FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

offline meeting

毎年、お泊りのoff会が3つほどあります。
off会というのは、offline-meeting
今は無きパソコン通信(オンライン)のメンバーが通信回線介してではなく、オフライン(現実世界)で会うことから、off会とか、オフミとか言われます。

メンバーは、ネット上以外では、全く接点が無かったり、住まいが離れていたりする訳です。
パソコン通信の頃は、シスオペとか公式に仕切る人がいてoff会を主催していたりしたわけですが
その後、商用パソコン通信(ニフティサーブとか)は、基本無料のインターネットの世界に飲み込まれ、主導は個人の片手間にゆだねられました。

まぁ、パソコン通信時代の知人が年を重ね、場所を変えながら、今も何かしらオンラインでつながっている感じです。
いくつかグループが有るので、年間3回ほどお泊りでオフミがあるわけですけど
今回は、写真関連の愛好グループ?
実は、その昔はDBを研究するメンバー達だったという話です(私はあとから参加)

今年は、横浜の方に段取りいただいて、関内泊。
夜は中華街で夕食&大桟橋あたりから夜景
翌日は、赤煉瓦倉庫~みなとみらいあたり散策というスケジュールでした。
私が合流したのは夕方遅くですが、他のメンバーは昼頃合流して、山手地区の西洋館あたりを散策したようでした。

ぶらぶら歩きながら、写真を撮ろうという趣旨です。
おっさんばっかり、ぞろぞろとでっかい一眼レフを片手に。
7月下旬だというのに、思ったより涼しくて良かったですが、少し歩き疲れました。


横浜off
さて、新幹線で新横浜。乗り換えて関内まで。
旅のスタートです。
旅カメラは、GX8と14-140mm
一応、25mmと10-18mmも持って行きましたが、使いませんでした。


横浜off
関内は、横浜球場の最寄り駅です。


横浜off
そのまま徒歩で中華街へ


横浜off
着いたのは、同發というお店


横浜off
今回は、料理の画像は省略しますが、一枚だけ
酢豚ですが、なぜかトマトしか入っていませんでした。
夏限定でしょうか?


横浜off
中華街は、神戸にも「南京町」がありますが、横浜のは断トツで大きいです。


横浜off
横浜媽祖廟(よこはままそびょう)
航海を守る海の神のみならず、自然災害や、疫病、戦争、盗賊などから護る神として中国・台湾のほか華僑が住む世界各地で信仰されているそうです。
-wikiより-


横浜off
ライトアップが美しいです。


横浜off
似てますが、これは、山下公園側の中華街の門です。


横浜off
米国のサンディエゴ市から贈られた水の守護神の像なんですが
夜は格別にですね。


横浜off
クイーンの塔は、夜景も一段と美しい。


横浜off


横浜off


横浜off
大桟橋から、対岸を見るのは、夜景の定番スポット。


横浜off
昼間とは、雰囲気が全然違います。


横浜off
観覧車は次々と表情を変えます。


横浜off
キング、ジャック、クイーンと三塔が全部写ってますね。


横浜off


横浜off
この構図が、ど定番でしょうか?


横浜off
もう遅いです。


横浜off
さて、宿へ帰って明日に備えましょう。



GX8+LUMIX G14-140mm





  1. 2016/08/01(月) 23:07:23|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

offline meeting II

さて、翌日。
ホテルに荷物を預けて、赤レンガ倉庫のほうへ

赤レンガ倉庫は、明治政府によって保税倉庫として建設されたもの。
みなとみらい21と呼ばれるあたりです。


横浜off
横浜三塔のうち、クイーンは、横浜税関
関東大震災で庁舎が倒壊焼失し、1934年(昭和9年)に完成


横浜off


横浜off
キング(神奈川県庁本庁舎)とのツーショット
県庁本庁舎も、関東大震災で焼失し、1928年(昭和3年)10月31日に完成


横浜off
あきつしまは、しきしま型巡視船


横浜off
全長 150.0 メートル、全幅 16.5メートル 基準排水量 :6,500トン
2015年(平成27年)4月8日~9日の天皇・皇后のパラオ行幸啓には、「あきつしま」が宿泊施設として用いられたのですが、ご記憶にありますでしょうか?


横浜off


横浜off
税関のお船だそうです。


横浜off
ようやく、赤レンガ倉庫が開店


横浜off
お店とかでにぎわっています。


横浜off
この観覧車は、よこはまコスモワールドという遊園地にあるのです。
昨日は、大桟橋から綺麗に見えてました。


横浜off


横浜off
横浜ランドマークタワーは、70階建て、高さ296.33m
あべのハルカスに抜かれる前は、日本一高いビルだったのです。


横浜off
日本丸メモリアルパークです。


横浜off
日本丸が浮かぶドック自体が、「旧横浜船渠株式会社第一号船渠」で重要文化財に指定されています。


横浜off
正式名称は『モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー』というそうです。


横浜off
「ドックヤードガーデン」も国の重要文化財です。
こちらは2号ドックで、日本丸が浮体展示されているのが1号ドックです。
3号ドックはすでありません。
全部が、横浜船渠(よこはませんきょ:要するに造船所)の一部になります。


横浜off
プロジェクションマッピングをやっているんですね。


まだ続きます。



GX8+LUMIX14-140mm



  1. 2016/08/03(水) 22:07:24|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

offline meeting III

お昼を食べて、ホテルへ戻ってoff会は解散
遠い人から帰路につきます。
一人は東京経由なんで、秋葉原へ行くと言ってました。

さて、私はりかゆんのおみやげを調達しに、再度、大桟橋へ
その前に、ジャックの塔へ寄ってみましょう。
朝はなんとなく素通りしちゃったので。


横浜
ジャックの塔は、横浜市開港記念会館


横浜
1909年(明治42年)の横浜港開港50周年記念事業として、1913年(大正 2年)に計画が出され翌年着工、1917年(大正6年)に完成した。
関東大震災時に全焼したが、1927年(昭和2年)に初期の建築を復元した状態で再建された。昭和2年の再建時に省かれたドーム部が1989年(平成元年)に再建されると同時に、国の重要文化財に指定された。
-wikiより-


横浜
現在も横浜市中区公会堂として利用されています。


横浜
設計は、山田 七五郎。横浜市の初代建築課長をされたかたです。


横浜
一部、ホールとかを見学できます。
ボランティアガイドさんがいらっしゃったので、ご案内いただきました。


横浜
ステンドグラスが有名です。


横浜
塔へ上がるらせん階段。
ふだんは非公開です。


横浜
キングの塔が見えてますね。


横浜
こちらも見事なステンドグラス。


横浜
貴賓室です。


横浜
耐震工事でだいぶ変わってますが、雰囲気は残されてますね。


横浜
赤煉瓦の壁に御影石のボーダーを入れる、いわゆる辰野様式。
設計者の山田七五郎は辰野金吾が教鞭をとっていた時の優秀な生徒だったようです。


横浜
こちらは、キングこと、横浜県庁本庁舎


横浜
クイーンは、横浜税関本関庁舎


横浜
塔屋をアップで


横浜
横浜三塔
三者三様で美しいですね。


横浜
さて、大桟橋の内部です。
初めて入りました。


横浜
屋上というか、大桟橋のデッキへ上がるスロープ。


横浜
広いです。
が、巨大客船が横付けされると、同じ程度の大きさなんですね。
客船がいかにでかいか。


横浜
大桟橋、入り口側のアプローチ。
客船の乗客は、ここから横浜あたりへちょっとお買い物か?


横浜
クジラの背中は広いですね。


横浜
さて、近くに見える「氷川丸」まで来ました。
歩くとけっこう遠いです。


横浜
実は、これを撮りにきたのでした。


横浜
時期的に、ウミネコしかいませんね。


横浜
整列してました。


横浜
さて、氷川丸を出て帰路につくことにしたのですが、JRの駅までけっこう遠いですね。
というか、すでに歩き疲れてます。

結局、関内駅まで歩きました。
さて、楽しかった横浜offもおしまいにして、新幹線に乗って帰りましょう。

永らくお付き合いありがとうございました。



GX8+LUMIX14-140mm



  1. 2016/08/05(金) 01:07:24|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:4

ウミスズメ 再び

先日、初見で撮りに行ったウミスズメくん

まだいるよ。
9羽居る...
というので、もう一度見に行くことに。

行ったら、同じところには居ませんでした。
帰りの方に聞くと、あの向こう側...というので、しばし歩いて。
着いてみると、二羽いたのですが、ずいぶん遠いです。

それでも、しばらく撮ってましたら
またまた近くへ泳いで来てくれました。
やはり、前半のはゴミです(笑)


ウミスズメ
今回、ピン甘が多くて、歩留まり悪し...


ウミスズメ
日差しが強くて、陰になってしまったのも多かったです。


ウミスズメ


ウミスズメ
よいツーショットがあまりありませんでした。


ウミスズメ


ウミスズメ
もう一回あります。




K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW




  1. 2016/08/08(月) 00:07:31|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ウミスズメ
  4. | コメント:0

ウミスズメ 再び 2

前回と変わり映えしませんが
サービスシーンです。


ウミスズメ
やっぱり、せっせと水浴びしてました。


ウミスズメ
鳩みたいですね。


ウミスズメ


ウミスズメ


ウミスズメ


ウミスズメ


ウミスズメ
最後にツーショット




K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2016/08/09(火) 00:07:31|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:6
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: