FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます。

2020_0101



LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm


  1. 2020/01/01(水) 00:01:01|
  2. 未分類
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

初鳥

パトロール中、電線に止まったのを見つけました。
ラッキーです。


チョウゲンボウ
チョウゲンボウです。


チョウゲンボウ


チョウゲンボウ


チョウゲンボウ


チョウゲンボウ


チョウゲンボウ


チョウゲンボウ


チョウゲンボウ



【追記】
試撮の続きになります。
今回は車の中から手持ちで撮ってみました。(結構重要)
EF400mmは手振れ補正が無いので、撮っているとき、ゆらゆら揺れてます。
もちろん三脚に付けたら全然問題ないのですが、やはり換算で900mmでは、
シャッター速度を上げても(等倍で見ると)微ブレが止まってないですね。
時々、そこそこのが有りますが、歩留まりが悪いです。
そもそも、HD560mmでは『長すぎて車内から取り回わせない』
というのが、わざわざEOS80Dを買った動機なんですが、やはり手振れは厳しいですね。
※EF400mmにエクステンダー付けてAFで撮るため
車の中からだと、割と鳥は逃げないので、車内から撮るというのは、重要なミッションなのです。
もうちょっと歩留まりが良いかと思ったのですが、ほぼすべてブレてます。(汗)
まぁ、縮小するとそこそこ見られる訳ですが。


EOS 80D + EF400mmF5.6L + EXTENDER EF 1.4x
車内より手持ち



  1. 2020/01/02(木) 20:01:02|
  2. EF400mmF5.6L+1.4xAF
  3. 関連するタグ チョウゲンボウ
  4. | コメント:0

Tokyo 2020 (1)

連休が無いと、いつもぼやいているけど、お正月とお盆には少ないが連休が有る。
今年は、31~5日まで休みなのだ。

子供達が小さい頃は沖縄旅行とか行ってたけど、1/4日ぐらいまでしか休めない事が多かったのと、観光地はお正月料金で行く気が失せてたのだけど、ふと都会へ行けばあまり正月料金じゃないかも?と思ったのでした。
※自分には帰省する田舎が無いし、最近は正月でも閉まってる店は少ないし

都会といえば、東京な訳で(笑)、目指すは東京都心な訳です。(もろ田舎者です)
JRの切符とセットのが安かったので、適当に浅草に宿を取りました。

さて、これまで東京に行ったのは片手で余るぐらい。
最近だと工学院大に行った時。あの時は新宿に泊まった。
お上りさんなんで、地名とかは聞いたことが有るけど、位置関係が分からない。
都営地下鉄とメトロとか、経路がちんぷんかんぷんなのです。

浅草が宿なので、行く気が無かったスカイツリーにでも行くかと思い始めたころ、
秋葉に行くので付いて行く事にした長男が、高いとこ嫌いだから、お台場のフジテレビに行きたいという。
お台場といえば、やっぱり「ゆりかもめ」か。

東京駅から、新橋までJRで行って、ゆりかもめでお台場へ(よく考えたら、新幹線を品川で降りた方が早いみたいなんで変更)
お台場で晩御飯も考えたのですが、「上野でスイーツを」というミッションがあるので、上野へ行こう。
上野で晩御飯とスイーツをクリアしたら、地下鉄銀座線で浅草へ帰ります。
お台場から、松本零士デザインのガラス張りの船に乗るのも考えたのですが、時間が合わずに断念しました。船だったら、浅草まで川を上ったのですけど。

翌日は、朝から浅草寺をまわって、長男は浅草から秋葉原へ。我々は赤坂迎賓館を攻略。
迎賓館は4日から見学できます。
その後は、六本木へ立ち寄り、東京駅あたりへという、ゆるい予定を立てました。
谷根千も行きたかったですが、良くわからないので、また次回に。


寸胴

画像は、六本木ヒルズにあった門松
門松は年神を家に迎え入れるための依り代だそうですが、竹を水平に切断した門松をたくさん見ました。
地元では斜めに切ったものしか見たことなかったので、調べてみました。

竹を水平に切ったものを「寸胴」。
斜めに切ったものを「そぎ」と言うそうです。

元々は、寸胴のみであった門松ですが、一説に、徳川家康が、門松の竹を槍に似せて斜めに切り落としたのを初めとされ、門松の「そぎ」はここから生まれて、江戸時代以降、関東を中心に広まったそうなんですが、逆に地元(関西)では寸胴は見ないです。

門松に使う竹は節をからめて斜めに切った際、その切り口が笑い口に似ていることから、「笑う門には福来る」ともいわれています。そういうのが関西で好まれたのでしょうか?

竹の節がしっかり詰まっている事にかけて(そぎは竹の節を切ってしまいます)、お金が詰まる(=出ていかない=貯まる)ようにと銀行などでは、今でも門松の竹は寸胴に切っているそうです。
地元では、あまり銀行の表で門松を見ないのですが。(支店では省略か?)

そぎは、尖っていてやや怖いですが、寸胴より見映えしますよね。


HUAWEI P20 Pro HW-01K



  1. 2020/01/08(水) 23:01:04|
  2. Smartphone
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

Tokyo 2020 (2)

東京13:23着の新幹線です。
車内でゆっくり駅弁を食べて、一日目のごはんのミッションは夕飯のみ。
旅先で、吉野家の牛丼というのも悲しいので、下調べが必要です。

ネットで電車の切符と宿をセットで手配したら、お正月でしたが案外安く済みました。(日本旅行)
おまけに付いてきたのが、東京メトロ+都営地下鉄の24時間券と、東京駅内でのお食事orおみやげに使える1000円クーポン×人数分
後で調べたら、24時間パスは800円で売っているもの(48時間なら1200円)ただし、駅で交換が必要です。

JR新橋で「ゆりかもめ」に乗り換えてお台場へ
ゆりかもめは、神戸のポートライナーと同じような無人の交通システム
残念ながら、無料券の範囲外なので、Suicaで乗ります。
けっこう地下鉄とか乗りましたが、120-30円とか結構安いです。利用者が多いからかな?


お台場
さて、お台場のフジテレビ


お台場
子供のころに考えた「未来都市」って、こんなでしたか。


お台場


お台場


お台場


お台場


お台場
遠くにキリンが見えました。


お台場


お台場は、名前の通り江戸末期の砲台跡な訳で、一帯は埋め立て地になります。
広大な東京湾を望み、臨海部で発展した都市の増殖は最初に目の前の海を埋め尽くすことから始まります。
ゆりかもめ路線が一回転してレインボーブリッヂへ。
らせんに登る事で橋脚の高さを稼いで、豪華客船やら、巨大コンテナ船の通過を可能にするため。
あたりは、巨大倉庫やら物流の拠点が点在します。
人工物には人工物の美が有ります。

台場駅で降りたら、目の前にフジテレビの巨大なビルが
フジテレビの球形展望台は「はちたま」というそうです。
一般700円也なのですが、高いとこ怖い長男は行かないというので、スルーに。
今回すごくあったかくて、スケボーをする半袖の若者も居たぐらいなんです。
はちたまに限らず、夜景も綺麗かなと思いました。


続きます。



LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm


  1. 2020/01/10(金) 23:01:03|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

Tokyo 2020 (3)

さて、続いてのミッションは「ユニコーンを見に行く。」です
お台場でユニコーンといえば、ガンダムです。
RX-78(オリジナルガンダム)の等身大模型は、大阪のEXPOCITYで見たことあるのですが、こちらは初見。
「デストロイモード」と「ユニコーンモード」に変形するようですが、本日は終始「デストロイモード」でした。


お台場
全高19.7mの「実物大ユニコーンガンダム立像」です。


お台場


お台場
この日は、暑かったです。


お台場
ランニングコースか?
スケボーをする少年は、半袖でした。


お台場
歩いて移動。
適当に入ったら、「ヒストリーガレージ  TOKYO1960s 」でした。
「1960年代「東京」の街並みをイメージしたファサードをバックに、古き良き時代を彩った国内外の名車を展示」だそうです。
入ったらいきなりTOYOTA2000GTがありました。


お台場
「1960年代「東京」の街並みって事です。


お台場
これは、ディーノ
跳ね馬のエンブレムのない Ferrari です。(本来、別ブランドだそうですが)


お台場
ショッピングセンターなんですよね。


お台場
「チームラボ」だそうです。


お台場


お台場
暑かったので、ピンクベリーで休憩
ウエストハリウッド創業のフローズンヨーグルトショップだそうです。


お台場
怪獣酒場があるんだ。
※ここは、JR新橋駅ですね。お台場ではありません。失礼しました。



このあと、ガラス張りの船を見に行ったのですが
時間が合わず、ゆりかもめに乗って上野へ向かいます。

続きます。


LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm
HUAWEI P20 Pro HW-01K(最後の2枚)


  1. 2020/01/12(日) 23:01:03|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

アオアシシギ ★街歩き・旅行 ☆花 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ アジサシ コアジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ キビタキ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ シメ ヤマガラ ヒヨドリ コルリ コマドリ オオルリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ ヒレンジャク キレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ ミサゴ ミコアイサ カワアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ コチドリ オシドリ アトリ シロハラ ウミネコ ヒドリガモ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ クロジ カヤクグリ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト ホシハジロ スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: