
少し暗いとピントの山が見えません。逆光はなお更。
自分で使っていながら、人にはお勧めしません。
ここに作例はたくさんあるので、参考にしていただければけっこうですが。
ただ、うちの作例はけっこう補正しているので、そのあたりはご理解ください。
質問にはお答えするので、何でも聞いてください。
(私自身は、Nikonのボディは持っていませんが)
  1. 2011/06/14(火) 21:33:28 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/14(火) 22:14:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

はりーさま

 なんどもお邪魔します。焦点距離を長くするならテレコンはとか色々考えましたが、レンズはすべてニコン純正を使ってきましたので、望遠ではありませんが、「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」を購入することにしました。
 まず自分にとって一番必要なレンズは何かと再度自問自答したところ、18-200や28ー300のズームは便利ではあるものの、フィルムでは55 Microを使い込んでおりましたので、アタッチメントよりも先に、これを使うべきかと思い直しました。

 さきほどの貴方様のお言葉で、はっと気づかせていただきました。ありがとうございました。
まずはご報告まで。

  1. 2011/06/14(火) 23:30:22 |
  2. URL |
  3. jun #-
  4. [ 編集]

申し訳ございません。
はりあー様とおっしゃるのですね。
最初にお返事いただきましたコメントの最後の欄に、はりーとございましたので、これがお名前かと思い込んでしまいました。
失礼の数々、ご寛恕下さいまし。
  1. 2011/06/14(火) 23:37:38 |
  2. URL |
  3. jun #-
  4. [ 編集]

鍵コメさま

超望遠は、イバラの道(笑)
ネットの知り合いに、新品のゴヨンとかが買えてしまうほど、ジャンクレンズ(?)に投資しておられる方がいますが、それはそれで(別の)楽しみなのかもしれません。
フィールドスコープで見る風景は本当に綺麗で明るく見えますが、ファインダーを通すとすごく視野が狭く、ざらざらして(特に逆光)辛いです。1500mmですと、目的のモノを導入するのも大変なのですよ。
出来上がりの絵は思ったよりいいですが。
われわれ鳥屋は望遠はあるだけ有った方がうれしいので、何でもできそうなことは手を出します。
最近、PENTAXをK-5に変えたので、ISO6400ぐらいは平気で使えるので、このスコープもすごく撮りやすくなりました。ISO1600では少し暗いと辛いです。
そういう世界へおいでなさいとは言えませんね(笑)
それでも、望遠の欲求は捨てがたく、最近はマニュアルフォーカスばかりになってます。(AFは400mmどまりなので)
あれこれ思い悩むなら、高価な大砲を買ってしまう気持ちが分からなくも無いです。いろいろ犠牲にすれば買えない事も無いですからね。でも、500万の車より、100万のレンズのほうが敷居が高いのも事実。おいそれと思い切れません。
沼の一番の奥へ飛び込んでしまったほうが楽なのかなぁ?と思うこのごろです(滝汗)
  1. 2011/06/14(火) 23:51:23 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ハリアーさんは、大先輩です。

junさん、わたしは「はりー」ですよ。
ハリアーさんといわれる方が上の方でコメントしていただいていますが、私なんかよりずっと先輩のバーダーさんです(それこそ、フィルムの頃からの)
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G EDは評判の良いレンズですね。
たまたま私はNikonを選びませんでしたので、使うことは無いレンズだと思いますが、マクロレンズはだいたいスーパーレンズなので、普通のスナップにも重宝するでしょうね。

楽しい写真ライフを。
気持ちよくシャッターが押せたら仕合せになれますよ。
  1. 2011/06/14(火) 23:58:43 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: