FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

さこしの牡蠣

赤穂城を出て、さてお昼は何にしようかと言うことでしたが、話しがまとまりません。
イタリア料理で有名な「さくらぐみ」は赤穂なのですが
突然行って入れるかどうか?

さくらぐみというのは、以前に行った Ciro のシェフが修行したお店だそうです。

悩んでいてもお腹が減るので、とりあえず、坂越(さこし)の海の駅へ行ってみることに。
焼き牡蠣とかはありそうですが、牡蠣が食べられない次男はお昼ご飯にありつけるのでしょうか?

坂越海の駅
車で走っていると、路肩にたくさんの路上駐車
あれ?っと思っていたら、ここが海の駅です。
お昼少し前なのですが、すでに駐車場はあふれて、周辺の路肩も車でいっぱい。
えらいことになっていそうな雰囲気。


坂越海の駅
海鮮市ですねぇ。


坂越海の駅
うちらのほうでは「ガザミ」と言いますが、ワタリガニですね。


坂越海の駅
サザエとか、車エビとか


坂越海の駅
すぐ横で、養殖の牡蠣の水揚げをやってました。
この後、牡蠣の着いたロープを引っ張りあげて、牡蠣をたたき落とします。
海水で洗って、カゴに詰めて水揚げです。


坂越海の駅
牡蠣の殻が、ベルコンで運ばれてくるところ。
ほとんどは、むき身で出荷しているのでしょうね。
加工場が隣接と言うよりは、海の駅の方が併設されたような感じ。


坂越海の駅
半分は、牡蠣だらけ
直販をやっていて、宅急便で送れます。


坂越海の駅
魚市場の雰囲気そのまま。


坂越海の駅
「かきまる」と言うのは、牡蠣入りたこ焼き(タコは入ってないか)みたいです。
反対側で、牡蠣の串揚げをやっていましたので、買ってみましたが、どうと言うことは無いですが旨いです。
一串300円也。
お腹が減っていたので、画像を取り忘れ(汗)


坂越海の駅
焼き牡蠣の食べ放題は、90分で大人2500円

牡蠣しかありません(笑)
どっちにしても、60分待ちだというので、断念して別のところでお昼を食べることにしました。

ちなみに、生食用の牡蠣と、加熱用の牡蠣があるのはご存じでしょうが
違いをご存じでしょうか?

牡蠣の食中毒は、牡蠣が海水から吸い込んだ菌によるものです。
加熱すれば菌は死ぬので問題ないのですが、生で食べると消化器官の中で菌が繁殖して、食中毒を起こすのです。
この菌を取り除くために、紫外線殺菌装置で殺菌した海水が循環している水槽に牡蠣をいれておくと、2,3日で菌のいない牡蠣ができます。 
こうした処置をした牡蠣が「生食用」の牡蠣、とれたままの牡蠣が「加熱用」です。
2,3日、餌をもらえない牡蠣はそれだけやせ細ります。
ですから、加熱して食べる分には、「加熱用」の方がおいしいです。
(値段が高いからといって「生食用」の牡蠣で牡蠣フライを作るのは、お金を余分に払ってまずいものを作ることになります)



枚数が多いので、まだ続きます。


EOS40D+TamronA09



関連記事
  1. 2010/01/18(月) 23:01:17|
  2. TAMRON 28-75 F2.8[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:6
<<坂越の町並み | ホーム | 赤穂へ>>

コメント

牡蠣は殻付きを焼いて食べると旨いすねぇ。もみじおろしでもいいけど、そのまま食べても塩味がきいて美味です。

アワビや白ミルも新鮮で美味しそうだ。やっぱ産地で新鮮な内に食べるのが正解ですね。
  1. 2010/01/19(火) 13:39:36 |
  2. URL |
  3. たじたじ #psQy70AU
  4. [ 編集]

焼き牡蠣は絶品

実は私も子供の頃偏食で(笑)
牡蠣とかとんでも無かったのですが、大人になったのだなぁと最近思います。
殻付きを炭火で焼いた新鮮な牡蠣は、ちょっとポン酢か醤油をたらすと、それはもう。
しかし、1時間待つのはどうかと思って後にしました。
また来れるしね。
高速代100円で、1.5時間ならリーズナブルです。
初めて焼き牡蠣を食べたのは、安芸の宮島でした。
  1. 2010/01/19(火) 13:58:39 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

おいしそう

私も焼き牡蠣は大好きです。
自分で焼きながら片っ端から食べるのはたまりませんね。
  1. 2010/01/19(火) 18:53:20 |
  2. URL |
  3. hiroinouye #6dcvf9aw
  4. [ 編集]

どれぐらい食べられるのでしょう?

hiroinouyeさん、こんばんわ
牡蠣大好きと言っても、どれぐらい食べられるものでしょうね?
10個?20個?
普通に食べるのは、カキフライでも5-6個ですけど。
90分あったらお腹は牡蠣だらけになりそうです。
  1. 2010/01/19(火) 19:53:24 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

牡蠣

好き嫌いのないくりまんじゅうですが、以前は牡蠣だけはダメでした。
食べず嫌いじゃありません。何度も挑戦してやっぱり「ダメだこりゃ!」って感じ・・・^^;

で、牡蠣が旨いものだと思ったのは小倉で食べた焼き牡蠣でした。10数年前だったでしょうか・・・
今ではフェーバレイトフードの一つです。
食べ放題!挑戦してみたいです。
  1. 2010/01/20(水) 08:22:05 |
  2. URL |
  3. くりまんじゅう #A1vz8dvw
  4. [ 編集]

偏食

このもの頃は、偏食な子供でした。
だいたい、刺身系はダメ(海沿いなのに)。ぐにゅぐにゅしたモノはだいたい苦手でした。
もう、大人だから結構いろいろ食べますし、干し椎茸の煮たのとか、焼き茄子とか結構好きだったります。大嫌いだったのに(笑)
変わるモノですね>好みの食べ物
小倉で焼き牡蠣でしたか!
私は、安芸の宮島で焼き牡蠣が最初でした。
生牡蠣より、焼き牡蠣の方が好きです。
赤穂(近辺)は最近なのかもしれませんが、牡蠣が有名なのです。こちらにお起こしの時は、是非シーズンに。
  1. 2010/01/20(水) 12:13:33 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ タゲリ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ コゲラ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: