FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

月下美人 2020

さて、8月になりました。
先日咲いた月下美人です。
何度も撮ってるので、だんだん手抜きですが、今回は同じ株に6輪ツボミが付いて、一晩に5輪咲きました。
充電式のLED照明が見当たらないので、100Vで使うLEDライトをセット
元々は、外での夜間作業用に買ったものなので、色味がどうか心配だったのですが
それほど不自然でもありません。

帰ったら、そろそろ先が開きかけてたので、数枚押さえておきましょう。
夜は長いです。


月下美人2020
これは自然光です。


月下美人2020
7月16日


月下美人2020


月下美人2020
ここから人工照明


月下美人2020


月下美人2020
透過も綺麗です。


月下美人2020
たくさん咲くと豪華です。


月下美人2020


月下美人2020
実は、昨日、新しい花芽を見つけました。
さて、どれぐらいで開花するのか?



GX8 + LUMIX G25mmF1.7


  1. 2020/08/01(土) 21:07:16|
  2. LUMIX G25mmF1.7
  3. 関連するタグ ☆花
  4. | コメント:0

在庫のカイツブリ

今日は、カイツブリを少し。
カイツブリは夏羽と冬羽でだいぶ印象が変わります、
雌雄同色なんで、雄も雌も同じように子育てに参加するのだと思います。
※雄が綺麗なカモ類等は、ほぼ雌だけが子育てします。

さて、カイツブリ
wikiによると
標準和名「カイツブリ」は、水を「掻いて潜る(掻きつ潜りつ)」が転じたか、「カイ」は、たちまちの意で、潜る時の水音が「ツブリ」に転じたとする説が有力。
さらに瓢箪のような体の形などから「櫂(かひ)と瓢(つぶる)」との説や、繰り返し頭から潜る「掻き頭潜(つぶ)り」などの説もある。
この「かいつぶり」の和名は室町時代以降みられるになった。
古名の「ニオ(にほ)」は水に入る鳥が転じたのが由来。奈良時代には「にほどり」「みほとり」と称されていた。
漢字「鳰」も「水に入る鳥」を意味する会意字。和製漢字である。

ともかくよく潜ります。

あと、けけけけけ...というような変わった声で鳴くのですが、鬼平犯科帳(中村吉右衛門)で水辺のシーンで、カイツブリの声が入っているのをよく耳にします。
鳥見をするまで、何の音だか分からなかったですが、カイツブリの姿が思い浮かぶようになりました。


カイツブリ
営巣中です。


カイツブリ
何羽も孵っているのですが、卵もあるみたい。


カイツブリ
割と大きくなっているからか、親鳥の背中に乗る時期は過ぎてしまったようです。
残念。


カイツブリ


カイツブリ


カイツブリ


カイツブリ
ザリガニを捕らえたようです。


カイツブリ
結構イケメンです。



PENTAX KP + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW


  1. 2020/08/02(日) 21:06:21|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ カイツブリ
  4. | コメント:0

カラシラサギ飛来

今日は、立秋という事ですが、めちゃ暑いですね。
日差しには気を付けましょう。

いつもの河口に、珍鳥カラシラサギが飛来しているというので、見てきました。
河口は日陰がないので、大変。

最大、2羽居たらしいのですが。
見かけたのは一羽のみ。

日本には、主に迷鳥としてやってきます。

前回、情報をいただいて見に行ったのは、2011年


カラシラサギ
着いたら、ギャラリーが休憩中でしたが、しばらくしたら、飛んできてくれました。


カラシラサギ
すっかり忘れてましたが、コサギと同じぐらいの大きさです。
後ろのダイサギが巨大に見えますね。


カラシラサギ
こういった、低い姿勢で獲物を狙うようです。
何度もやってました。


カラシラサギ
波打ち際で小魚を捕まえているようです。


カラシラサギ
コサギと違って、クチバシも、足も黒くありません。


カラシラサギ
あとは、頭の後ろの冠羽が特徴です。


カラシラサギ
こうやって、羽根を少し開いて、獲物を追うのだそうです。


カラシラサギ
漁のしぐさは初めて見ました。


カラシラサギ


カラシラサギ


カラシラサギ
前から見ると変な顔。


カラシラサギ
たくさん撮りましたが、カラシラサギは以上です。


PENTAX KP + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2020/08/07(金) 23:08:02|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ カラシラサギ
  4. | コメント:0

中津3丁目~けた下制限高1.4M~

長年、某NPOの拠点を置いていた、大阪市北区中津3丁目あたりの画像です。
中津3丁目は、主に阪急神戸線(京都線)とJR梅田貨物線と、淀川に囲まれた地区。
巨大ターミナル駅であるJR大阪駅の至近距離(徒歩で10分強)に有りながら少し前まで木造の長屋とかが結構残っていた地区。
それも、ここ数年でずいぶんと変わって来ています。

大阪梅田の至近距離に有りながら、開発が進まなかった理由はいくつかありますが
一つは、JR梅田貨物線の高架が低くて、車が通れる道が少なく、交通が分断されていた事があるみたいです。
それも、いま、JR梅田貨物線は地下化を進めていて、これが完成すると交通事情が激変するのかな?と思います。
阪急梅田(大阪)から一駅の阪急中津駅では、阪急京都線の列車は止まりません(通過のみ)
阪急神戸線の列車は止まるんですけどね。
私は、ほぼJRで大阪へ行くので、JRから阪急への移動と、乗っても一駅という事もあり、阪急梅田から中津駅へ電車に乗ったことは無いのですが(少し東にある地下鉄御堂筋線の中津駅までは乗ったことあります)
大阪から近くて遠い「中津3丁目」なのですが、「うめきた2期地区」再開発が完了し、陸の孤島のようなこの地区がどのように変わるのかは注目しています。

猥雑な中で心地よい中津3丁目はノスタルジーの中にしか残ってないと思いますが。


中津3丁目
JR梅田貨物線の高架です。


中津3丁目
けた下制限高1.4M


中津3丁目
画像は、2019年2月の画像


中津3丁目
車は通れません。


中津3丁目


中津3丁目


中津3丁目
すぐそこに、梅田スカイビルが見えます。


中津3丁目
ここは、数少ない車が通れる高架
でも、トラックとかは難しいです。



SONY DSC-RX100

  1. 2020/08/15(土) 00:02:10|
  2. SONY DSC-RX100
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

残暑お見舞い

今日でお盆休みもおしまいですが
相変わらず溶けそうに熱い日差しです。

暑いので、暑苦しい画像を貼っておきます。
声が聞こえたらさらに暑苦しいかも?


オオヨシキリ
夏の定番


オオヨシキリ
オオヨシキリ君のさえずり


オオヨシキリ


オオヨシキリ


オオヨシキリ
ふ~
暑いです。




G9pro + LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm(りかゆん撮影)


  1. 2020/08/16(日) 11:06:21|
  2. LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm
  3. 関連するタグ オオヨシキリ
  4. | コメント:0

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

オオルリ キビタキ ムギマキ ☆花 コチドリ ノビタキ エゾビタキ コサメビタキ サメビタキ アオアシシギ ★街歩き・旅行 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ コアジサシ アジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ ヤマガラ シメ ヒヨドリ コルリ コマドリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ ヒレンジャク キレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ ビンズイ カシラダカ タゲリ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ カワアイサ ミサゴ ミコアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ クロジ カヤクグリ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: