FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

写真部合宿

某写真部の合宿でした。

今回、幹事でしたので、明石で宿泊
翌日は、行ったことないメンバーが何人も居たので、世界遺産「姫路城」に行くことに。

そんなこんなで、更新が滞ってしまいましたが、一枚貼っておきます。


姫路城
西の丸から



LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm



  1. 2019/11/03(日) 22:11:03|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

写真部合宿 (2)

写真部と言ってますが、実はもともとはデータベースソフトの勉強グループだった集まり。
私は、ずっと休眠してた後から参加なんで、データベースのデの字も出なくなってからです。
まだ、MS Access も無かった時代だそうです。

その話は私が書くことじゃないので、割愛しますが
ここ数年は、年に一回集まって、写真を撮ったり、近況を報告しあったりする会です。

今年は、ちょっと事情があって、急遽幹事を変わったので、ネタも無く
地元の料理旅館に泊まって、何人か「姫路城」に行ったことないというので、翌日は姫路城登城となりました。
三連休で、人出は予想されるので、ともかく、一刻も早く天守を目指す事。
姫路城は広いですが、天守の最上階は結構狭くて、階段も急なので、大渋滞が起こるのです。
できるなら、開場の9時に発券売り場に並ぶのが理想です。

旅館から10分歩いて、明石駅
明石駅で始発の新快速は 8:23 に乗れば、8:50 に姫路に着いて、9時少し過ぎに発券場に並べます。

あるいは、あまり時間も変わらないので、直接車で行くか。
結局、歩く時間も結構あるので、車で行くことにしたのですが、やはり渋滞して 9:30頃の到着になりました。

お城の東側、姫山駐車場に車を止めます。
ここは、終日置いて 900円なのです。

さて、表へ回って登城開始。


姫路城
史実に基づかないそうですが、追手門です。
見慣れるとこれしかない気がしてくる。


姫路城
菱の門を入ったところが、絶景ポイント。


姫路城
ここらへんも、絵になるところです。


姫路城


姫路城
ともかく、天辺を目指します。
まぁ、天守の最上階とか、特に何もないのですが
「何もないよ」というのは、上がったもののセリフで
事情で上がれなかった人は、やっぱり最上階に上がりたいものなのですよ。


姫路城
なので、黙々と頂点を目指します。


姫路城
だんだんと、狭くなって、階段も急に。


姫路城
菱の門の裏です。


姫路城
こちらは、西ノ丸あたり。
西の丸長局(百間廊下)を見降ろします。


姫路城
備前曲輪を経て、お菊井戸を見て、菱の門まで戻ったら、西の丸へ
西の丸は案外空いているのです。


姫路城
急遽、思いついて、和船に乗ることにしました。
ネットで予約とはできなくて、当日朝、時間を決めて申し込みます。
朝一にチケットを買いに行ったら、お城は2時間はかかりますよ。というので、それなりに時間調整。


姫路城
和船を作る職人がもうほとんど居ないそうで、ここに2隻ありますが
片方は川船、もう片方は海船なんだそうです。
我々が乗ったのは、川船の方。


姫路城
和船は背が低いので、橋の下が狭くても大丈夫。


姫路城
手漕ぎの和船は、静かに、静かにお堀の中を進みます。
なんか新鮮です。


姫路城
こいつは、海船ですね。
舳先の恰好が違います。



続きます。


LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm





  1. 2019/11/07(木) 23:11:03|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

写真部合宿 (3)

さて姫路で、あまり芸のないお昼を食べて合宿は解散となりましたが
皆さん、明石まで帰るというので2台で東へ。

途中思い立って、「石の宝殿」を訪れることに。
日本三大奇岩ですが、割とマイナーなので、こんな時でもないと来ることは無いでしょう。

正確には「生石神社(おうしこじんじゃ)」と言います。


生石神社
横6.4m、高さ5.7m、奥行7.2mの巨大な石造物
重さは推定500トン


生石神社
水面に浮かんでいるように見えることから「浮石」とも呼ばれる


生石神社
誰が何の目的でどのように作ったかはわかっていない


生石神社
すぐ近所の石切り場です。
竜山石として知られる凝灰岩の産地なのです。


魚眼でも撮ったのですが、修行不足でなんかいまいちです。

合宿は無事お開きとなりました。
また来年お会いしましょう。


LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm

  1. 2019/11/14(木) 22:11:03|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: