FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

距離、約70m

久しぶりに行った干潟は、満ち潮で水没していましたが
岩礁の上に、大きなシギがいました。
おそらくホウロクシギ(ダイシャクシギでは無いと思います)
後で、確認できました。

あと、数メートルは近づけますが、逆に角度が悪くなるので防波堤の上から撮りました。
距離、約70mです。

新型機材の話は後回しにして、とりあえず成果です。


ホウロクシギ
シギの中でも最大級の大きさで、体長は約60cm(くちばしから尾羽まで)


ホウロクシギ
遠目でも、ずいぶんと立派です。


ホウロクシギ
今回は、1/2.3インチCMOSの PENTAX Q に、1.4倍のエクステを付けた、EF400mm
換算で、3080mm相当から少しトリミング。


ホウロクシギ
まぁまぁ、解像していますから、立派です。


ホウロクシギ
今回は、実戦に投入して、様子見。


ホウロクシギ
相手がどんどん動かなければ「そこそこいける」という感じでしょうか?


ホウロクシギ
導入までが、最大の試練です。
できないと、あせりますし。


ホウロクシギ
あはは、舌が見えてますね。




PENTAX Q + EF400mmF5.6L + 1.4xエクセテンダー




  1. 2013/10/01(火) 23:09:22|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:0

若鳥

先日の、雨中のコチドリトウネン
りかゆん撮影分です。

りかゆんのは換算で1000mm
画素数は800万画素ですが、圧倒的に大きく撮れます(EF400mm比)


コチドリ若鳥
コチドリの若鳥です。


コチドリ若鳥
アイリングもまだはっきりしませんね。


コチドリ若鳥
幼い感じです。


トウネン若鳥
こちらは、トウネンの若鳥


トウネン若鳥
ずぶぬれで可愛そう。


トウネン若鳥
風邪引かないかな?


トウネン若鳥
元気で育って欲しいものです。



α37+REFLEX500mm(りかゆん撮影)




  1. 2013/10/03(木) 21:09:15|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ コチドリトウネン
  4. | コメント:0

赤い夕焼け

帰るまえ、外に出たら、すごく赤い夕焼けでした。
あわてて取り出したのは、久しぶりの E-510


夕焼け

ED14-54 f2.8-3.5
このレンズ好きなんですが、なかなか出番がありません。
ボディも今となってはどうしようもない、E-510ですし。

なぜか、いつでも使えるようにスタンバっているのですが。




OLYMPUS E-510 + ED14-54f2.8-3.5



  1. 2013/10/04(金) 23:10:05|
  2. ☆ED14-54[ZUIKO]
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

初ノビ

今日は暑かったです。
もう、10月に入ったというのに車の外気温計は、34度の表示
尋常ではありません。
もちろん半そでに、りかゆんは日焼け止めを塗って出撃

帰りに、某田圃を探鳥
話では、ムナグロが14羽とか。
しかし、まったく姿が見えません(もう飛んでしまったのか?)
とりあえず、双眼鏡だけ持ってうろうろしていたら、ノビタキの姿が見えました。
カメラはりかゆんのαだけです。


ノビタキ♂
遠いですが、確かにノビタキ(雄)


ノビタキ♂
少し近寄って、さらにトリミング


ノビタキ♂
お顔が真っ黒な、立派な雄です。


ノビタキ♂
今年もノビタキに会えました。
そんなにめずらしいこではありませんが、会えると嬉しいです。


ノビタキ♂
ノビタキはこんな棒や草の先っちょに止まるので、探しやすいです。


ノビタキ♂
顔が黒いので、目が分かりにくいのが欠点ですね。


ノビタキ♀
少し向こうへ飛んだのですが、とんだ先には雌もいました。


ノビタキ♀
ここから、りかゆんのカメラを借りて、私が撮影。
少し近寄ってみました。


ノビタキ♀
レフレックスはピントが薄くて、ピントを外すと消えてしまいます。


ノビタキ♀
このあたりには、2羽しかいませんでした。


ノビタキ♀
さて、ノビタキの季節です。
また、探しに行きましょう。




α37+REFLEX500mm



  1. 2013/10/06(日) 22:10:06|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ ノビタキ
  4. | コメント:0

実はライファー

またまた、ツツドリを撮りに行って、知らないこに出会えました。

特に珍鳥ではなくて、ムシクイの仲間です。
ムシクイは、ウグイスなんかの仲間ですが、どれも結構地味で区別が難しいです。

今回も、とりあえず押さえておいて、いろいろ調べます。
一応、現地でも聞いた範囲では「メボソムシクイ」だろうということ。

センダイムシクイには会ってますが、メボソムシクイは初見なのです。
間違いなく区別するには、サエズリを聞き分ける事だそうですが
この日は、地鳴きだけなので、区別しにくかったです。


メボソムシクイ
センダイムシクイは、登頂線(頭の天辺に白線)があるはずなのです。



メボソムシクイ
この角度では、よく分かりませんが
センダイムシクイより少し大きいです。


メボソムシクイ
問題は、すばやいこと。
ちっともじっとしてないので、撮影が難しい。


メボソムシクイ
えさを見つけたようです。


メボソムシクイ
ご機嫌ですね。


メボソムシクイ
なかなか、良いスタイルです。



EOS7D+EF400mmF5.6L


メボソムシクイ(目細虫食、学名 Phylloscopus borealis) スズメ目メボソムシクイ科
全長13cm。体重8.5–14g。背面は淡い緑褐色の羽毛で覆われる。
眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は細く黄白色。通眼線は暗色。
繁殖期には「チョチョリ チョチョリ チョチョリ」と歯切れのよい声でさえずる。



  1. 2013/10/07(月) 22:10:06|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ メボソムシクイ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: