FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

あけましておめでとうございます。



2017年年賀


大みそかは、前日の忘年会で朝寝し
食洗器の入れ替えでバタバタして、何もできませんでした。

こうやって、毎年バタバタしながら新年を迎えるのでしょうか?

今年もいろいろあると思いますが
よろしくお願いいたします。



  1. 2017/01/01(日) 00:01:01|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2

和甫に蕎麦を食べに行く

もうすでに去年の事ですが
和甫(わすけ)という蕎麦屋に行ってきました。

実は、さらに前に一度、和甫に蕎麦を食べに行ったら、なんと臨時休業で、別の蕎麦屋(大名草庵)へ行ったという過去があります。
メンバーは、小中の同窓生。
FBを使いだしてから、いろんな昔の知人とつながっています。
小中の同窓生ともそんな流れで、主にプチ同窓会を開くのと、たまにどっか遊びに行きます。

そんなことで、和甫に行けなかったのを思い出してリベンジしようと思ったわけです。
和甫は多可郡多可町にあります。
出発地点がばらばらなので、北条鉄道の法華口駅で集合。

今回はおっさんばっかり5人でした。
バイクが二台と、車が一台
12月も後半の忙しい日曜なので、女性陣の参加はありませんでした。


和甫
この前は、臨時休業という札が無情にかかっていました。


和甫
寒かったので、温かいお蕎麦を。
鳥鍋蕎麦です。


和甫
商い中


和甫
あちこち回って、最後は「古時計」という喫茶&レストランでお茶して帰りました。
ここで有名なのは、ハンバーグ
何とも牛の焼ける良い匂いがしていて、是非次回はハンバーグをと思いました。


和甫
おっさん4人でした。(私は撮影者)

多可郡と言えば、八千代の巻寿司。
予約ができずに行ったら一時間ぐらい待つというので断念して、豆腐屋に回ったら
なんと、豆腐屋で巻寿司が売っていてラッキーしました。

さて、次回はいつになるだろうか?



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



  1. 2017/01/05(木) 01:12:18|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

ZEPPELIN

時計を買いました。

ZEPPELIN

ZEPPELIN [ツェッペリン]
7680M-1 100周年記念 クォーツ 42MMメタルベルト

右はこれまで使っていた SEIKO


Blog記事をひっくり返してみたら、今まで使っていた時計(SEIKOのKINETICチタン・ダイバー)を買ったのが、ほぼ10年前のこと。
けっこう経ってますね。

二回ほど紛失して(実は車の座席の下に落ちていたり)何か月かほったらかしたのがいかんかったのか、当初はフル充電で何カ月も電池がもったようなのですが、少し前から一日放置するとほとんど電池残量が無くなってしまってました。
最近では、前日にフル充電だったのに、朝見ると4段階の充電残量の下から二番目になっているありさま。
実は三段階だと思っていたのに、さらにその下が有ったわけで。

ちなみに、KINETIC(キネティック)は自動巻きの要領で電池を充電するしくみで、基本的に電池交換は不要です。
ただ、ソーラーのように明るい方を向けておけば充電OKとならず、今では毎日腕にはめてないと止まってしまう?ような状態です。
調べていませんが、SEIKOに修理に出せば、内蔵二次電池の交換で当初の性能に戻るような気もしますが、たぶん分解掃除も要るし、買うほどの値段になりそうなので聞いてもいません。

今でも、特に遅れることは無く、オールチタンなので格好の割に軽く、金属ベルトなのに100gを切っています。
ぞんざいに扱っても壊れず、ダイバーですから濡れてもOKで、時々石鹸で水洗いする程度ですから、気に入って持っていた訳ですが、さすがに外すと一日ちょっとで止まるというのはどうも。

そんなわけで、数か月前から次の時計を物色してましたが
(出来れば)ソーラー充電(電池交換不要)・アナログ文字盤・あまり重くないもので、次は白い文字盤のが欲しいなとおもってました。

結局、見た目重視なのですが、候補を絞り込んでも、なんか決めきれず。
クラシックなフェイスのこんなんになりました。
ん十万も時計に出す気が無かったので。

残念なのは、電池交換が必要な事と、ミネラルガラスなので、傷がつくかも?という事です。
皮のベルトと悩んだのですが、何ならあとから変えてもいいかもと金属のにしました。

ZEPPELIN というメーカーは、最近まで知らず。いい加減と言えば、いい加減に決めた次第です。
さて、こいつは何年持つ事になるかな?



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



【蛇足】
ZEPPELINは、Ferdinand Graf von Zeppelin(フェルディナンド・フォン・ツェッペリン伯爵)が開発した硬式飛行船、ZEPPELIN号に由来します。
硬式飛行船というのは、アルミニウムなどの軽素材でできた枠組みを持つ飛行船のこと。ガス圧で外形を維持する従来の軟式飛行船とは違い「高速飛行」「大型化」が可能になり、空の輸送手段として実用化されるようになったことです。



  1. 2017/01/17(火) 22:01:14|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2

久しぶりに

久しぶりに鳥見の日曜でした。
寒かったですが、かろうじて雨は降って無かったので出かけました。

先日から何度か通ったタゲリポイントにようやくタゲリが一羽
ちょっと離れてもう一羽。

タゲリは臆病なので、車の中から撮影です。
ところが、HD560mmは長くて取り回しが良くありません。

なんとか撮れても、三脚じゃないのでブレが気になります。
歩留まり悪いです。


タゲリ
さいわい、少し晴れ間が出て、背中の虹色も綺麗に見えました。


タゲリ
このこは、綺麗な個体でした。


タゲリ
休耕田が餌場のようです。


タゲリ


タゲリ


タゲリ


タゲリ
思いっきりトリミングしてみました。
変な顔ですね。


タゲリ
こちらは逆にリサイズのみ。
けっこう近くへも来てくれました。




K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2017/01/24(火) 22:01:22|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ タゲリ
  4. | コメント:0

PENTAX KP

PENTAX KP
三角頭ですが、ストロボ内蔵です。
フロントのグリップを付け替えるギミックがあります。


PENTAX の一眼レフ KP が発表になりました。
ミドルクラスのボディという事で、完全なK-3ii 後継機では無いらしい。
FFのK-1を発売して、フラグシップはFFに格上げされたけれど、APS-Cの新型。
それが今回のKPなんだけど、スペック等を見ると、K-3ii の後継機としては欠落した点がいくつかある(メカシャッターの最高速とか)
必ず最上位機でないといけない訳ではないけど、一度上位機を使うと数字で表れない部分でも、違いを感じてしまいます。

スペック的には、K3比でAFの強化と、高感度の改善。
イメージャは新型に変わったようです。(今回もおそらくSONY製)
メカ的にはAFはK3iiと同じらしい。AFアルゴリズムと、画像処理は進化。
重量が703g(SDカード・バッテリー含む)と100gほどの減量
K-70の後継としてはややスペックが高いのですが、別のクラスという事でしょうか。
すでに、K-3ii はディスコンだそうなので、事実上の後継機ということなのかもしれません。


鳥撮影を第一に考えた私の撮影スタイルでは、スペック的な不足は無さそうな気がします。
バッテリーの持ちと、バッファは削減されたようなので、連写で止まる懸念ぐらいでしょうか?
肩の液晶の廃止は困らないと思いますが、逆にシャッターボタンの位置等はさわってみないと分からない部分です。

垣間見たデータでは、ISO12800 ぐらいでも使い物になりそうな気がしますが、実際はどうでしょうね。


PENTAX KP


やはり気になる点は
SDカードスロットが一枚になること。
USB3に非対応な事。
さらに背が低くなって、小指が余るみたいなのがどんなもんかという事。
バッテリーが小型になって、撮影可能枚数が減る事。
この辺までは、まぁ許容範囲ですが...

画素数もほぼ同じの、K-3の連写性能が
最高約8.3コマ/秒、JPEG(L・★★★・連続H):60コマまで、RAW:23コマまで
KPは
最高約7.0コマ/秒、JPEG(L・★★★・連続H):28コマまで、RAW:8コマまで、RAW+:7コマまで
と、jpegでも半分以下で止まること。(コマ速は特に気にしませんが)
今のK-3は、レンズ補正の処理がボトルネックみたいなんで、エンジンとアクセラレーターの出来いかんではあまり気にならない可能性もあります。

KP :約131.5mm(幅)×101.0mm(高)×76.0mm(厚)
K-3:約131.5mm(幅)×100mm(高)×77.5mm(厚)
と寸法的にはほぼ同じなのですが、ボリュームはだいぶ違うみたいです。

逆に良い点といえは、やはり
軽量化と高感度耐性のUP(推定)です。

連写でのストレスがいかがなもんか?というのがやはり最大の問題ですが、店頭で触っただけではわからない気がするなぁ。
K-3ii の正当な後継機を待つのが一番間違いないのは事実です。
出るかどうか、いつ出るかは全く不明ですが。


PENTAX KP

バッテリーグリップと、Lグリップを付けたフル装備の図
バッテリーグリップを付ければ、小指が余る問題は解決するのですが...


【追記】
旅カメラを考えた時に、K-70にして軽量化は?と思いましたが、K-70は軽くなかった。
ライブとかを撮るのに、どうしてもFFにしないと解決しそうにないかと思ってましたが
iso12800が使えるなら、これでもいいんかな?と思ってみたりします。
FF用のカメラ+レンズは重いので。
K-3比で、連写で止まるレベルが下がるようでは、鳥用の代替えは難しいのですが
高感度の画質いかんでは使い道が出てくるのかもしれません。

バッファが減っている時点で、無条件でK-3のリプレイス候補とはならないかなと思ってます。
ただ、使い道がある...てのが曲者で、つい買ってしまいそうになるのも確かです。




  1. 2017/01/26(木) 22:01:26|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: