FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

1/6秒

昨日、デジスコだと遅いシャッタースピードでも、ちゃんと写るときが有るというような事を書きましたが
普通、一眼レフを手持ちで使う場合は、300mmなら、1/300秒以上、500mmなら、1/500秒より速いシャッタースピードであれば、ぶれにくいと言うような事を目にします。
もちろん、それなりに丈夫な三脚を使えばもっと遅いシャッタースピードでもOKな時がありますが
デジスコで常用する、1000~3000mm程度の焦点距離の場合、とんでも無く速いシャッタースピードで撮らないといけないかと思いますが、実際には、1/8秒とか、1/15秒とかでけっこう撮っています。

鳥は、けっこうじっと動かないときもあるので、上手くいけばぶれずに撮ることができるのです。
まぁ、相手の気まぐれにもよるので、何枚か連写しておいて、動いていないのが撮れる確率を上げる訳ですが。

コガモ
この画像のExifを確認してみました。

[換算焦点距離] 1380 mm(これはExifには出てきません)
[シャッタースピード] 1/6 秒
[ISO感度] 100
[絞り] F3.2
[露出補正] -0.70


何故、相手さえじっとしていてくれたら、1380mmという超望遠でもぶれずに撮影できるかというと
一眼レフは、構造上、レフミラーが、シャッターを切った瞬間に、上に跳ね上がり、CCD(CMOS)に光を導きます。
(前から入った光をミラーで上に反射させてペンタプリズムの方へ送るため、レンズから入った像をファインダーで見ることができるのです)
秒6.5コマとか言うのは、このミラーが1秒間に6.5回、上がったり下がったりするという事です。

さらに、シャッターユニットが開いたり閉まったりしますが、一眼レフには幕が2枚有って、一枚目が開いて、そん後2枚目が追いかけていく構造です。
当然、バネとかで動きますから、シャッターユニットでも振動が出るわけです。

ミラーが上下に動いて、シャッター幕が走る。
これだけのことが、1回シャッターを切るたびに行われるので、当然振動が出ることになります。

一眼レフは(特に高級機は)重いし、ボディの剛性も高いですが、振動を完全に吸収することはできません。
なので、シャッターを切ると言うことは、カメラを揺らしていることに他ならないのです。
軽減はできても、皆無にすることはできません。

ミラーアップといって、ミラーをあらかじめ上げておいて、撮影する事はできますが
シャッターユニットはやはり走らさないといけない訳です。


それに対して、コンデジのシャッターユニットは小さいこともありますが、円形の絞り機構のようなシャッターなので、ほとんど振動は発生しません。
質量も小さいので、よけい有利です。
もちろん、コンデジにはペンタミラーは有りませんので、ミラーの振動はありません。

コンデジだとメカニカルシャッターであっても、ほとんど振動は考え無くて良いので、遅いシャッターを切ってもぶれにくいと言うわけです。

三脚から伝わる振動、風による振動等が無ければ、遅いシャッタースピードでもぶれずに撮れる事が有るのです。




ED82+DSC-W300(デジスコ)



関連記事
  1. 2009/12/15(火) 00:00:13|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ コガモ
  4. | コメント:4
<<クリスマス☆ケーキ | ホーム | 夕暮れの前に>>

コメント

どのくらい…

息を止められるかも、ぶれを防ぐコツですねv-218
 
  1. 2009/12/15(火) 23:00:04 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

息を止める!

古典的は方法ですね。
ゴヨンを使っている人が、そこそこ丈夫な三脚を使っても1/30以下ではどうしても機材ブレが出てしまうと言うような事を書いてました。
それも、連写すると1枚ごとにブレたのとマシなのがあるので、連写は有効ですと。
まだまだ奥が深いです。
  1. 2009/12/15(火) 23:07:16 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

古典的ぶれ防止…

連写の振動とぶれが、シンクロして1枚おきに相殺されるんでしょうか??

ぶれ防止は、写真技術ができたころから課題だったようですね、、
明治時代の写真用の椅子は、頭が動かないように固定具がついていたんだそうです(汗)、

これが古典的ぶれ防止だと思っていたら、最新医術のCTやMRIの撮影も同じだった、、
 
 
  1. 2009/12/15(火) 23:33:21 |
  2. URL |
  3. さぬきのトトロ #-
  4. [ 編集]

機材ブレ

機材ブレは困ったものです。
但し、等倍鑑賞とかしないと、分からないモノもあります。
少しスッキリしないかな?と言う程度のモノもありますから。
ピンぼけと、ブレも区別がつきにくい時が有りますね。
ピン甘は、アンシャープマスクで結構救済されるのですが。

レントゲンでも「ハイ、息をすってー...止めてぇー」ですから(笑)あまり進化してません。
高感度レントゲン撮影とか無いですかね。
  1. 2009/12/16(水) 17:26:43 |
  2. URL |
  3. はりー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: